選択ガイド: オペレーティングシステム

オペレーティングシステムは、コンピュータで最も重要なプログラムの1つです。

— 他のプログラムを実行するために、PCには必ずオペレーティングシステムがインストールされている必要があります
— オペレーティングシステムが実行する基本的なタスクには、キーボード入力の認識、モニタへの出力、ハードディスクのファイルとディレクトリの管理、光学ドライブやプリンタなどのデバイスの制御などがあります
— オペレーティングシステムは、利用可能なネットワークにコンピュータからアクセスする方法も管理します
— Windows 10は、Windows 8.1のコア機能に加え、パーソナルデジタルアシスタントなどの画期的な新機能や無料のクラウドストレージを備えています
— Windows 10、Windows 8.1、Windows 7の機能やエディションの詳細については、下のタブをご覧ください
Windows 10が選ばれる理由:特長:
使い慣れた生産性の高いユーザーエクスペリエンス

きっと気に入っていただけるはずです。Windows 10では、すべてのモード、すべてのデバイスでアプリケーションとコンテンツが美しく表示されるよう調整されます。異なるモードやデバイスに移ったときも同様です。これにより、高い生産性を維持できます。
お持ちのデバイスに合わせて、使い慣れたユーザーエクスペリエンスを提供。                                                                                                            
  • スタートメニューとライブタイル
  • Continuum
  • Continuum for Phone
あらゆるWindowsデバイスで動作するアプリ。
  • Windowsユニバーサルアプリ
すべてのWindowsデバイスで最高の生産性を実現。
  • Office for Windows
互換性を保ちながら、最新のWeb環境を実現。
  • Microsoft Edge
  • Internet Explorer 11
使いやすく拡張性に優れた管理機能。

Windows 10では、シングルサインオン、ID管理、モバイルデバイス管理などの機能を利用して、PC、デバイス、アプリケーションをより簡単に管理することができます。
最適な管理ソリューションをお選びください。
  • モバイルデバイス管理クライアント
  • グループポリシー
構成が簡単に。
  • 動的プロビジョニング
  • インプレースアップグレード
モバイル、クラウド優先環境に適したIDを提供。
  • Azure ADへの参加(デスクトップおよびスマートフォン)
  • アプリケーション、デバイス、データへのシングルサインオン
Windowsストアを介したアプリの配布が容易に。
  • プライベートカタログ
  • Business Store
最先端の技術で、デバイスをセキュアで最新の状態に。
  • Windows Update for Business
エンタープライズレベルのセキュリティ

この数年で、セキュリティの脅威は格段に高まっています。Windows 10はこれらの脅威に対してただ大きな壁を構築するのではなく、革新的な方法でID、データ、デバイスを保護します。
ハードウェアベースのセキュリティで、マルウェアからより強力に保護します。
  • セキュアブート
IDを最新の脅威から保護。
  • Microsoft Passport
  • Windows Hello
保存場所を問わず、企業のデータを保護。
  • エンタープライズデータ保護
モバイルワーカーのアプリ毎接続でセキュリティを強化。
  • セキュアなリモート接続
幅広い革新的なデバイス。

Windows 10は、お客様がすでに所有しているさまざまなデバイスに対応するだけでなく、2-in-1デバイス、壁掛けのデバイス、新登場のホログラフィックインターフェイスなどの新しいデバイスの機能もサポートします。Windows 10では、新しい方法でのコンテンツ作成、学習、コラボレーション、視覚化が可能になります。
すでに所有しているデバイスで最新のWindowsの革新的なテクノロジーを利用可能。
  • マウスおよびキーボードの幅広いサポート
  • ハードウェア互換性
幅広い革新的なWindowsデバイスを選択可能。
  • タッチ、ペン、2-in-1デバイス
  • Surface
  • Lumia
革新的なWindowsデバイスでかつてない生産性が実現。
  • Surface Hub
  • HoloLens
最適なソリューション次のような場合 機能*
Windows 8.1 Pro Windows 8.1の全機能のほかに、以下が必要である場合: -
ドメインに参加している環境で個人用デバイス(PC、タブレット)を使用する
  • ドメイン参加
マイクロソフトとボリュームライセンス契約を結ぶ
  • ボリュームライセンスオプション
紛失や盗難に備えて、ハードドライブ全体を暗号化する
  • BitLocker®(トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)が必要)
管理対象環境で作業する
  • ドメイン参加
  • リモートデスクトップ
  • グループポリシー
  • オフラインファイル
ネットワーク上の場所、DVD、または別のドライブにバックアップする
  • 高度なバックアップ
IT部門による管理を強化する
  • 会社が支給するデバイスでユーザーが重要なアプリケーションにアクセスしやすいように、IT部門はスタート画面のレイアウトを管理できます。
Wi-Fi Direct印刷を利用する
  • Windows 8.1では、ドライバやソフトウェアを追加することなくWi-Fi Direct™プリンタに接続できます。デバイスとプリンタ間でピアツーピアネットワークを形成できます。
Miracastワイヤレスディスプレイをネイティブで使用する
  • ワイヤレスでプレゼンテーションを行えます。近距離無線通信とWi-Fi Directを使用して、Miracast対応のプロジェクタやデバイスにメディアを送信できます。
最適なソリューション次のような場合機能*
Windows 7 Home Premium ホームネットワークを構築、PCでマルチメディアエンターテインメントを再生、写真や壁紙を使ってPCをカスタマイズ
  • アドホックワイヤレスネットワークの構築
  • PC上でのTV番組の視聴、一時停止、巻き戻し、録画
Windows 7 ProfessionalWindows 7 Home Premiumの全機能が必要であり、さらに以下の場合:
— 現在はWindows 7 Professionalが必要だが、今後はWindows 8.1 Proを使用する可能性がある
Windows 8.1 EULA**で規定されているダウングレード権*を行使する 概要: この製品***では、Windows 7 ProfessionalがインストールされているPCを対象に、Windows 8.1 Proのライセンスを提供します。Windows 7 Professionalのライセンスは含まれていません。
-
  • さまざまな場所から業務を行うことを検討している中小規模の組織
  • 位置自動認識印刷機能
  • プレゼンテーション設定が可能なモビリティセンター
  • リモートデスクトップホスト
  • 組織のセキュリティ保護に懸念がある
  • ファイルシステムの暗号化
  • 高度なバックアップ
Windows 7 ProfessionalまたはUltimate(XPモード搭載)Windows 7への移行を希望しているが、使用しているアプリケーションがWindows 7に対応していないという懸念がある
  • XPモード搭載のWindows 7 — Windows XPモードは、Windows 7 ProfessionalおよびUltimateでアプリケーションの互換性を強化する新しい機能です。Windows XP用生産性アプリケーションの多くをインストールし、Windows 7ベースのPCで直接実行できるようにします。このオプションには、XPモードによるメリットに加え、Windows 7 ProfessionalまたはUltimateのすべての特長、機能が含まれます。
Windows 7 UltimateWindows 7 Professionalの全機能に加えて、以下が必要である場合:-
  • 複数の言語と複数のオペレーティングシステムによる運用に対応
  • 多言語ユーザーインターフェイス(MUI)パッケージ
  • UNIX®用サブシステム
  • PCおよびポータブルストレージデバイスのデータを暗号化し、データの損失を防止
  • BitLocker®およびBitLocker To Go®(TPMが必要)
  • 仮想プライベートネットワーク(VPN)に接続することなく、リモートから企業内ネットワークへのシームレスなアクセスが可能
  • DirectAccess®*
  • ブランチオフィスのユーザーがネットワーク上にあるファイルをダウンロードするために待つ時間を短縮
  • BranchCache®*
  • ユーザーのPCでどのようなソフトウェアが実行可能であるかを一元管理
  • AppLocker®*

*ダウングレード権をご利用のお客様は、ライセンスを所有するWindows 8.1 Proの代わりに、別のオペレーティングシステムを使用することができます。デルでは、Windows 8.1 Proの代わりにWindows 7 Professionalを使用できます。Windows 8.1 Proのライセンスを受けたPCには、一度に1つのオペレーティングシステムしかインストールできないため、Windows 8.1 ProまたはWindows 7 Professionalオペレーティングシステムのいずれかを使用することができます。この製品には、Windows 8.1の代わりにWindows 7 Professionalがインストールされていますが、BIOSにWindows 8.1 Proのライセンスが付与されているので、Windows 8.1にアップグレードする場合は、ライセンスを受けたオペレーティングシステムがPCにインストールされ、有効化されます。

**EULAは、エンドユーザーライセンス契約(End User License Agreement)の略称です。これは、PCの所有者とMicrosoftとの契約です。内容に同意すると、PCの所有者は、Windows 7 ProfessionalまたはWindows 8.1 Proを使用する権利が与えられます。参考のために、このドキュメントは次のリンクからアクセスすることもできます。http://www.microsoft.com/en-us/legal/IntellectualProperty/UseTerms/Default.aspx (英語)(手順:「Pre-Installed on your computer from the computer manufacturer?(製造元でコンピュータにプリインストール)」を選択し、「Product Name:(製品名:)」で「Windows」を、「Version:(バージョン:)」で「8.1 Pro」を、「Language:(言語:)」で使用している言語バージョンを選択してください)

***このシステムでWindows 7へのダウングレードを有効にするために、システムのBIOS設定はレガシーBIOSモードで起動するように変更されています。インストール前に、BIOS設定がネイティブUEFIモードの起動に変更されていなくても、Windows 8.1 Pro [アップデート] 製品 / Windows 8.1 Proのインストールは可能です。ただし、ネイティブUEFIモードでの起動に依存する以下のWindows 8.1 Pro [アップデート] 製品 / Windows 8.1 Proの機能は動作しません。
• セキュアブート
• シームレスな起動エクスペリエンス
• トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)を搭載したシステムでBitLockerをネットワーク経由で解除
• eDriveのサポート
Ubuntuは、Linux愛好家向けに構築された、オープンソースのオペレーティングシステムです。デルは、WindowsまたはChromeに代わるオプションとして、一部の製品にUbuntu OSを採用しています。

選択の基準

Ubuntuは次のようなお客様に最適です。

オープンソースソフトウェアに慣れているお客様
オペレーティングシステムをカスタマイズしたいお客様
代わりになるオペレーティングシステムとして、市場で最も人気があり、ライセンス料が不要なオペレーティングシステムを使用することで、コストを削減したいお客様

機能と設計

Ubuntuを使用すると、コンピュータのライフサイクル全体にわたって低いTCOを実現できます。また、Ubuntuソフトウェアセンターから何千もの無料アプリを利用することができます。
さらに、生産性を高めるオフィススイートであるLibreOfficeがUbuntuにバンドルされ、Microsoft Officeスイートとの互換性もあります。
Ubuntuは安全でセキュアなOSです。信頼性の高いアプリケーションソフトウェアリポジトリやデータ暗号化機能、マルウェアおよびウイルスに対するビルトイン保護機能を備えており、データを安全に保護します。
Ubuntu LTS(長期サポート版)では、セキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが5年間無料で提供されます。