|

iDRAC:OS非依存の監視とリモート制御

サーバのリモート監視/管理を実現する組み込み型ソリューション

【iDRAC6 Enterprise / vFlash】
ライザーカードにより、サーバの一連の帯域外(Out-of-Band)の完全なリモート管理を実現。

iDRAC6 Enterpriseライザーカード (有償オプション/ブレードは標準搭載)により、サーバの完全なリモート管理を実行することが可能になります。iDRAC専用のNICポートを提供する他、リモートコンソール(コンソールリダイレクション)、仮想メディアなど一連の帯域外 (Out-of-Band)管理を実現します。また、iDRAC6 Enterpriseでは、vFlash SDカードを用いて、緊急メンテナンス用のOSブートイメージを保存しておき、ハードディスクにアクセス不可能な場合でもOSを起動させることができます。

iDRAC6 Enterpriseライザーカードによるサーバの完全なリモート管理の実行

 

名称

主な機能

リモート制御iDRAC6 Enterprise
  • リモートコンソールリダイレクション
  • 仮想メディア
レスキューイメージvFlash (SD)ブータブル可能なイメージ (WinPE、Linux)
(レスキュー用途)

コンソールリダイレクション
リモートシステムに対してKVM(Keyboard、Video、Mouse)機能を提供。オフィスや自宅などの遠隔地から、サーバの操作や設定変更、メンテナンスなどの作業を行うことができます。

サーバ電源を投入した時点からの操作がリモートから可能

仮想メディア
リモートシステムのローカルメディアドライブ(CD/DVDなど)を管理対象サーバの仮想メディアとしてマウントすることが可能。修正プログラムやドライバのインストールはもちろん、仮想メディアから再起動を行うことも可能です。

vFlashの活用

利用方法の例

利用方法の例
  • ESXi SDカードの冗長化構成
  • レスキューディスクやシステムバックアップ(TrueImage等)用の
     複数ブータブルイメージ(パーティションの分割が可能)
  • ISOイメージ(OS、アプリケーション)
  • OS、ハイパーバイザなどのシステム領域(内蔵HDDレスの環境)
  • 各H/WコンポーネントのF/Wや設定情報の保管場所


【iDRAC6 Express】
組み込み型ライフサイクルコントローラと、直感的なGUIをもつUSCの連携により、サーバのリモート管理ソリューションを構成。

iDRAC6 Expressは、サーバのリモート管理ソリューションを提供する、組み込み型の管理ツールです。直感的なユーザインターフェースをもつ設定端末USC(Unified Serve rConfigurator)との連携により、OSの導入やドライバのアップデートなどを容易にする、ライフ
サイクルコントローラと共に提供されます。機種によって無償で提供されますが、有償となるものもあります。詳しくは別表を参照してください。

組み込み型ライフサイクルコントローラと直感的なGUIをもつUSCの連携によりサーバのリモート管理ソリューションを構成

主な機能

PowerEdgeシリーズiDRAC対応表

メイン画面にアクセスするだけで、主要な情報、一連の操作が可能。
メイン画面にアクセスするだけで主要な情報および一連の操作が可能

「デル ブレード製品&システム管理」ワークショップ
Dell VISなるほどセミナー
OpenManage Movies
Dell テックセンター 技術者向けコミュニティ