|

環境への取り組み

デル製品の法令遵守等について

デル製品の 日本の法規・認証制度への対応

【電気用品安全法】
•対象は電源ケーブル、ACアダプター、リチウムイオンバッテリー等で、日本向けに出荷される法対象となる製品は全て適合しております。

【電波法】
•ノートブック製品・周辺機器で無線LAN機能があるものが対象で、日本向けに出荷される法対象となる製品は 適合しています。
こちらの無線認可(英語版)から認証番号等が確認いただけます。

【電気通信事業法】
•モデム機能がある製品が対象で、日本向けに出荷される法対象となる製品は 全て適合しています。

【航空法他】
2009年1月1日に危険物の航空安全輸送に関する技術指針(ICAO-TI)が改定されたことに伴い、デルではその対応を行いました。本件に関するデルの対応は以下のとおりです。
•デル製品のリチウムバッテリーはすべて、国連の試験に適合しており、危険物には該当しません。
•デルのノートブック製品は、バッテリーを機器に装着した状態で輸送いたします。そのためノートブック製品では、ラベル貼付等の対応は必要ありません。
•電池を単体で輸送する場合には、落下試験基準を満たした梱包箱にラベル等を貼付しています。
 
弊社からの出荷後に、お客様が輸送される場合には、お客様の責任において安全性の確保された梱包をご用意いただきますようお願いいたします。デル製の梱包は一度使用されていますので、同じ強度が保証されるものではありません。
 
輸送の際に必要となる各製品のバッテリー情報については、製品の安全性、EMC、環境データシート( 英語版 )(機種を選択いただき、Batteriesの欄をご覧ください。)このデータシートにも示すとおり、デルは製品を1台ずつ梱包いたしますので、各梱包における標準のバッテリーの個数は以下のとおりです。
•デスクトップ製品:1個(リチウム金属電池(ボタン式)
•サーバ製品:1個(リチウム金属電池(ボタン式))
 RAIDコントローラー(PERC)を搭載の場合は、PERC1枚につき1個追加(リチウムイオン 電池(充電式単電池)
•ノートブック製品:2個(リチウム金属電池(ボタン式)、リチウムイオン電池(充電式電池パック)
 バッテリーのMSDSについては、こちら(英語版)をご参照下さい。

電池の容量については以下のとおりです。
•リチウム金属電池(ボタン電池)のリチウム含有量は0.3g以下。
•リチウムイオン電池のリチウム含有量は100Wh以下。
•リチウムイオン電池の容量は、通常バッテリー上にWhの単位で記載されています。 上記以外については、 こちらの資料( 英語版 ) もご参照ください。

【安全規格/ EMC(電磁波)規格】
日本向けのデル製品は、下記のデータシート上に示す日本の認証を取得しています。 日本以外の認証の取得状況については、下記の情報とともに、製品上のマーク等をお客様の責任のもとでご確認下さい。デルが日本向けの製品について認証の取得を保証しているのは、日本向けの認証のみです。他国の認証については、下記のデータシート上に記載されていても電圧の違い等により日本向け製品には取得されていない場合があります。
•デル製品が取得している製品の仕様・マーク・認証は、製品の安全性、EMC、環境データシートに製品ごとに掲載されています。
•認証書等はコピーをご提供することが可能です。弊社営業(日本語)又はregulatory_compliance@dell.com(英語)まで、機種名とともにご依頼下さい。

【リチウムバッテリー】
リチウムバッテリーの輸送に関しては、上記【航空法他】をご参照下さい。

【MSDS】
•MSDSについてはこちら(英語版)をご参照ください。

【製品認証に関するその他の注意事項】
日本国内でお客様が購入されたデル製品に付属しているパーツ(電源コード、無線LAN、モデム等)や梱包箱は、日本の法規を満たしておりますが、海外各国の法規・認証を取得しているとは限りません。お客様にて輸出先の国に適合したパーツ・梱包箱の手配をしていただくようお願い致します。なお、デルでは、海外向けを含めて梱包箱の提供はいたしておりません。

環境への取り組み
>  製品の環境情報
リサイクル
 環境への取り組みトップへ戻る