|

Windows Server 2008 サポート終了

Windows Server 2008 サポートが終了します
 企業のシステムを支えてきた サーバOS、Windows Server 2008 の延長サポートが 2020年1月14日に終了します。延長サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムを含むすべてのサポートを受けられなくなり、セキュリティ上たいへん危険な状態となります。お客様のビジネスに大きな影響をもたらす可能性があります。 

サポート終了後のOSを使い続けることはハードウェアやセキュリティ、コスト的な面でリスクをともないます。

checkmark 脆弱性によるサーバでのウイルス感染
checkmark古いサーバを維持しようとしてコストがかかってしまう
checkmark業務全体のパフォーマンスダウン




  0120-912-610
サーバおすすめ製品
オンラインでサーバを組んでみよう!

Windows Server ライフサイクル 余裕を持った移行スケジュールが重要!

Windows Server 2008のサポートが終了する2020年1月までにさまざまなイベントが盛りだくさん!
企業システムを支えているWindows 7、SQL2008のサポート終了のほか、2019年10月には消費税アップが予定されています。
サーバ移行には計画、検証、運用まで時間を要します。 IT基盤の刷新は、早期取り掛かりが重要です。


Windows Server ライフサイクル



 2020年1月14日以降なにが起こるの?
 マイクロソフト社からセキュリティ更新プログラムの提供が終了するため、脆弱性対策がとれない状態になり、安全なIT環境の維持が難しくなります。
 2020年1月14日以降なにが起こるの?