|

革新的な材料: キノコ素材の梱包材

デルのイノベーションは従来のテクノロジーだけにとどまりません。デルは製品のライフサイクルの各段階が環境に与える影響を検証し、改善できる事を決定しています。この改善には、製品の梱包も含まれています。

廃棄物ゼロの梱包の実現に向けて、自然は優れたテンプレートを提供しています。デルはキノコから作られる緩衝材を実際に育て、一部の出荷製品で石油ベースの発泡スチロールの代わりに農業廃棄物を使用することで、設計に循環的なアプローチを取っています。

キノコ素材の梱包材

進化  このキノコの生物科学は、一般的な農業廃棄物を使用することに基づいています。綿実殻、もみ殻、麦の殻などを型に入れ、そこにキノコの胞子も一緒に入れます。5~10日間でキノコの基となる原基の成長が完了します。このとき、石油のような外部の燃料を使用する代わりに、農業廃棄物の中に元々存在するエネルギーを使用します。最終的な製品はキルン乾燥され、重量のある製品出荷時の緩衝材として使用されます。この材料は、石油ベースの発泡スチロールに似た外観と性質を備え、有機的で生分解性があり、堆肥や腐葉土として使用できます。