|

環境に配慮した設計

環境に配慮した製品の設計

デルは、製品をどのように設計するかということから始まり、製品ライフサイクルのすべての段階で、環境に配慮しています。 環境に配慮した製品を 1 つ開発するのではなく、すべての製品の設計にあたって、次のことを考慮しています。

  • より環境に配慮した素材の選択: デルは自社製品に安全な素材を使用するという点では、製品提供先の地域の要件を満たし、その要件を上回る場合も多くあります。また、デル製品の多くは、再生プラスチックなど、環境に望ましい素材を使用して設計されています。
  • 省電力性: デルのほぼすべての対象製品は、ENERGY STAR®認定に対応する構成が可能です。デルは2008年以来、ノートパソコンとデスクトップのエネルギーコストを25 %削減しました。
  • 販売終了と再利用: 接着剤や粘着剤はリサイクル業者にとって処理上の課題となることがあるため、デルは画期的なスナップ式など、別の方法を採用して同一の設計目標を達成しています。
  • 環境基準: 厳しい環境基準を満たすテクノロジーを探すときには、ENERGY STAR、EPEAT、80 PLUSプログラムといった信頼できるサードパーティのエコラベルを検討します。

より環境に配慮した素材の選択

デルは自社製品に使用する素材についても、環境に望ましい素材を使用し、環境に望ましくない素材の使用を避けることによって、より環境に配慮した選択に努めています。

デルはヨーロッパのRoHS や REACHなど、世界でも最も厳しい環境基準に準拠しています。 また、この基準に加え、デルの化学物質使用ポリシーも設定し、規制対象となっていない物質についても使用制限や不使用の対応をしています。

さらに、多くのデル製品で再生プラスチックを使用し、リサイクル循環経路の実現に役立っています。
より環境に配慮した素材の選択

省電力性

お客様の電力コストと全体的な二酸化炭素排出量を削減するため、デルは自社製品の省電力性をできるだけ高めることを重視しています。

デル製品の消費電力は世代が進むたびに少なくなっており、ノートパソコンとデスクトップの電力コストは2008年以来25 %以上削減されています。また、デル製サーバは最高113 °F/45 °Cでも長期間の稼働が保証
され、冷却装置なしで運用される可能性があっても、広範な地域で使用できます。eBay向けにモジュラー型のデータセンターも設計しました(下の写真)。これはアリゾナ州で暑さが厳しい夏期にも、屋外で使用されます。
販売終了と再利用

デルはテクノロジーのアップグレードを容易にして、お客様の作業を軽減します。 これは、製品の使用期限を長くして、お客様と地球にメリットをもたらすことにもなります。
販売終了と再利用
また、リサイクル可能な設計を採用し、製品が最終的に使用期限に達したときには、デルのリサイクルパートナー企業がその製品を解体して処分しやすくしています。

そのために、デルはそうしたパートナー企業と協力して、どのような設計が最もリサイクルしやすいかを判断しています。 この設計には、解体のしやすさ、接着剤や粘着剤の使用を最小限に抑えること、塗装剤やコーティング剤の制限も考慮するほか、リサイクル可能な素材であることを示すラベルを表示し、環境関連のパートナー企業がその素材を識別して可能な限り最適な再利用ができるようにしています。

例えば、デルの XPS 13 Ultrabook™ のボディにはポリマー強化カーボンファイバを使用し、コンピュータの軽量化とひんやりした触感を実現しています。 しかしこの素材はリサイクル適性を規定したEPEAT®の基準に適合していることも求められ、デルのリサイクル業務を行うパートナー企業が有効に再利用できることが必要とされました。