ナレッジベース

VPN 接続の作成マネージャでインストーラ Windows Small Business Server2008(sbs2k8)


以前は、 VPN Connection Manager インストーラを Windows Small Business Server2003(sbs2K3 下 ) は使用できなくなり Windows Small Business Server2008(sbs2k8) 。

 この自動で機 \'94\'5c が利用できなくなった SBS2K8 VPN 、 SBS2008 、 SBS2003 、 SBS2K3 、 SBS2K8 、リモート Web 仕事場、 rww 、仮想プライベートネットワーク、 Windows Small Business Server2003 、 Windows Small Business Server2008 この自動で機 \'94\'5c が利用できなくなった SBS2K8 

Windows Small Business Server2003(sbs2K3) 、接続 Manager のインストール ] アプレットをエンドユーザーダウンロード可能になりました ] ワークスペース ( からリモート Web rww) 。  作成したこのアプレットするアイコンで、エンドユーザデスクトップを、お客様のシステムは接続するに VPN Small Business Server2003 ドメイン。  下記を参照してくださいからダウンロードリンク SBS2K3:

 

 SBS2003 に rww

 

 

この自動機能を SBS2K3 ではデフォルトでは使用できなくなりました Windows Small Business Server2008(sbs2k8) 。  接続マネージャを有するために利用可能なお客様向けに SBS2K8 ありますが、手順の数に基づいて、情報を参照してください。     http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc513974.aspx

 

 

インストールを作成するには、 Connection Manager SBS 用の 2K8 、 Connection Manager 管理者キット (cmak) 機 \'94\'5c 、 SBS2008 に追加する必要があります。インストールします。この処理を実行するには、 Server Manager] をクリックし、 [cmak に追加して、機 \'94\'5c チェックマーク、   を完了するには、を押して‘next’ cmak Install:

 

Connection のインストール \'83\'7d ネージャ Admin キット

 

 

次に、必要に応じて、接続を作成したり設定する使用してインストーラ cmak マネージャです。 

キットを開始するには、 [ スタート ] メニュー ->‘administrator ‘connection Manager 管理ツール ->kit’ます。まで [Next]( 次へ ) を選択する必要があります。ターゲット OS をクリックし、適切な OS ‘next’選択します。 

 

 

作成する新しいプロファイル、   選択し新しいプロファイル」、および「名前を入力し、およびファイル名 ( 最大 ):8 文字

 

 

 

 

ドメイン名および提供“separator”文字 ( バックスラッシュは、「 \ 」 ) 。  たとえば、“mysmallbiz\ ” ( 、 ):

 

 

 

プロファイルを選択しないでください合併。  [‘next’:

 

 

 

VPN 接続埋め込むファイルに名前を [VPN エントリです。同意します  たとえば、このシナリオでは、登録として mysmallbiz.com で外部 DNS ドメイン名、デルはそれを使って remote.mysmallbiz.com ます。  メモ : 名は、同じ値に反映されます。 SSL 証明書

 

  

 

チェックを外し電話帳のダウンロード‘automatically updates’とこのフィールドを空白のままにしてます。

 

 

デフォルトを受け入れるか、次のエントリ 4 つの画面 (‘configure networking’、ダイヤルアップ、 update’ ‘procy ‘routing\'95\'5c 設定」、および‘custom actions’画面 ):

 

        

 

デフォルトを受け入れるか、グラフィックスまたはカスタムグラフィックスの次の 3‘custom ログオン画面 (‘custom bitmap’、電話 book’、および‘custom screens’): アイコン 

 

     

 

デフォルトを受け入れるか、ヘルプ情報を file’ ‘custom ‘custom サポート、 information’ ‘additional 、‘custom ライセンス agreement’、およびカスタム files’画面、または情報を、適切な :

 

        

 

[Connection Manager ‘next’ ‘build の profile’接続マネージャ画面を構築しインストーラ実行ファイル :

 

  

 

これで、実行可能ファイル Connection Manager インストーラが作成されます。  ユーザーに使用できるようにユーザーの場合はそれを置くことによって、たとえば companyweb rww からのアクセス。 

  

 
Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN249893

最終更新日: 2010/09/24 00:00


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。