|

Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューション

intel® xeon™ プロセッサー
【お客様感謝祭】 総額6,000万円還元セール!11/27(月)まで。先着合計1,000台限定、1万円台PC & 最大10万円Offクーポン!  詳細はこちら

ディスク並みのコストで使えるフラッシュ

他のハイブリッドフラッシュソリューションに比べて最大約2倍、他のオールフラッシュソリューションに比べて最大約5倍、コスト面でお得です。

申し訳ございません。このアイテムはオンラインでは購入できなくなりました。デル推奨の代替製品をご覧ください。
 
Compellentフラッシュ最適化ストレージ

 

 
Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューション

フラッシュ最適化ソリューション

Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューションは、SC220エンクロージャとStorage Center 6.4拡張ファームウェアを使用したオールフラッシュストレージやハイブリッドフラッシュストレージを提供します。フラッシュ最適化ソリューションは、優れたパフォーマンスと低レイテンシのストレージの提供を通じて、以下のことを実現します。
  • Oracle、SQLなどのエンタープライズアプリケーションのパフォーマンス向上
  • OLTPシステム、ERPシステム、およびその他のI/O負荷の高いワークロードの迅速化
  • 仮想デスクトップ環境におけるスループットとレイテンシの向上
  • データセンターにおける消費電力の削減と冷却要件の緩和
  • ラックスペースの削減(最大84 %)およびレイテンシの低減(最大90 %)*
Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューション

Storage Center 6.4

Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューションが他のオールフラッシュソリューションやハイブリッドフラッシュソリューションよりも優れている理由は、SC6.4拡張ファームウェアが提供する卓越した機能性にあります。
  • 同クラスのストレージソリューションとして初めて、従来の回転式ドライブだけでなく、書き込み性能に優れたSLC(Single-Level Cell)SSDや読み込み性能に優れたMLC(Multi-Level Cell)SSD*でも、サブLUNデータの自動階層化を実現しました。
  • Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューションは、書き込み処理中心の用途に適したSLC SSDに加えて、読み取り処理中心の用途に適した低コストかつ大容量のMLC SSDの階層化も単一のソリューションで実現できるため、他のフラッシュ最適化ソリューションに比べて最大80 %のコスト削減が可能です*
  • Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューションは、価格面においても優れたメリットがあります。他のハイブリッドフラッシュソリューションに比べて最大約2倍、他のオールフラッシュソリューションに比べて最大約5倍お得です*
Dell Compellentフラッシュ最適化ソリューション

グローバルなサービスとサポート

デル・サービスを利用すると、ITおよびビジネスソリューションを最大限に活用することにより、ITの複雑さを軽減し、コストを削減するほか、効率の悪さを解消できます。デル・サービスのチームは、デル独自のサービス(Copilotサポート、最適化など)だけでなく、複数のファイルシステムの統合を促進する完全なデータ移行ソリューションも提供しています。デルは、お客様のニーズを総合的な視点で捉え、定評のあるサービス手法、地域の人材、および高い専門知識を活用してTCOを削減しながら、お客様の環境とビジネスの目標に最適なソリューションを設計します。

通信

  • SC8000 - フロントエンド接続
    ファイバチャネル(4 Gb、8 Gb、16 Gb)、iSCSI(1 Gb、10 Gb)、FCoE(10 Gb)、インターフェイスの同時サポート

    SC8000 - 最大フロントエンドポート数
    コントローラ1台あたり16(ファイバチャネル)、10(1 Gb iSCSI)、10(10 Gb iSCSI)、10(FCoE)
    注意: SC8000コントローラは、4ポートのロープロファイルSASバックエンドIOオプションによって、最大16個のFCフロントエンドポートをサポートすることができます。

    SC8000 - バックエンド接続
    SAS(6 Gb、3 Gb)、ファイバチャネル(2 Gb、4 Gb、8 Gb)

    SC8000 - 最大バックエンドポート数
    コントローラ1台あたり16(FC)、20(SAS)
    注意: SATAポートはありません。FCおよびSATAエンクロージャは、8 GbファイバチャネルIOカードに接続されます。

動作環境条件

  • SC8000コントローラ
    電源: 750 Wデュアル冗長、80 Plus® Platinum認定電源
    最大出力: 425 W
    最大熱放散: 1,450 BTU/時
    動作時温度: 50~95(10~35 °C)
    非動作時温度: -40~149 °F(-40~65 °C)動作時湿度(結露しないこと): 20~80 %
    非動作時湿度(結露しないこと): 5~95 %
    インレットタイプ: NEMA 5-15/CS22.2、n°42
    ファン: ホットプラグ対応内蔵ファン x 6

    最新の設計値についてはESSAを参照してください: dell.com/ESSA(英語版)

ストレージ

  • SAS SSD(SC220でサポート)
    400 GB SAS(書き込み処理中心の用途に適したSLC SSD)
    1.6 TB SAS(読み取り処理中心の用途に適したMLC SSD)

    SAS HDD(SC220でサポート)
    1 TB 7,200 RPM

シャーシ

  • SC8000コントローラ
    ラックサイズ: 2U
    高さ: 87.3 mm(3.44インチ)
    幅: 482.4 mm(18.98インチ)(ラックのラッチを含む)、444 mm(17.08インチ)(ラックのラッチを除く)
    奥行き: 755.8 mm(29.75インチ)(ベゼルを含む)
    重量: 19.73 kg(43.5ポンド)

    SC220エンクロージャ
    高さ: 87.3 mm(3.44インチ)
    幅: 482.4 mm(18.98インチ)
    奥行き: 541 mm(21.30インチ)
    重量: 23.31 kg(51ポンド)(最大構成時)
    8.61 kg(19ポンド)(空の状態)
    ワット数: 700 W(電源定格)、ホットスワップ対応80 Plus® Silver認定電源、最大供給電力475 W
    熱放散: 2,389 BTU/時(700 W)、最大1,621 BTU/時(475 W)
    電圧: 100~240 VAC、自動検知
    周波数: 50/60 Hz
    アンペア数: 8.6 A(100 V)、4.3 A(240 V)

    ラックサポート
    ReadyRails™ II固定式レール - 角穴またはネジ溝なしの丸穴付き4ポストラックには、工具不要で取り付け可能。4ポストネジ穴ラックには、工具を使用した取り付けが可能。

    技術仕様

    SC8000製品 - オペレーティングシステム
    Storage Center 6.4以降

    SC8000 - 対応OS
    Microsoft® Windows Server®、Oracle® Solaris、HP®-UX、Oracle Linux、IBM® AIX®、Novell® NetWare、SLES、Apple、HPTru64、VMware® Citrix XenServer、RedHat

    SC8000 - プロセッサー
    2.5 GHz 6コア(Sandy Bridge)インテル™プロセッサー x 2(コントローラあたり)

    SC8000 - メモリ(読み取りキャッシュ)
    コントローラあたり合計16 GB~64 GB、デュアルコントローラシステムあたり最大128 GBのキャッシュを搭載可能(本番稼働環境で高可用性機能とフェイルオーバ機能を完全にサポートするには、デュアルコントローラ構成が必要です)

    SC8000 - ストレージ容量
    システムあたり最大960台のSASドライブをサポート。1システムでサポートされる最大使用可能容量は、構成によって異なります。2.5インチSASエンクロージャ1台にSASドライブを最大24台搭載可能。

    SC8000 - RAID
    RAID 0、5、6、RAID 10、RAID 10 DM(デュアルミラー)をサポート。1台のStorage Centerで任意のRAIDレベルを組み合わせて構成可能。1台のアレイの同一ストレージ階層内に複数のRAIDレベルを構成可能。
 比較できる製品は7台までです。この製品を比較するには、既に選択されているいずれかの製品を選択解除してください。
close
 
 
P61-CS03