ナレッジベース

デル製デスクトップコンピュータでのNo POST、No Power、No Video


 


デル製デスクトップコンピュータで、POSTが完了しない(No Post)、電源が入らない(No Power)、何も表示されない(No Video)、起動しない(No Boot)。


目次:

  1. 定義。
  2. No POSTの問題
  3. No Powerの問題
  4. No Videoの問題
  5. No Bootの問題
  6. CMOS設定のクリア
  7. ビープ音およびエラーメッセージ
  8. Dell Diagnostics(診断)
  9. 詳細情報

 

1. 定義

 

No POST、No Power、No Video、およびNo Bootの4つの状態は次のように定義できます。

No Post(Power On Self-Test(電源投入時の自己診断))

電源ボタンを押すと、システムが内部診断を実行します。  この診断で問題が見つかった場合は、システムがWindowsを起動せず、Diag LEDや電源ボタンLEDが点灯して潜在的な問題が示されます。

No Power

電源ボタンを押しても、診断LEDも電源ボタンLEDも点灯せず、システムがWindowsを起動せず、システム、キーボード、およびマウスに電力が供給されている兆候が見られません。

何も表示されない

電源ボタンを押すと、システムの電源が入り、POSTのチェックが実行されます。POSTのチェック中に診断LEDが短時間点灯する場合があります。電源ボタンLEDおよびキーボードLEDが点灯しますが、画面/ディスプレイに画像が表示されません。  Windowsのログイン音が鳴る場合がありますが、画面には何も表示されません。

No Boot

システムにデルのロゴ画面が読み込まれ、POSTのチェックが終了すると、デルのロゴ画面が消え、システムでオペレーティングシステムが起動します。 何らかの理由でオペレーティングシステムが起動しない場合、これは、No Bootと呼ばれます。


トップに戻る


 

2. No Postの問題

 

POSTという用語はPower-On Self-Test(電源投入時の自己診断)を意味し、コンピュータを起動するたびに実行される一連のチェックのことです。 これらのテストのいずれかに失敗した場合、コンピュータは起動処理を停止して問題を報告します。  

POSTで障害が発生したことを示すインジケータには、次のものがあります。

  • コンピュータがDellのロゴを表示しない場合で、そこから先に進まない場合は、POSTの障害の可能性があります。
  • 電源インジケータが茶色またはオレンジ色で点灯した場合は、通常POSTの障害を示します。
  • 黒い画面にテキストが表示される場合は、コンピュータが現在POSTを実行中です。 コンピュータがその状態にあり、そこから先に進まない場合は、POSTの障害の可能性があります。
  • 起動処理中ずっとモニタ画面に何かが表示され、その後黒い画面になった場合は、コンピュータがPOSTに失敗したことを示す可能性が高いです。
  • コンピュータでビープ音が鳴っていたり、診断LED/電源LEDが点滅したりしている場合で、ビープ音や点滅に特定のパターンがある場合、および色が表示された場合は書き留めます。
  • コンピュータでビープ音が鳴っておらず、Diag LEDやCaps Lock/Num Lock/Scroll Lock LEDが点滅または点灯していない場合は、すべての接続とメディア通信デバイス(外付モニタなど)を取り外し、一度に1つずつ再接続しながらコンピュータが機能するかどうかを確認します。
メモ:

次のリンクに従って、PCのトラブルシューティングを続行してください。

次に、エラーとそのエラーに対する推奨トラブルシューティングの両方が記載されている表をリストします。 PCでのエラーが何かを知るためには、お使いのデル製コンピュータに内蔵されている診断インジケータを参照する必要があります。

メモ: Diag LEDの役割は、POSTプロセスの進捗状況を示すことのみです。 これらのLEDにより、POSTルーチンが停止する原因となった問題が示されるわけではありません。
問題の説明 推奨される処置
コンピュータの電源が切れているか、またはコンピュータに電力が供給されていません。
システム基板の障害が発生した可能性があります。
  • コンピュータの電源プラグを抜いてください。 電力が排出されるまで 1 分間待機してください。 正常なコンセントにコンピュータを接続し、電源ボタンを押します。
  • すべての内蔵ケーブルを抜き差しします。
  • システム基板を交換します。
システム基板、電源ユニット(PSU)、または周辺機器の障害が発生している可能性があります。
  • コンピュータの電源を切り、電源プラグは差し込んだままにしておきます。電源装置ユニットの背面にある電源テストボタンを押したままにします。 スイッチの隣にある LED が点灯したら、システム基板に問題が発生している可能性があります。
  • スイッチの隣にある LED が点灯しない場合、内蔵、および外付け周辺機器を取り外し、電源テストボタンを押したままにします。 ライトが点灯したら、周辺機器に問題が発生している可能性があります。
  • それでも LED が点灯しない場合、システム基板から PSU 接続を取り外し、電源ボタンを押したままにします。 ライトが点灯する場合、システム基板に問題がある可能性があります。
  • それでも LED が点灯しない場合、電源装置に問題が発生している可能性があります。
  • 動作確認済みのPSUがあればそれを取り付け、システムがPOSTを完了するか確認します。
CPU がありません。
  • CPU を再インストールし、システムを再起動してください。 それでもコンピュータが再起動できない場合、CPU ソケットが損傷していないか点検してください。
  • 動作確認済みのCPUを取り付けます。  それでも同じDiagnosticインジケータでシステムが起動に失敗する場合は、システム基板に障害が発生している可能性があります。
メモリモジュールが検出されましたが、メモリ障害が発生しています。
  • 2 枚以上のメモリモジュールが取り付けられている場合は、モジュールをすべて取り外し、1 枚のモジュールを取り付けなおして、コンピュータを起動します。 コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。 取り付けているメモリモジュールが 1 枚の場合は、別の DIMM コネクタに移動してコンピュータを起動します。
  • 同じ種類の正常に動作しているメモリがあれば、そのメモリをコンピュータに取り付けます。
CPU、またはシステム基板の障害が発生しました。
  • 別の正常な CPU と交換してください。 それでもコンピュータが再起動できない場合、CPU ソケットが損傷していないか点検してください。
  • それでも同じDiagnosticインジケータでシステムが起動に失敗する場合は、システム基板に障害が発生している可能性があります。
BIOS が壊れているか、見つかりません。
  • コンピュータのハードウェアは正常に動作していますが、BIOS が壊れているか、または存在しない可能性があります。
  • 最新バージョンのBIOSを次のリンクからダウンロードします: デルのサポートサイト
システム基板の障害が発生した可能性があります。
  • PCI および PCI-E スロットからすべての周辺機器カードを取り外し、コンピュータを再起動します。 コンピュータが起動したら、すべての周辺機器カードを1つずつ元に戻し、問題のあるカードを特定します。
電源コネクタが正しく取り付けられていません。
  • 電源ユニットの 2x2 電源コネクタを抜き差しします。
  • それでもコンピュータが起動しない場合は、PSUケーブルおよびマザーボード両方のピンに破損がないか確認します。
周辺機器カードまたはマザーボードに障害が発生している可能性があります。
  • PCI および PCI-E スロットからすべての周辺機器カードを取り外し、コンピュータを再起動します。 コンピュータが起動したら、すべての周辺機器カードを1つずつ元に戻し、問題のあるカードを特定します。
システム基板の障害が発生した可能性があります。
  • 内蔵と外付けの周辺機器をすべて外し、コンピュータを起動します。 コンピュータが起動したら、すべての周辺機器カードを1つずつ元に戻し、問題のあるカードを特定します。
  • 問題が解決しない場合は、システム基板に障害が発生している可能性があります。
コイン型バッテリーに障害が発生している可能性があります。
  • コイン型バッテリーを 1 分間取り外し、再度取り付け、コンピュータを起動します。
  • 以上を実行してもシステムがPOSTしない場合は、コイン型バッテリを交換します。
コンピュータは正常なオンの状態です。
コンピュータが正常に OS を起動した場合、診断ライトは点灯しません。
プロセッサに障害が発生した可能性があります。
  • CPUを取り付け直します。
  • 同じ種類の動作確認済みのプロセッサーを取り付けます。
  • それでも同じDiagnosticインジケータでシステムが起動に失敗する場合は、システム基板に障害が発生している可能性があります。
メモリモジュールが検出されましたが、メモリ障害が発生しています。
  • 2 つ以上のメモリモジュールが取り付けられている場合、モジュールを取り外し(サービスマニュアルを参照)、1 つのモジュールを取り付けなおして(サービスマニュアルを参照)、コンピュータを再起動します。 コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。
  • 同じ種類で動作確認済みのメモリがある場合は、そのメモリをコンピュータに取り付けます。
グラフィックスカードに障害が発生した可能性があります。
  • 取り付けられているグラフィックスカードをすべて装着しなおします。
  • 動作確認済みのグラフィックスカードがあれば、そのカードをコンピュータに取り付けます。
フロッピードライブまたはハードドライブに障害が発生した可能性があります。
  • すべての電源ケーブルとデータケーブルを抜き差しします。
  • 動作確認済みのケーブルがあれば、そのケーブルに交換します。
  • 問題が解決しない場合は、フロッピードライブまたはハードドライブを動作確認済みのものに交換します。
USB に不具合が発生した可能性があります。
  • すべての USB デバイスを取り付けなおし、ケーブル接続を確認します。
メモリモジュールが検出されません。
  • 2 つ以上のメモリモジュールが取り付けられている場合、モジュールを取り外し(サービスマニュアルを参照)、1 つのモジュールを取り付けなおして(サービスマニュアルを参照)、コンピュータを再起動します。 コンピュータが正常に起動する場合は、障害のあるモジュールを確認するか、またはエラーが発生しないまますべてのモジュールを取り付けなおすまで、残りのメモリモジュールを 1 枚ずつ追加していきます。
  • 同じ種類で動作確認済みのメモリがある場合は、そのメモリをコンピュータに取り付けます。
メモリモジュールは検出されましたが、メモリの設定または互換性エラーが発生しています。
  • メモリモジュール / メモリコネクタの配置に特別な要件がないことを確認します。
  • 使用するメモリがお使いのコンピュータでサポートされていることを確認します。
拡張カードに障害が発生した可能性があります。
  • グラフィックカード以外の拡張カードを 1 つ取り外してコンピュータを再起動し(を参照)、コンフリクトが発生しているかどうかを調べます。
  • 問題が解決しない場合は、取り外したカードを取り付け、別のカードを取り外して、コンピュータを再起動します。
  • 取り付けられていたそれぞれの拡張カードについて、この手順を繰り返します。 コンピュータが正常に起動する場合は、コンピュータから取り外した最後のカードのリソースの競合のトラブルシューティングを行います。
システム基板のリソースおよびハードウェアのどちらかまたは両方の障害が発生した可能性があります。
  • CMOSをクリアします
  • 内蔵と外付けの周辺機器をすべて外し、コンピュータを起動します。 コンピュータが起動したら、すべての周辺機器カードを1つずつ元に戻し、問題のあるカードを特定します。
  • 問題が解決しない場合は、システム基板またはシステム基板の部品に障害が発生している可能性があります。
別の障害が発生しました。
  • すべてのハードドライブおよびオプティカルドライブのケーブルがシステム基板に正しく接続されていることを確認します(を参照)。
  • デバイス(フロッピードライブやハードドライブなど)のエラーメッセージが画面に表示されている場合は、そのデバイスが正常に機能しているかどうかを確認します。
  • OS がデバイス(フロッピードライブまたはオプティカルドライブなど)からの起動を試みている場合は、セットアップユーティリティを使用して、コンピュータに取り付けられているデバイスの起動順序が適切かどうかを確認します。


トップに戻る


 

3. No Powerの問題

 

コンピュータには、電源が供給されているときに点灯する電源インジケータがあります。

デスクトップの場合、コンピュータケースの前面パネルにある電源ボタンの近くにLEDがあります。

デスクトップの電源が入らない状況を解決するには、次の手順を試してください。

  1. 別のコンセントにつないでシステムの電源を入れてみます。

  2. システムの電源ユニット(PSU)に接続されている電源コードを取り付け直して、デスクトップの電源を入れます。

  3. システムの電源コードをモニタの電源コードと取り替えて、デスクトップの電源を入れます。

メモ: デスクトップの起動について説明した短いビデオがあります。
 

ビデオ(英語のみ)、「Identifying desktop startup issues - No POST(デスクトップの起動の問題を識別する - No POST)」、時間01:15

デスクトップのNo Powerの問題の詳細については、次のリンクページを参照してください。

次に、エラーとそのエラーに対する推奨トラブルシューティングの両方が記載されている表をリストします。 PCでのエラーが何かを知るためには、お使いのデル製コンピュータに内蔵されている診断インジケータを参照する必要があります。 これらのインジケータのガイドは下記の文書に記載されています。

メモ: Diag LEDの役割は、POSTプロセスの進捗状況を示すことのみです。 これらのLEDにより、POSTルーチンが停止する原因となった問題が示されるわけではありません。
問題の説明 推奨される処置
コンピュータの電源が切れているか、またはコンピュータに電力が供給されていません。
  • 電源ケーブルをコンピュータ背面の電源コネクタとコンセントに抜き差しします。
  • 電源タップ、電源延長ケーブル、およびその他のパワープロテクションデバイスを使用している場合は、それらを外してコンピュータの電源が正常に入ることを確認します。
  • 使用している電源タップがあれば、電源コンセントに接続され、オンになっていることを確認します。
  • 別の電化製品でコンセントをテストして、それが動作していることを確認します。
  • 動作確認済みの電源ケーブルを使用します。
  • 主電源ケーブルと前面パネルケーブルがシステム基板にしっかりと接続されているか確認します。
  • すべての電源ユニットは、アイソレーションモードでのセルフテスト機能を備えています。 電源ユニットのテストボタンとLEDは、ACプラグと同じ側面にあります。 電源ケーブルが電源に接続されていることを確認し、テストボタンを押してPSUをテストします。
  • PSU LEDが点灯しない場合は、システム基板からPSUケーブルを取り外し、もう一度テストします。  テストボタンを押してもLEDが点灯しない場合は、PSUに障害が発生している可能性があります。
  • システム基板からケーブルを取り外した後でPSU LEDが点灯した場合は、接続されているデバイスまたはコンポーネントのいずれかに障害が発生している可能性があります。  接続されているコンポーネントをすべて取り除き、PSUケーブルを接続し直し、PSUテストボタンを使用して各コンポーネントを1つずつ取り付けてテストします。
  • 動作確認済みのPSUを取り付けます。


トップに戻る


 

4. 何も表示されない問題

 

電源インジケータは正常であっても、起動処理中にコンピュータのビデオ画面が表示されない場合は、表示されないという問題の可能性があります。

モニタに独自の電源ユニットがある場合は、モニタの電源インジケータがオンになっていることを確認します。

No Videoの問題をトラブルシューティングするには、以下のリンクをクリックしてください。

次に、エラーとそのエラーに対する推奨トラブルシューティングの両方が記載されている表をリストします。 PCでのエラーが何かを知るためには、お使いのデル製コンピュータに内蔵されている診断インジケータを参照する必要があります。 これらのインジケータのガイドは下記の文書に記載されています。

メモ: Diag LEDの役割は、POSTプロセスの進捗状況を示すことのみです。 これらのLEDにより、POSTルーチンが停止する原因となった問題が示されるわけではありません。
問題の説明 推奨される処置
コンピュータは正常なオンの状態です。
コンピュータが正常にオペレーティングシステムを起動した後、Diag LEDは点灯しませんが、ディスプレイに何も表示されません。
  • ディスプレイが正しいポートに接続され、電源が入っていることを確認します。
  • ディスプレイデータケーブルが破損していないことを確認し、必要な場合は交換します。
  • ディスプレイで正しい入力ソースが選択されていることを確認します。
  • データケーブルをシステムから取り外します。 「Self Test(セルフテスト)」ボックスがディスプレイに表示されます。
  • 「Self Test(セルフテスト)」ボックスがディスプレイに表示されない場合は、動作確認済みのディスプレイに交換します。
  • それでもディスプレイに何も表示されない場合は、POSTルーチンで画像が表示されるかを確認します。
  • POST中に画像が表示される場合は、ディスプレイまたはグラフィックスドライバに問題がある可能性があります。
  • システムをセーフモードで再起動します。 セーフモードを起動するには、システムの再起動中にF8キーを押したままにします。
  • これにより「Advanced Boot Menu(詳細ブートメニュー)」が起動します。 「セーフモード」を選択します。 最新バージョンのディスプレイおよびグラフィックスカードドライバをインストールします。 通常どおりにシステムを再起動し、画像が表示されるか確認します。
  • 動作確認済みのグラフィックスカードがあれば、そのカードに交換します。
  • グラフィックスカードとモニタの両方が別のPCで正常に機能する場合は、問題解決のためテクニカルサポートまでご連絡ください。


トップに戻る


 

5. No Bootの問題

 

POSTが完了したら、コンピュータはオペレーティングシステムの起動を試みます。

コンピュータがデルのロゴ画面の先に進み、その後オペレーティングシステムのロード中に停止した場合は、コンピュータが起動しないという問題の可能性があります。

次のリンクを使用して、トラブルシューティングを続行します。

ご使用のオペレーティングシステム(OS)に該当する文書を選択します。


トップに戻る


 

6. CMOS設定のクリア

 

RTCRSTジャンパによりNVRAMをクリアできます。 ジャンパを閉じるとNVRAMがクリアされます (パスワードブリッジのジャンパを使用できます)。 カバーまたはアクセスパネルを開き、内部の作業する前に電源コードをPCから取り外すことが常に推奨されることに留意してください。 CMOSを適切にクリアするには、ジャンパを閉じた状態で約10秒間、システムにAC電源を供給する必要があります (必ずしもコンピュータの電源をオンにする必要はなく、マザーボードに電源が通るだけで十分です)。

ピン 1-2 にジャンパを取り付けると NVRAM がクリアされます。

警告: このプラットフォームでCMOSをリセットすると、Management Engine BIOS Extension(MEBx)のパスワードおよびすべての構成済みの設定を含むMEBxの設定がクリアされます。
  1. PCから外部電源を外します。

  2. コンピュータカバーを外します。

  3. システムボードの2ピン・パスワード・コネクタ(PSWD)の位置を確認します。

  4. 2ピン・ジャンパ・プラグを取り外します。

  5. システムボードの2ピンCMOSジャンパ(RTCRST)の位置を確認します。

  6. 2ピン・ジャンパ・プラグをPSWDピンからRTCRSTピンに約5秒間移動します。

  7. 2ピン・ジャンパ・プラグをPSWDピンに戻します。

  8. コンピューターカバーを取り付けます。

  9. コンピュータを再度主電源に接続し、電源をオンにします。


トップに戻る


 

7. ビープ音およびエラーメッセージ

 

コンピュータの起動時に、ディスプレイにエラーまたは問題を表示できない場合、ビープ音が連続して鳴ることがあります。 この一連のビープ音のパターンから、さまざまな問題を特定できます。

詳細については、「DellデスクトップPCのビープコードについての情報」に関する文書を参照してください。


トップに戻る


 

8. Dell Diagnostics(診断)プログラム

 

Dell Enhanced Pre-boot System Assessment、ePSAは、診断プロセス全体の効率化を目的として大きく改善されました。

メモ: これらの診断は多くのデスクトップシステムに搭載していますが、すべてのデスクトップシステムに搭載されているわけではありません。

起動プロセス中に、電源ボタンを押したまま、画面に「BIOS Boot Menu(BIOSブートメニュー)」が表示されるまでF12キーを繰り返し押して、コールドブートからePSAにアクセスします。

キーボードの上矢印キーと下矢印キーを使用してメニューの「Diagnostics(診断)」を選択し、Enterキーを押します。ePSAは、まずシステムメモリ内の領域が安全であることを確認してから、確認したメモリ領域に自身をロードします。ePSAは続けて、整合性を確保するためにすべてのシステムメモリで高位アルゴリズムを自動的に開始します。次にePSAは、システム内で検出されたデバイスをすべて一覧表示するグラフィカルメニューを作成します。

メモ: ePSA診断の詳細については、次の関連資料を参照してください。
 

ビデオ(英語のみ)、「ハードウェア問題の診断」、時間01:34

ePSA診断を実行する際は、次のことに注意してください。

  • テストの実行中はポインタ(マウスまたはタッチパッド)が無効になります。 テストを終了するには、ESCキーを押します。
  • ePSA診断のバージョン番号は、画面の右下隅に表示されます。
  • メモリテスト中に表示されるアクティビティインジケータ(バー)は、進捗状況を示すためには使用されません。 これらはテストされているメモリの場所を示します。
  • すべてのエラーはエラーコードと共に、画面右側にある「Results(結果)」ウィンドウに表示されます。 テストが失敗した場合は、ポップアップメッセージも表示されます。


トップに戻る


 

9. 詳細情報

 

これら4つの問題は、オペレーティングシステム以外で問題のトラブルシューティングが必要になる最も一般的な原因です。

その結果は次の3つに分類されます。

  1. 取り付け直しても解決しないハードウェアの問題を特定した場合は、修理の手配をデルに問い合わせます。

  2. ソフトウェアの問題を特定した場合は、問題を自分で解決するか、解決策をデルに問い合わせます。

  3. 明確な原因が不明な場合は、問題修正のトラブルシューティング結果を参照します。


トップに戻る





Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN153751

最終更新日: 2018/01/11 08:02


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。