|

MessageStats

【オンライン限定クーポン】さらに6%Off!6/8(月)まで。クーポンコード:$QB4$216?T2WD? 他クーポンの 詳細はこちら

レポート作成のシンプル化。

Exchangeの移行準備、Lync®の使用率測定、運用効率の向上。


 

 

 
MessageStatsは、レガシーMicrosoft® Exchange Serverと新規に導入したプラットフォーム(オンプレミスのExchange、Office 365™、およびLync® Serverを含む)のどちらにも対応し、Eメールおよび統合されたMicrosoft Exchangeのレポート作成と分析の複雑さを軽減するソリューションです。このソリューションは、Exchangeの移行準備、Eメールのデータマイニングを活用したビジネス価値の抽出、Lync使用率の測定、運用効率の向上、最高のメッセージングパフォーマンスの実現、サービスレベルアグリーメント(SLA)の維持、コンプライアンス要件への準拠、セキュリティ目標とビジネス目標の達成などを支援します。新しいBusiness Insightsコンポーネントを使用すると、分かりやすく高度なメッセージングインテリジェンスでビジネスを強化および保護できます。ITスタッフとビジネスユーザーのどちらにとっても、ビジネス目標の達成に欠かせないツールとなるでしょう。

MessageStatsの主な特長は次の通りです。
広範なインテリジェンス  
メッセージングインフラストラクチャ全体のインテリジェンスを収集します。これには、Microsoft® Exchange、BlackBerry®、Lync® Server(および前世代のOCS)、Outlook® Web App、Windows Phone®、Microsoft Online(Office 365™)、Sendmail/Postfix、Archive Managerなどが含まれます。

プラットフォームのデータ収集とレポート作成 
Lync Serverなどプラットフォームテクノロジーが最大限に活用されているかどうかを判断するため、プラットフォームの使用率に関するデータを収集し、ROIを最大限に高めるための支援を提供します。課金とチャージバックのための使用率レポートを作成します。

メッセージマイニングインテリジェンス 
お使いのメッセージシステムに取り込まれている、動向およびその他の重要な情報に関するデータを取得します。 単なるデータをインテリジェンスに生まれ変わらせることにより、組織の変革と保護に役立てます。

迅速な移行
移行前に大幅な再編成が必要な領域を特定することにより、移行の期間を短縮し、コストを削減します。新しい環境の計画をサポートする重要な情報を収集します。

SLAの維持 
データの配信時間、リソースの使用状況、容量、ストレージ、割当量、監査されるメールボックスまたはドメイン、配信リスト、共有フォルダなどに関する概要と詳細情報を提供します。これにより、SLAに適合していることを経営幹部に実証できます。

監査、コンプライアンス、保護
規制に特化したレポートや内部制御レポートを作成して監査を高速化するばかりでなく、経営者、管理者、法務部および人事部のスタッフの適切なアクセスを可能にします。

ストレージの増加の追跡と予測 
現在の環境を評価し、将来的なアップグレードの計画を支援します。

カスタマイズ可能な複合ダッシュボード

400以上もあるMessageStatsパーツのライブラリから複合的なレポートを作成できます。

迅速な導入 
業務への影響やリスクのない運用が可能です。大規模かつ地理的に分散している組織でもインストールと導入が容易で、 クライアントのインストールも不要です。

自動レポート配信 
モバイルデバイス、ウェブサイト、FTPロケーション、ネットワーク共有などに向けて、毎日、毎週、毎月、または四半期ごとにレポートを送信します。
  • プラットフォーム
    Pentium 4、2.4 GHz以上

    メモリ
    3 GB

    ハードディスク容量
    ローカルドライブ上に250 MBの空き容量が必要。既存のデータベースを移行する場合はさらに空き容量が必要

    モニタ
    1024 x 768ピクセル

    その他
    ポインティングデバイスが必要
    PDFガイドを読むためにAdobe Reader 7.0以降が必要

    MessageStatsでExchangeからの情報収集を可能にする設定(Exchange追跡ログフォルダの共有やMAPIログオン用のメールボックスを指定してメールボックスとパブリックフォルダの情報を収集するなど)の詳細については、『MessageStats Quick Start Guide(MessageStatsクイックスタートガイド)』を参照してください。

    オペレーティングシステム

    MessageStats

    Microsoft® Windows® Server 2012、2008 R2(SP1)、2008(SP2)、2003 R2(SP2)、2003(SP2)
    SQL Server 2012、2008 R2(SP1)、2008(SP3)、2005(SP4)

    IIS 6.0以降

    MMCコンソール

    SQL Server 2008を使用する場合は、MessageStats MMCコンソールをホストするサーバー上にSQL Distributed Management Objects(SQL-DMO)がインストールされている必要があります。

    SQL Server 2005を使用する場合は、MessageStatsデータベース管理機能を分散インストール環境で機能させるため、SQL 2005クライアントツールが必要です。

    .NET

    Microsoft® .NET Framework 3.5

    Exchange

    Microsoft Exchange® Server 2000、2003、2007、2010(Service Packs搭載)
    Microsoft Exchange Server 2013

    必須のブラウザ
    Microsoft® Internet Explorer® 7.0以降
リソースは英語で記載されています。

ドキュメントドキュメント
この製品によってITの課題をどのように解決できるかについて説明した、印刷可能な資料をダウンロードできます。
  
イベントイベント
この製品を支えるテクノロジーについて詳しく説明する、Webキャストと対面式イベントをご紹介します。
  
コミュニティコミュニティ
ユーザーおよびデルの専門家の輪に加わって、さまざまなツールにアクセスし、ベストプラクティスに関する情報を得ることによって、この製品から最大の価値を引き出せるようになります。
Dell Software | お問い合わせ

デルの専門家に問い合わせる

お客様のビジネスニーズをサポートします。

詳細を見る
Dell Software | サポート

ソフトウェア製品のサポート

お使いの製品に関するニーズに一元的に対応します。

詳細を見る
 比較できる製品は7台までです。この製品を比較するには、既に選択されているいずれかの製品を選択解除してください。
close
 
 
CS03