ビジネス課題
  • 倉庫での集品作業を効率化し、ペーパーレス化を行いたいと考えていた水野産業株式会社では、利用するデバイスとして、フォークリフト専用の車載端末、ハンディターミナル、iPad、格安のAndroidタブレットなどのさまざまな選択肢を検討していた。しかし、フォークリフトの振動などに耐えられるかどうかが課題だった。

   ソリューション

   導入効果
  • フォークリフトの作業員が定期的に集品リストを取りに来る手間を省き、作業効率が向上。
  • 集品リストを紙に出力して仕分けする手間も省き、ペーパーレス化を実現。
  • Windows環境で、業務に合わせたアプリを柔軟に自社開発できる。
  • 専用端末の組み込みOSとは異なり、Windowsの開発環境を使え、現場の要望に合わせた改修・改善が行える。