ナレッジベース

Dell™ Venue 7およびVenue 8タブレットでの電源コントロールウィジェットの使用方法


目次:

  1. 電源コントロール・ウィジェット・オプション
  2. 電源コントロールウィジェットを使用した輝度の設定


この文書では、Dell™ Venue 7およびVenue 8タブレットで電源コントロールウィジェットを使用する方法について説明します。


1. 電源コントロール・ウィジェット・オプション

電源コントロールウィジェットを使用して、ワイヤレス、Bluetooth、位置情報、同期といった接続のオン/オフを切り替えたり、画面の輝度を調整したりすることができます。ワイヤレス接続とBluetooth接続をオフにし、画面輝度を低くすると、バッテリ寿命を延長できます(図1~4)。

メモ:
  • ワイヤレス接続をオフにすると、インターネットから切断されます。
  • Bluetooth接続をオフにすると、Bluetoothデバイスから切断されます。

ワイヤレス
図1: ワイヤレスのオン/オフアイコン

Bluetooth
図2: Bluetoothのオン/オフアイコン

場所
図3: 位置情報のオン/オフアイコン

同期
図4: 同期のオン/オフアイコン

メモ: 電源コントロールウィジェットの画面輝度機能の使用方法については、「電源コントロールウィジェットを使用した輝度の設定」の項を参照してください。

トップに戻る


2. 電源コントロールウィジェットを使用した輝度の設定


電源コントロールウィジェットを使用して、輝度を事前にプログラムされた値に設定できます。右端の輝度アイコンにタッチすると、オプションが切り替わります(図5~8)。

輝度自動調整
図5: 「Auto Brightness(自動輝度調整)」

最高輝度
図6: 「Full Brightness(最高輝度)」

中程度の輝度
図7: 「Half Brightness(中程度の輝度)」

最低輝度
図8: 「Lowest Brightness(最低輝度)」

トップに戻る





記事ID: SLN293228

最終更新日: 2015/05/13 12:40


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。