デルのチームメンバーは、自分たちの地域社会を強化して社会的に良い影響をもたらすための、新しく革新的な方法を日々発見しています。 地元の慈善団体や非営利組織との協力によって、メンバーたちは若者がデジタル分野の仕事をこなせるようにしたり、恵まれない人や障害を持つ人の教育を支援したり、お腹をすかせた人への食料の提供、壊滅的な自然災害への対応などを行っています。

これは、デルがPowering the Possibleを通じて取り組んでいる活動の一環です。 デルのチームメンバーは、この考え方を最もはっきりと体現している人たちです。 メンバーは自分の時間と金銭的な貢献によって、1度の1つの活動で大きな効果をもたらしています。
チームメンバーがボランティア活動で地域社会を強化 
チームメンバーは、地域社会貢献プログラムを通じて、自分の時間、お金、経験を提供して地元の慈善団体に協力し、効果を上げています。 このプログラムを利用することで、チームメンバーは自分や同僚が熱心に支援する組織に簡単に関わることができます。 そうすることで地域社会でのつながりが形成され、そのつながりが地域とメンバーの双方にメリットをもたらして、大きく広がります。

チームメンバーが地域社会貢献プログラムに参加する方法は4つあります。
  • ボランティア活動 — デルのチームメンバーの60 %以上が、自分の時間と専門知識を活用して、慈善組織を支援するボランティア活動を行っています。
  • リーダーとして活動 — 世界中でデルの地域社会貢献プログラムのリーダーを務める人たちが、このプログラムを成功させるための鍵となります。 ビジネスユニット、現場、国ごとの署名活動でリーダーを務めるチームメンバーが、世界全体で800人以上います。
  • 活動に対する評価 — チームメンバーは、ボランティア評価プログラムのポータルサイトでボランティア活動に費やした時間を確認し、所定の時間に達した場合は、プログラムを通じて寄付金が与えられます。この寄付金は、認定されている慈善団体の中から自分が選択した団体に寄付することができます。 チームメンバーは四半期ごとにボランティア活動に費やしたとして記録された時間が10時間を越えるごとに150ドルが支給され、その金額を、厳しい審査を受けた世界中の慈善組織に対してポータルから寄付できます。
  • 寄付金 — チームメンバーは、認定された組織の中から自分が選んだ組織に寄付することもできます。 デルは、従業員1人あたり暦年1年間で10,000ドルを上限として、メンバーの寄付金と同額を補助します。
デルの社内では、このプログラムはPowering the Possible ポータルによってサポートされています。従業員はこのポータルを介して互いにつながり、ボランティア活動に参加登録したりオンラインで寄付ができ、自分が行った支援活動を追跡することもできます。 また、慈善組織がボランティア活動の機会について投稿し、必需品などその組織のニーズを伝えたり、活動状況や写真を世界全体で 100,000 人以上いるデルのチームメンバーたちと共有することができます。