選択ガイド: グラフィックス

 

「グラフィックス」とは、PC上でデータを画像に変換(レンダリング)し、画面に表示する処理方法のことです。画面に表示されるものにはすべて何らかのグラフィックス処理が必要となります。そのため、デルのシステムには必ず何らかのグラフィックス機能が標準で組み込まれています。

内蔵グラフィックスとは、メインCPUとシステムメモリ、およびマザーボードに組み込まれた特殊なグラフィックス回路を使用してグラフィックス処理を行うシステムです。

グラフィックスカードは、グラフィックスのレンダリングに特化したアドオンハードウェアです。グラフィックスカードの主なコンポーネントはグラフィックス処理装置(GPU)です。グラフィックスカードは、システムプロセッサーでグラフィックスのレンダリングを行う代わりに、その処理をGPUにオフロードします。また、グラフィックスカードはGPU専用の追加メモリも搭載しています。

通常、専用グラフィックスカードを搭載したシステムは、内蔵グラフィックスのシステムと比較して、画像をより高速に処理し、細部まで鮮明に表示することが可能です。また、専用グラフィックスカードを搭載したシステムでは、グラフィックスの処理に割り当てられるCPUの処理能力やシステムメモリがより少なくて済むため、全体的なパフォーマンスも向上します。

現在と将来のビジネスニーズを考慮した上で、システムのグラフィックス構成を検討してください。専用グラフィックスカードには、システムの「将来のニーズに対応する」機能が備わっています。

お客様が構成中のシステムでは、ここで紹介するオプションが含まれていない場合もありますのでご了承ください。

ご希望の機能最適な製品
システムメモリやCPUの処理負荷を最小限に抑えられる、高速で高品質なグラフィックスレンダリング専用グラフィックスカード
効率的でオールラウンドなグラフィックスパフォーマンス内蔵グラフィックスカード