Preview Mode is on. Click here to exit and refresh page.

デルのFresh Airソリューション

デルのFresh Airソリューション

今すぐ始める
非表示

Video: Dell Fresh Air 2.0 02:55

高温、高湿でも運用可能でコストを削減

デルのFresh Air 2.0対応次世代ハードウェアで外気冷却を使用して、運用コストを削減し、ITの環境に与える影響を低減します。対応機器では次のことが可能です。
  • 高温、高湿度で運用可能(最高露点29 °Cで45 °C/113 °Fまで)
  • ISA-71 G1品質を満たすクリーンな外気で冷却し、エアーサイド(空冷)方式とウォーターサイド(水冷)方式の両方のエコノマイザを利用可能
  • 気候条件が適切な世界のほぼすべての場所で冷却装置のないデータセンターの拡張導入を可能にする
デルのFresh AirハードウェアをIT環境に追加することで、上昇する電力コストに対処でき、規制目標に向けて取り組むことができます。

コンポーネント

デルのFresh Air 2.0によって、データセンターハードウェアの導入方法および場所について優れた柔軟性がもたらされます。また、削減されたエネルギー支出により、予算と拡張計画にもさらなる柔軟性が得られます。
テスト
デルのFresh Airとは

戻る
今すぐ始める
非表示

デルのFresh Airとは


テスト
デルのFresh Air 2.0対応ハードウェアには、高温および高湿度で運用でき、冷気通路からの厳重に制御された空調(A/C)の代わりにクリーンな外気(ISA-71 G1に適合)を吸気に使用できる、デルのサーバ、ネットワーキング、ストレージ製品の特定の構成が含まれています。中小規模企業であれ、ラボやデータセンターに多数のハードウェア導入がある場合であれ、デルのFresh Air対応ハードウェアは、高いA/C冷却に必要な時間を削減するのに役立ち、これにより、運用支出と電力使用効率(PUE)を抑えることができます。

ENERGY STARおよびENERGY STARマークは米国の登録商標です 。

Dell Fresh Airハードウェアと導入
Dell Fresh Airハードウェアと導入

戻る
今すぐ始める
非表示

Dell Fresh Airハードウェアと導入


Dell Fresh Airハードウェアと導入
エンタープライズハードウェアの冷却は20 °C/68 °Fの寒さを維持する必要があり、厳重に制御されたA/C環境によってのみ提供されるという従来の考えを取り除きましょう。クリーンな外気とDell Fresh Airハードウェアを使用することがいかに節約に役立つかという新しい考えに心を開いてください。Dell Fresh Air 2.0ハードウェア特有の構成は、クリーンな冷却されていない外気を使用して、高温および高湿度で運用できます(最高露点29 °Cで45 °C/113 °Fまで)。

Dell Fresh Air Hot House - 暑さに耐えるハードウェア
Dell Fresh Air Hot House - 暑さに耐えるハードウェア

戻る
今すぐ始める
非表示

Dell Fresh Air Hot House - 暑さに耐えるハードウェア


Dell Fresh Air Hot House - 暑さに耐えるハードウェア
夏の気温は日常的に40 °C/104 °Fに達するテキサス州ラウンドロックにある本社の外に、デルはDell Fresh Air Hot Houseを建設しました。この建物には、ファンで引き込まれた外気で冷却するDell Fresh Air対応ハードウェアが稼動するラックが収容されています。空調システムも湿度制御もないDell Fresh Air Hot Houseは、高価な冷却装置を必要とせずに、年間を通してDell Fresh Air対応ハードウェアが運用できることを実演しています。

インテル® を搭載したデルのソリューション

詳細

お問い合わせ