|

Active Roles

【オンライン限定クーポン】パソコンが更に8%オフ! 4/13( 月 ) まで クーポンコード:C9?2T?GXQVNQ3C クーポン詳細はこちら

Active Directoryの合理的なセキュリティを実現。

セキュリティに関する問題を解決し、コンプライアンス要件に対処できます。


 

 

 
Active Directoryのセキュリティと保護をシンプル化しましょう。Active Rolesを使うと、セキュリティに関する問題を解決し、コンプライアンス要件に対処できます。Active Rolesでは自動ツールを通じて、ユーザーとグループの効率的な管理やActive Directoryの委任が行えます。Active Directory固有のさまざまな制約を解消できるため、迅速な作業が可能になります。Active Rolesはモジュラー型のアーキテクチャを採用しているため、現在だけでなく将来的なビジネス要件にも余裕で対応することができます。

Active Rolesでは以下のことが可能です。
  • 重要なActive Directoryデータを保護し、リソースに対する不正アクセスを防止する
  • Active DirectoryおよびActive Directoryを組み合わせたシステムで、ユーザーアカウントやグループアカウントを自動的に作成し、安全な管理を可能にする
Active Rolesの主な特長は次の通りです。

安全なアクセス  
  • 最も権限の少ないモデルを使用した委任を通じてアクセスを制御し、Active Directoryを保護できます 
  • 定義した管理ポリシーや権限を基に、アクセスルールの生成および実施を行い、Active Directory管理の標準的なアプローチに共通するエラーや不整合を減らします 
  • ディレクトリデータの自動管理を補完する、堅牢性に優れた承認手続きにより、ビジネス要件に基づいたITプロセスを確立します
アカウント作成の自動化
  • Active Directoryでのユーザーアカウントやグループアカウントの作成、Exchangeでのメールボックスの作成、グループの管理、Windowsでのリソースの割り当てなど、さまざまなタスクを自動化します
  • Active DirectoryおよびActive Directoryを組み合わせたシステムにおけるユーザー権限の再付与および削除(ユーザーとグループに対するプロビジョニング解除を含む)をActive Rolesで自動的に行うことで、効率的で安全な管理プロセスを実現します 
  • Active Directory、Exchange、SharePoint、OCS、Lync、Windowsだけでなく、Active Directoryを組み合わせた任意のシステム(UNIX、Linux、Mac OS Xなど)において、ユーザーアクセスを変更または削除する必要がある場合に、更新を自動的に行います
日常的なディレクトリ管理
  • メールボックスやOCSの割り当て/作成/移動/削除/権限付与/配布リストの管理、グループ、コンピューター(共有、プリンタ、ローカルユーザー/グループを含む)、Active Directory(Active Directory LDSを含む)などの、Exchange受信者の管理をシンプル化します
  • MMCスナップインやWebインターフェイスなどの、直感的に使えるインターフェイスを通じて、日々の管理業務やヘルプデスク業務を改善します
ホスト環境のグループとユーザーの管理
Active Directoryドメインクライアントを、ホスト環境のActive Directoryホストドメインと同期させることができます。Active Rolesでは属性やパスワードの同期も行うことができ、クライアントドメインからホストドメインに至るまで、ユーザーアカウントやグループアカウントの管理が可能になります。オンプレミスのActive Directoryアカウントを、Microsoft Office 365、Lync Online、SharePoint Onlineと同期できます。

統合による管理ポイントの集約
さまざまなデル製品(Identity Manager、Privilege Password Manager、Desktop Virtualization、Authentication Services、Defender、Password Manager、Cloud Access Manager、ChangeAuditorなど)と簡単に統合でき、内蔵の「Extend All(すべて展開)」機能により、管理ポイントのシンプル化と統合を実現します。さらに、Active Rolesでは、PowerShell、ADSI、SPML、およびカスタマイズ可能なWebインターフェイスの各機能の自動化や拡張も可能です。
Active Rolesには、管理やセキュリティ維持に必要なあらゆる同期テクノロジーが搭載されています。
  • Lync
  • Exchange
  • SharePoint
  • AD LDS
  • Office 365
  • Azure AD
  • Microsoft SQL Server
  • OLE DB(MS Access)
  • フラットファイル
  • Dell One Active Rolesは、以下のコンポーネントで構成されています。
    管理サービス
    コンソール(MMCインターフェイス)
    Webインターフェイス
    コレクタ
    レポートパック
    Outlook向けアドイン

    各コンポーネントをインストールおよび実行するためのシステム要件:

    管理サービスのハードウェア/ソフトウェア要件

    プラットフォーム
    1 GHz以上のインテルPentium互換CPU

    メモリ
    1 GB以上を推奨。必要な容量は管理対象オブジェクトの合計数によって決まります。

    ハードディスク容量
    100 MB以上の空きディスク容量。SQL Serverと管理サービスを同じコンピューターにインストールする場合、必要な容量はActive Rolesデータベースのサイズによって決まります。

    オペレーティングシステム
    管理サービスは、以下のオペレーティングシステムを実行するサーバーにインストールできます。
    Microsoft® Windows Server® 2008(Standard/Enterprise Edition、64ビット(x64)、Service Pack 2)
    Microsoft Windows Server 2008 R2(Standard/Enterprise Edition、Service Pack 1)
    Microsoft Windows Server 2012(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows Server 2012 R2(Standard/Datacenter Edition)

    SQL Server
    Active Rolesデータベースをホストするために、以下のバージョンのSQL Serverを使用できます。
    Microsoft SQL Server® 2005(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 2以降)
    Microsoft SQL Server 2008(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2008 R2(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2012(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)

    管理サービスを実行するコンピューターでは、Microsoft SQL Server 2012 Native Clientが必要です。SQL Server 2012 Native Clientのインストールは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Redistributables(再頒布可能ファイル)」ページから実行できます。

    Microsoft .NET Framework
    Microsoft .NET Framework 4.5。.NET Framework 4.5のインストールは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Redistributables(再頒布可能ファイル)」ページから実行できます。

    Windows Management Framework
    Windows Management Framework 3.0

    Active Roles Management Shell for Active Directory
    管理サービスを実行するには、バージョン1.7のDell One Active Roles Management Shell for Active Directoryが必要です。管理サービス・セットアップ・プログラムを使用すると、適切なバージョンのActiveRoles Management Shellが自動的にインストールされます。Active Roles Management Shellは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Solutions(ソリューション)」ページからインストールすることもできます(オプション)。

    Microsoft Exchange Server管理ツール
    Active RolesでExchange 2010の受信者を管理するには、Exchange 2010 Service Pack 3以降向けの管理ツールを、管理サービスを実行するコンピューターにインストールする必要があります。管理サービスをインストールする予定のコンピューターに管理ツールをインストールするには、Exchange Server 2010のセットアッププログラムを使用します。

    Active RolesでExchange 2007の受信者を管理するには、Exchange 2007 Service Pack 2以降向けの管理ツールを、管理サービスを実行するコンピューターにインストールする必要があります。管理サービスをインストールする予定のコンピューターに管理ツールをインストールするには、Exchange Server 2007のセットアッププログラムを使用します。

    Active RolesでExchange 2003のメールボックスの移動タスクを実行するには、Exchange 2007向けのExchange管理ツールを、管理サービスを実行するコンピューターにインストールする必要があります。

    Microsoft Exchange Server 2013のリモートシェル
    Active Rolesでは、リモートシェルでExchange 2013の受信者を管理します。リモートシェルを使用するには、管理サービスを実行するコンピューターで以下のソフトウェアが必要になります。

    Windows Server 2012またはWindows Server 2008 R2 SP1オペレーティングシステム
    Microsoft .NET Framework 4.5
    Windows Management Framework 3.0

    また、以下の要件を満たす必要があります。
    管理サービスを実行するコンピューターとリモートのExchange 2013サーバー間のTCPポート80を開く必要があります。

    管理サービスがリモートのExchange Serverに接続するために使用するユーザーアカウント(サービスアカウントまたは優先アカウント)をリモートシェルに対して有効にする必要があります。

    管理サービスを実行するコンピューターで、Windows PowerShellスクリプトを実行できるようにする必要があります。

    ドメインコントローラーのオペレーティングシステム
    以下のオペレーティングシステム(任意のエディション、Service Packの有無を問わない)を実行するドメインコントローラーでActive Directoryを管理する場合、Active Rolesの特長と機能がすべて維持されます。
    Microsoft Windows Server® 2003
    Microsoft Windows Server 2003 R2
    Microsoft Windows Server 2008
    Microsoft Windows Server 2008 R2
    Microsoft Windows Server 2012
    Microsoft Windows Server 2012 R2

    メモ
    Microsoft Windows 2000 Serverを実行するドメインコントローラーは、Dell One Active Rolesではサポートされていません。Dell One Active Rolesが管理するActive Directoryドメインに、Windows 2000 Serverベースのドメインコントローラーが含まれないようにしてください。

    Dell One Active Rolesでは、Windows Server 2003よりもドメインの機能レベルが低い管理対象ドメインは推奨されません。このため、Dell One Active Rolesが管理するドメインの機能レベルをWindows Server 2003以上に上げることをお勧めします。

    Exchange Server
    Active Rolesでは、以下のエディションのExchange Server(Service Packの有無を問わない)において、Exchange受信者を管理できます。
    Microsoft Exchange Server 2003
    Microsoft Exchange Server 2007
    Microsoft Exchange Server 2010
    Microsoft Exchange Server 2013
    メモ: Microsoft Exchange 2000 Serverはサポートされていません。

    Dell One Active Rolesコンソール(MMCインターフェイス)のハードウェア/ソフトウェア要件

    プラットフォーム
    1 GHz以上のインテルPentium互換CPU

    メモリ
    1 GB以上を推奨。必要な容量は管理対象オブジェクトの数によって決まります。

    ハードディスク容量
    約100 MBの空きディスク容量

    オペレーティングシステム
    Active Rolesコンソールは、以下のオペレーティングシステムを実行するコンピューターにインストールできます。
    Microsoft Windows Server 2008(Standard/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 2)
    Microsoft Windows Server 2008 R2(Standard/Enterprise Edition、Service Pack 1)
    Microsoft Windows 7(Ultimate/Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 1)
    Microsoft Windows Server 2012(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows Server 2012 R2(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows 8(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))
    Microsoft Windows 8.1(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))

    必要なブラウザ
    Active Rolesコンソールを使用するには、Windows Internet Explorer® 8.0以降が必要です。

    Microsoft .NET Framework
    Microsoft .NET Framework 4.5。.NET Framework 4.5のインストールは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Redistributables(再頒布可能ファイル)」ページから実行できます。


    Dell One Active Roles Webインターフェイスのハードウェア/ソフトウェア要件

    プラットフォーム
    1 GHz以上のインテルPentium互換CPU

    メモリ
    1 GB以上を推奨。必要な容量は管理対象オブジェクトの数によって決まります。

    ハードディスク容量
    約100 MBの空きディスク容量

    オペレーティングシステム
    Active Roles Webインターフェイスは、以下のオペレーティングシステムを実行するWebサーバーにインストールできます。
    Microsoft Windows Server 2008(Standard/Enterprise Edition、64ビット(x64)Service Pack 2)
    Microsoft Windows Server 2008 R2(Standard/Enterprise Edition、Service Pack 1)
    Microsoft Windows Server 2012(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows Server 2012 R2(Standard/Datacenter Edition)

    インターネットサービス
    Active Roles Webインターフェイスを使用するには、Microsoftインターネット・インフォメーション・サービス(IIS)7.0以降が必要です。
    Windows Server 2008またはWindows Server 2008 R2でWebインターフェイスを使用するには、サーバーの役割「Webサーバー(IIS)」に加え、以下の役割サービスが必要になります。

    Webサーバー/HTTP基本機能/
    静的なコンテンツ
    既定のドキュメント
    HTTPエラー
    HTTPリダイレクション

    Webサーバー/アプリケーション開発/
    ASP.NET
    .NET Extensibility
    ASP
    ISAPI拡張
    ISAPIフィルター

    Webサーバー/セキュリティ/
    基本認証
    Windows認証
    要求フィルター

    管理ツール/IIS 6管理互換/
    IIS 6メタベース互換

    Windows Server 2012またはWindows Server 2012 R2でWebインターフェイスを使用するには、サーバーの役割「Webサーバー(IIS)」に加え、以下の役割サービスが必要になります。

    Webサーバー/HTTP基本機能/
    既定のドキュメント
    HTTPエラー
    静的なコンテンツ
    HTTPリダイレクション

    Webサーバー/セキュリティ/
    要求フィルター
    基本認証
    Windows認証

    Webサーバー/アプリケーション開発/
    .NET Extensibility 4.5
    ASP
    ASP.NET 4.5
    ISAPI拡張
    ISAPIフィルター

    管理ツール/IIS 6管理互換/
    IIS 6メタベース互換

    サーバーの役割「Webサーバー(IIS)」と、必要な役割サービスがインストールされていることを確認するには、サーバーマネージャを使用します。

    また、インターネット・インフォメーション・サービス(IIS)では、以下の機能の委任を「読み取り/書き込み」に設定する必要があります。
    ハンドラマッピング
    モジュール

    これらの機能の委任が「読み取り/書き込み」に設定されていることを確認するには、インターネット・インフォメーション・サービス(IIS)マネージャの「機能の委任」を使用します。

    必要なブラウザ
    Webインターフェイスにアクセスするには、以下のWebブラウザを使用します。
    Firefox® 24(Windows)
    Google Chrome® 29(Windows)
    Safari® 5(Windows)
    Windows Internet Explorer 7
    Windows Internet Explorer 8
    Windows Internet Explorer 9
    Windows Internet Explorer 10
    Windows Internet Explorer 11

    上記以降のバージョンのFirefox、Google Chrome、Safari、Internet Explorerは、Webインターフェイスのクライアントとして使用することができます。ただし、バージョン6.9.0のWebインターフェイスのページは、上記のバージョンのWebブラウザでしかテストされていません。

    Webブラウザは、1,024 x 768以上の画面解像度を備えたシステムで実行する必要があります。

    Microsoft .NET Framework
    Microsoft .NET Framework 4.5。.NET Framework 4.5のインストールは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Redistributables(再頒布可能ファイル)」ページから実行できます。

    Dell One Active Rolesコレクタのハードウェア/ソフトウェア要件

    プラットフォーム
    500 MHz以上のインテルPentium互換CPU

    メモリ
    512 MB以上を推奨

    ハードディスク容量
    約50 MB以上の空きディスク容量。SQL Serverとコレクタを同じコンピューターにインストールする場合、必要な容量はコレクタデータベースのサイズによって決まります。

    オペレーティングシステム
    Active Rolesコレクタは、以下のオペレーティングシステムを実行するコンピューターにインストールできます。
    Microsoft Windows Server 2008(Standard/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 2)
    Microsoft Windows Server 2008 R2(Standard/Enterprise Edition、Service Pack 1)
    Microsoft Windows 7(Ultimate/Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 1)
    Microsoft Windows Server 2012(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows Server 2012 R2(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows 8(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))
    Microsoft Windows 8.1(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))

    SQL Server
    コレクタデータベースをホストするには、以下のバージョンのSQL Serverを使用します。
    Microsoft SQL Server 2005(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2008(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2008 R2(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2012(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)

    Dell One Active Rolesレポートパックのソフトウェア要件

    SQL Server Reporting Services
    Active Rolesレポートパックを使用するには、以下のいずれかのバージョンのSQL Server Reporting Servicesソフトウェアが必要です。
    Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2008 Reporting Services(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2008 R2 Reporting Services(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)
    Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services(任意のエディション、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Packの有無を問わない)

    オペレーティングシステム
    Active Rolesレポートパックは、以下のオペレーティングシステムを実行するコンピューターにインストールできます。
    Microsoft Windows Server 2008(Standard/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 2)
    Microsoft Windows Server 2008 R2(Standard/Enterprise Edition、Service Pack 1)
    Microsoft Windows 7(Ultimate/Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64)、Service Pack 1)
    Microsoft Windows Server 2012(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows Server 2012 R2(Standard/Datacenter Edition)
    Microsoft Windows 8(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))
    Microsoft Windows 8.1(Professional/Enterprise Edition、32ビット(x86)/64ビット(x64))

    Dell Software Knowledge Portal
    Active Rolesレポートパックは、以下のナレッジポータルと互換性があります。
    Dell Software Knowledge Portal 2.0
    Dell Software Knowledge Portal 2.5
    Dell Software Knowledge Portal 2.6
    Dell Software Knowledge Portal 2.7

    Dell One Active RolesのOutlook向けアドインのソフトウェア要件

    Microsoft Office Outlook
    Outlook®向けアドインを使用するには、Microsoft Office Outlook 2007以降が必要です。

    Microsoft .NET Framework
    Microsoft .NET Framework 4.5。.NET Framework 4.5のインストールは、Active RolesのDVDで表示される「Autorun(自動実行)」ウィンドウの「Redistributables(再頒布可能ファイル)」ページから実行できます。

    その他のMicrosoft Officeの機能
    Outlook向けアドインを使用するには、以下の機能も必要です。
    Microsoft Office Outlookの.NETプログラミングサポート
    Microsoft Forms 2.0 .NETプログラミングサポート

    この前提条件のソフトウェアをインストールするには、Microsoft Officeシステムのセットアッププログラムで以下のインストールオプションを選択します。
    Microsoft Office Outlookでの.NETプログラミングサポート
    OfficeツールでのMicrosoft Forms 2.0 .NETプログラミングサポート
リソースは英語で記載されています。

ドキュメントドキュメント
この製品によってITの課題をどのように解決できるかについて説明した、印刷可能な資料をダウンロードできます。
  
イベントイベント
この製品を支えるテクノロジーについて詳しく説明する、Webキャストと対面式イベントをご紹介します。
  
コミュニティコミュニティ
ユーザーおよびデルの専門家の輪に加わって、さまざまなツールにアクセスし、ベストプラクティスに関する情報を得ることによって、この製品から最大の価値を引き出せるようになります。
Dell Software | お問い合わせ

デルの専門家に問い合わせる

お客様のビジネスニーズをサポートします。

詳細を見る
Dell Software | サポート

ソフトウェア製品のサポート

お使いの製品に関するニーズに一元的に対応します。

詳細を見る
 比較できる製品は7台までです。この製品を比較するには、既に選択されているいずれかの製品を選択解除してください。
close
 
 
CS06