|

Windows 10

banner 1

これまでで最も安全性に優れた Windows 10 Pro。 

Windows 10 Pro は、これまでに開発された Windows の中で最も安全性に優れた OS です。Windows 10 なら、Microsoft が提供する最先端の優れたセキュリティ サービスで常に最新の状態を維持できるほか、エンタープライズ レベルの保護とコントロールを活用して、機密データ、デバイス、顧客の識別情報、知的財産権を守ることができます。1

SecuritySecurity 1
 


Windows 10 Proのさらなる機能
  

Windows Hello

今世界で一つだけのあなたの顔や指紋がパスワードになる生体認証。パスワードを入力する煩わしさからユーザーを開放します。2 従来の PIN、生態認証、またはコンパニオン デバイスを使用して、ユーザーの本人確認を行います。

BitLocker

BitLocker3 により、組織は強固なセキュリティを手に入れることができます。これにより、デバイスが紛失や盗難に遭った場合でも機密情報が漏れることはなく、コンプライアンスの要件を満たすことができます。


Windows Information Protection

Windows Information Protection4 により、定義したポリシーに基づきユーザーやアプリのデータへのアクセスを制限することで、偶発的なデータ漏えいを防ぎます。ビジネスに関連するデータは、保存されている場所がどこであれ、ユーザーに違和感を感じさせることなく自動的に保護されます。




1 アップデートのための要件は今後追加される可能性があります。インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
2 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載したハードウェアが必要です。
3 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以降が必要です。
4 Windows Information Protection (WIP): 設定を管理するには、モバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
5 別売りです。
6 一部の国と地域でご利用いただけます。国と地域によって、またはデバイスによって、ご利用いただけない機能やアプリがあります。
7 インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
8 Officeは別売りの場合があります。
9 タッチ操作対応のタブレットやパソコンが必要です。ペンアクセサリは別売りの場合があります。
10 Adobe Creative Suiteは別売りです。
11 ユーザーが設定で有効化する必要があります。また、ペンにはBluetoothボタンがなければなりません。



貴社のビジネスと共に成長するクラス最高の管理

Windows 10 Proは、デバイス、ユーザーID、アプリ、およびポリシーなど、複雑なIT環境の管理をこれまで以上に簡単にできるため、お客様が最も得意としていること、つまりビジネスを経営することに自信を持って集中することができます。

Security 1Security 1
 


Windows 10 Proのさらなる機能
 

Azure Active Directory 参加

Azure Active Directory (Azure AD) 参加を使用して、   Windows 10 と Office 365⁵でユーザー識別情報を共有します。PC、タブレット、スマートフォン、新しいフォーム ファクターで共有ログインを使用して、ログイン情報とパスワードをより簡単に管理します。

ビジネス向け Microsoft ストア

ビジネス向け Microsoft ストア6は、アプリを検索、取得、管理し、組織全体のWindows 10 デバイスに大量に配布するための柔軟な方法を IT の意思決定者に提供します。


ドメイン参加とグループ ポリシー

Windows 10 Pro を Windows Server5と組み合わせると、PC、ユーザー アカウント、グループを管理し、簡単にファイルやプリンターにアクセスすることができます。ユーザーやデバイスのために、具体的なセキュリティやネットワークのポリシーを定義することもできます。

Windows AutoPilot

Windows AutoPilot の機能により、新しいデバイスをエンタープライズ対応のマシンに簡単かつ迅速に変えることができます。イメージングなしで、あらゆる形態と規模の組織を満足させる柔軟な方法です。



1 アップデートのための要件は今後追加される可能性があります。インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
2 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載したハードウェアが必要です。
3 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以降が必要です。
4 Windows Information Protection (WIP): 設定を管理するには、モバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
5 別売りです。
6 一部の国と地域でご利用いただけます。国と地域によって、またはデバイスによって、ご利用いただけない機能やアプリがあります。
7 インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
8 Officeは別売りの場合があります。
9 タッチ操作対応のタブレットやパソコンが必要です。ペンアクセサリは別売りの場合があります。
10 Adobe Creative Suiteは別売りです。
11 ユーザーが設定で有効化する必要があります。また、ペンにはBluetoothボタンがなければなりません。



最高の生産性向上ツールで、作業をさらに効率化

Windows 10 Proはお客様の生産性を高めます。つまり、より素早く業務を行い、目の前にある課題に速やかに集中し、必要な時に必要なものに、どこからでもアクセスすることができるようにします。また、お客様が最適な方法で仕事に取り組むことができるようにします。

Security 1Security 1
 


Windows 10 Proのさらなる機能
  

リモート デスクトップ

いつでも、どこでも作業をすることが可能です。あらゆるデバイスから、ほぼどこにいてもあなたのデスクトップにアクセスし、ファイル、フォルダ―、アプリなどで作業を続行することができます。必要なのは、インターネット接続7とリモート デスクトップだけです。

Windows Ink

Windowsでデジタルペンを使用するのは、ペンを使って紙に書くのと同じくらい素早く、簡単です。ユーザーは、8 Officeのドキュメントを編集する、10 Adobe Photoshopなどのサードパーティ製ソフトウェアの使用時に9Windows Inkを活用する、3. ログインする前から素早くメモを取ることができ、また、11 新しいペンジェスチャによって、Windows内を直感的にナビゲートしたり、ペンを置くことなくテキストボックスに書き込んだりすることができます。




1 アップデートのための要件は今後追加される可能性があります。インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
2 Windows Hello を利用するには、指紋リーダーや顔認識センサーなどの生体認証センサーを搭載したハードウェアが必要です。
3 TPM ベースのキー保護には TPM 1.2 以降が必要です。
4 Windows Information Protection (WIP): 設定を管理するには、モバイル デバイス管理 (MDM) または System Center Configuration Manager が必要です。Active Directory を使用すると管理が容易になりますが、必須ではありません。
5 別売りです。
6 一部の国と地域でご利用いただけます。国と地域によって、またはデバイスによって、ご利用いただけない機能やアプリがあります。
7 インターネット アクセス料金がかかる場合があります。
8 Officeは別売りの場合があります。
9 タッチ操作対応のタブレットやパソコンが必要です。ペンアクセサリは別売りの場合があります。
10 Adobe Creative Suiteは別売りです。
11 ユーザーが設定で有効化する必要があります。また、ペンにはBluetoothボタンがなければなりません。