ナレッジベース

MDT 2013 Update 2を使用してWindows 7をOptiPlex 7040(またはその他のSkylakeシステム)にインストールする方法



この記事では、MDT 2013 Update 2を使用してWindows 7をOptiPlex 7040(またはその他のSkylakeシステム)にインストールする方法を説明します。


MDT 2013 Update 2を使用してWindows 7をインストールする方法

メモ: この手順は、Windows 7 EnterpriseまたはMSDN/ボリュームライセンスメディア専用であり、OEMメディアを有効にすることはできません。

次の手順に従って、Microsoft Deployment Toolkit 2013 Update 2を使用してWindows 7をOptiPlex 7040(またはその他のSkylakeシステム)にインストールしてください。

メモ: この手順では、インターネットまたはUSBの速度のため、場合によってはメディアを準備するために1~3時間かかることがあります。
  1. Windows ADK 10 1511をリンク(Windows ADK 10 1511)からダウンロードして、インストール用のインストールパスを選択してください。

    場所の指定

  2. インストールする機能のリストから「Deployment Tools(導入ツール)」および「Windows PE」を選択します。

    インストールする機能

  3. 次のリンクからMicrosoft Deployment Toolkit 2013 Update 2をダウンロードしてインストールします: Microsoft Deployment Toolkit 2013 Update 2
  4. 7-Zipユーティリティプログラムを次の場所からダウンロードしてインストールします: 7-Zip Utility
  5. Rufus USB Key Maker Portableを次の場所からダウンロードします: Rufus USB Key Make Portable
  6. Windows 10 PE CABファイルをデル・テック・センターの次の場所からダウンロードします: Windows 10 PE CAB
  7. Windows 10 PE CABファイルを一時ディレクトリ (C:\DC\Win10PECAB)に展開します。
  8. OptiPlex 7040用のWindows 7 CABファイルをデル・テック・センターのOptiPlex 7040 Windows 7 CABからダウンロードします。
  9. OptiPlex 7040 CABファイルを一時ディレクトリ (C:\DC\7040-win7)に展開します。
  10. Microsoft Deployment Toolkitの中の「Deployment Workbench(導入ワークベンチ)」を開きます。
  11. 「Deployment Shares(導入シェア)」を右クリックします。
  12. 「New Deployment Share(新規導入シェア)」を選択します。
  13. 「Deployment Share(導入シェア)」のパスを選択します。
  14. 必要に応じてローカルのAdministratorパスワードを選択してBitLockerを有効にします。

    Set Admin Password(管理者パスワードの設定)

  15. 「MDT Deployment Share(MDT導入シェア)」をクリックします。
  16. 「Out of Box Drivers(アウト・オブ・ボックス・ドライバ)」を右クリックし、「New Folder(新規フォルダ)」を選択します。
  17. PEx64」と入力します。
  18. 「PEx64」を右クリックします。
  19. 「Import Drivers(ドライバのインポート)」を選択します。
  20. Windows 10 PE CABファイルC:\DC\WIN10PECAB\winpe\x64のある一時ディレクトリにアクセスします。

    フォルダにアクセス

  21. 「Advanced Configuration(詳細設定)」、「Selection Profiles(選択プロファイル)」に移動します。
  22. 「Selection Profiles(選択プロファイル)」を右クリックします。
  23. 「New Selection Profile(新規選択プロファイル)」を選択します。
  24. 新しい選択プロファイルに「PEx64 Drivers」という名前を付けます。
  25. 「Out of Box Drivers \ PEx64(アウト・オブ・ボックス・ドライバ \ PEx64)」を選択します。

    新規選択プロファイルウィザード

  26. x86が必要な場合は、PEx86を使用して手順12~20を繰り返します:

    PEx86ドライバ

  27. 「MDT Deployment Share(MDT導入シェア)」を右クリックします。
  28. 「Properties(プロパティ)」に移動します。
  29. x86を「Platforms Supported(サポート対象プラットフォーム)」から選択解除します:

    Platforms Supported(サポート対象プラットフォーム)

  30. 「Windows PE」に移動します。
  31. 「Platform x86(プラットフォームx86)」の下で、「Drivers and Patches(ドライバとパッチ)」を選択します。
  32. 「PEx86 Drivers(PEx86ドライバ)」を選択します。
  33. 選択プロファイルの下で「Nothing(なし)」を選択します。
  34. 「Platform x64(プラットフォームx64)」に移動します。
  35. 「PEx64 Drivers(PEx64ドライバ)」を選択します:

    「PEx64 Drivers(PEx64ドライバ)」を選択

  36. 「Operating Systems(オペレーティングシステム)」に移動します。
  37. W7x64」という名前の新しいディレクトリを作成します。
  38. Windows 7 EnterpriseまたはMSDN / VL OS ISOをマウントするか、DVDドライブに挿入します。
  39. 「W7x64 Folder(W7x64フォルダ)」を右クリックします。
  40. 「Import Operating System(オペレーティングシステムのインポート)」を選択します。
  41. 「Full set of source files(フルセットのソースファイル)」を選択します。
  42. W7SP1というDVD / ISOドライブにアクセスします。

    DVDフォルダにアクセス

  43. 送信先に「Windows 7 x64 Pro」または「Enterprise SP1」という名前を付けます(使用しているディスクによって異なります)。 インポート対象の複数のバージョンのWindowsがあります。

    送信先のウインドウの名前

  44. エラーが起こらないように、冗長テキストを削除するためにW7x64の次のすべてのディレクトリを名称変更します。

    ディレクトリの名称変更

  45. 「Out of Box Drivers(アウト・オブ・ボックス・ドライバ)」を右クリックして新しいフォルダを作成します。
  46. フォルダに「W7x64」という名前を付けます。
  47. 「W7x64」を右クリックして新しいフォルダを作成します。
  48. フォルダに「OptiPlex 7040」という名前を付けます。

    Optiplex 7040フォルダ

  49. OptiPlex 7040を右クリックして、「Import Drivers(ドライバのインポート)」を選択します。
  50. OptiPlex 7040 CABファイルの下で次のx64ディレクトリを選択します: C:\DC\7040-win7\7040\win7\x64

    x64ディレクトリ

  51. 「Advanced Configuration(詳細設定)」の下の「Selection Profiles(選択プロファイル)」に移動します。
  52. 「Selection Profiles(選択プロファイル)」を右クリックして、新しい選択プロファイルを作成します。
  53. 新しい選択プロファイルに「W7x64 Drivers」という名前を付けます。
  54. 「Out of Box Drivers(アウト・オブ・ボックス・ドライバ)」で「W7x64」を選択します。

    W7x64アウト・オブ・ボックス・ドライバ

  55. 「タスクシーケンス(Task Sequences)」を右クリックして、「New Task Sequence(新規タスクシーケンス)」を選択します。
  56. タスクシーケンスIDはW7x64-1になります。
  57. タスクシーケンス名は、「Deploy Windows 7 x64 Pro」または「Enterprise SP1」になります(エディションによって異なります)。
  58. 「Standard Client Task Sequence(スタンダードクライアントタスクシーケンス)」を選択します。
  59. 使用しているWindows 7x64のエディションを選択します。

    OSの選択

  60. プロダクトキーは選択しないようにします。
  61. 自分の名前と任意のInternet Explorerのホームページを入力します。
  62. ローカルのAdministratorパスワードを入力します。
  63. 「Deploy Windows 7 x64 Task Sequence(Windows 7 x64タスクシーケンスの導入)」を右クリックして、「Properties(プロパティ)」に移動します。
  64. 「Task Sequence(タスクシーケンス)」を選択します。
  65. 「Preinstall(プレインストール)」を選択します。
  66. 「Inject Drivers(ドライバのインジェクト)」を選択します
  67. 選択プロファイルとして「W7x64 Drivers(W7x64プロファイル)」を選択します。
  68. 一致するドライバだけをインストールします。

    一致するドライバだけをインストール

  69. 「Media(メディア)」を右クリックして「New Media(新規メディア)」を選択します。
  70. 「Selection Profile: Everything(選択プロファイル: すべて)」を選択します。
  71. メディアパスとして一時ディレクトリを選択します。
  72. 「MEDIA001」を右クリックして「Properties(プロパティ)」に移動します。
  73. 「Generate x86 boot image(x86ブートイメージの生成)」の選択を解除します。

    x64ブートイメージの生成

  74. 「Windows PE」タブに移動します。
  75. 「PEx86 Platform(PEx86プラットフォーム)」を選択し、「Drivers and Patches(ドライバとパッチ)」タブに移動します。
  76. 「Selection profile(選択プロファイル)」「Nothing(なし)」を選択します。
  77. 「Platform(プラットフォーム)」を選択し、「x64」に移動します。
  78. 「Selection profile(選択プロファイル)」の下で「PEx64 Drivers(PEx64ドライバ)」を選択します。
  79. 「MEDIA001」」を右クリックして、「Update Media Content(メディアコンテンツのアップデート)」を選択します。
  80. 手順69で選択した一時ディレクトリの中の新しいメディアISOには「LiteTouchMedia.iso」という名前が付けられます。
  81. Rufusを開きます。
  82. ISOイメージの横のディスクアイコンをクリックします。

    ディスクイメージ

  83. 「LiteTouchMedia.iso」を選択します。
  84. LiteTouchMedia.ISOを追加した後も、引き続き「GPT」「FAT32」が選択されていることを確認します。
  85. 「Start(スタート)」ボタンをクリックします。
  86. USBキーをSkylakeベースのシステムに差し込みます。
  87. システムの電源を入れます。
  88. F2キー押してBIOSに移行します。
  89. 「General(全般)」「Boot Sequence(ブートシーケンス)」に移動します。
  90. 「UEFI Mode(UEFモード)」を選択します。
  91. 「Advanced Boot Options(詳細ブートオプション)」に移動します。
  92. 「Legacy Option ROM(レガシーオプションROM)」を有効にします。
  93. 「System Configuration(システム構成)」「SATA Operation(SATA操作)」に移動します。
  94. 「RAID On(RAID ON)」を選択します。
  95. システムを再起動します。
  96. F12キーを押して「Boot Selection(ブート選択)」メニューを開きます。
  97. UEFIタブの下での次をブートするよう選択します: UEFI: USB Key PMAP

  98. 「Start the Deployment Wizard(導入ウイザードの起動)」を選択します。
  99. タスクシーケンスリストから「Deploy Windows 7x64(Windows 7x64の導入)」を選択します。






記事ID: HOW11493

最終更新日: 2016/03/09 04:20


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。