OpenManage組み込み型テクノロジー

OpenManage組み込み型テクノロジー

今すぐ始める
非表示
Asset_Mgmt_Rollup_Image

サーバシステム管理をシンプル化

すべてのDell PowerEdgeサーバには、Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerが埋め込まれています。このオープンでエージェント不要の管理コンポーネントにより、以下を実現します。

  • サーバを直接管理、または従来のコンソールまたはモバイルデバイスからリモート管理
  • OpenManage Essentialsなどの先進的なIT管理ソリューションとの統合
  • インテリジェントな自動サーバライフサイクル管理機能の実装
また、M1000e、FX2、VRTXのように、モジュラー・インフラストラクチャ・シャーシに複数のサーバブレードやノードを搭載している場合、エージェント不要のChassis Management Controller(CMC)を利用することで、各システムのサーバ、ストレージ、ネットワーキングコンポーネントに対応したブラウザベースのコンソールから、これらのシステムの導入、監視、更新、維持を行うことができます。

コンポーネント

iDRAC with Lifecycle ControllerとChassis Management Controllerはデルのエンタープライズインフラストラクチャ管理の中心的な役割を果たします。ラック、タワー、モジュラーインフラストラクチャ環境に設置されているサーバ、ストレージ、ネットワーキングのモジュールをインテリジェントに自動制御できます。ブラウザからアクセスできる使いやすいコンソールとOpenManageの各種ツールにより、デル製システムとお客様独自のIT環境を統合できます。コマンドラインによる指示やスクリプトによるルーチンなどの追加オプションにより、組み込みの自動化機能へ迅速にアクセスし、継続的な運用管理が可能になります。
Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerは、すべてのDell PowerEdgeサーバに埋め込まれている管理コンポーネントです。
iDRAC with Lifecycle Controller

戻る
今すぐ始める
非表示

iDRAC with Lifecycle Controller


Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerは、すべてのDell PowerEdgeサーバに埋め込まれている管理コンポーネントです。
Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerは、すべてのDell PowerEdgeサーバに埋め込まれている管理コンポーネントです。このソリューションは、システム管理ソフトウェアエージェントが搭載されているかどうかにかかわらず、Dell PowerEdgeサーバの導入、更新、監視、維持をサポートする機能を提供します。また、埋め込み型であるため、iDRACの動作にオペレーティングシステムやハイパーバイザは必要ありません。このように、OpenManageテクノロジーはエージェントがなくても機能するため、新しいサーバに新しいOSを導入したり、新しい設定を適用したりする際にも、追加のソフトウェアをインストールする必要がありません。iDRAC with Lifecycle Controllerのパワフルで使いやすいリモート管理および構成オプションを使用すると、問題が発生したときにどこにいても、警告を受け取ることができます。

Dell Chassis Management Controller(CMC)
Chassis Management Controller(CMC)

戻る
今すぐ始める
非表示

Chassis Management Controller(CMC)


Dell Chassis Management Controller(CMC)
Chassis Management Controllerは、複数サーバシャーシおよび内部のサーバモジュール、ストレージ、ネットワークデバイスに対する迅速、簡単かつ直感的な管理機能により、OpenManageのイノベーションを促進します。

Dell CMCモジュールのブラウザベースのセキュリティで保護されたインターフェイスを利用して、完全なシステムインベントリを作成したり、構成および監視タスクを実行したり、リモートからサーバの電源をオン/オフしたりすることができます。また、システムシャーシ内で発生するコンポーネントイベントに対する警告を有効にすることもできます。CMCはプラットフォームシャーシに埋め込まれているため、追加のソフトウェアをインストールする必要がなく、前面のLCDパネルからもアクセスできます。

CMCは各サーバのiDRACとやりとりを行うため、サーバ固有のiDRACの機能(アップデート、設定変更、リモートコンソールセッションなど)をCMCインターフェイスから実行することができます。

インテル® を搭載したデルのソリューション

詳細

お問い合わせ