Marius Haas, Dell inc

Marius Haasは、Dell EMCのPresident and Chief Commercial Officerです。Haasは全世界の市場参入組織を率いており、革新的で実践的なソリューションを法人のお客様に提供しています。また、世界各国のデルのチャネルパートナーと公的機関および政府機関を担当しています。現在の役職に就任する以前は、デル・エンタープライズ・ソリューション・グループのプレジデント兼最高商務責任者として、全データセンターとグローバルなクラウドソリューションの戦略と開発をエンド・ツー・エンドに担当していました。

2012年にデルへ入社する前は、Kohlberg Kravis Roberts & Co.L.P.(KKR)で、新規投資先の発見とフォローアップの責任者として活躍していました。また、運用に関する専門知識を生かして、既存のポートフォリオ企業の支援も担当していました。KKRに入社する前は、Hewlett-Packard(HP)で、ネットワーキング部門の上級副社長兼ワールドワイドジェネラルマネージャ、CEO首席補佐、戦略事業開発部門の上級副社長の役職を兼任していました。HP在職中は、買収、戦略計画、新規ビジネス立ち上げ、戦略的提携関係など数多くの取り組みを指揮しました。

それ以前には、Compaqとインテルでさまざまなシニア運用管理責任者の役割を経験しています。彼はまた、McKinsey & CompanyのCSOカウンシルおよびErnst & Young Corporate Development Leadership Networkのメンバー、Airtight Networksの理事や、Association of Strategic Alliance Professionalsの理事なども歴任し、

U.S.-China Business Councilの理事を務めています。Haasは、ジョージタウン大学で学士号を取得し、アリゾナ州グレンデールのAmerican Graduate School of Integration Management(Thunderbird)で国際経営学の修士号を取得しています。