|

デルでの面接

十分に自己アピールする準備をして下さい。


面接日はあなたにとって重要な日です。面接に進むという事は、経歴書上デルが必要としている経験・スキルの要件を満たしていると言う事です。面接ではご経歴についての詳細や、あなたがそのポジションでいかに貢献できるかを直接アピールしてもらう事になりますが、その過程でデルへの適性を判断していく事になります。 あなたがチームに溶け込めるかどうか、デルの価値観を共有できるかどうか、あなたが現在および将来においてプロフェッショナルとして何を目指しているかなど、さまざまな視点から評価を進め判断します。 面接では話は多岐に渡りますが、あなたがデルについて知りたいことを聞くチャンスでもあります。
仕事の検索Search jobs at Dell

Explore our locations worldwide

世界各地のデル拠点世界各地のデル拠点

行動特性を重視するデル哲学

デルでは、候補者の直近の具体的な例を分析する事が、将来的な働きを推測する為に一番有効な手段だと信じられています。そのため会話形式の面接において、あなたの経験に焦点をあて話を進め、それがデルでの仕事にどのように活かされるかを探って行きます。

行動特性を重視する面接では、これまでに経験した仕事の詳細を、具体的な役割、成果物もしくはビジネス的な結果、その環境を中心に探って行きます。

デルのインタビューが実際にどのように行われるかを、ここでご紹介します。

  • ステップ1: 採用担当者が行う電話での選考
    • 採用担当者が、職歴や希望する給与など、基本的な情報を確認します。
  • ステップ2: 該当する職種の専門家との技術的/実務的な見地からの面接
    • 候補者の技術的/実務的専門性を理解する為、行動特性に重点を置いた質問をします。
    • このステップでは通常該当分野における専門性の高い人間が行います。例えば、職種が製品マーケティングの場合は製品マーケティングの担当者、財務の場合は財務担当者が行います。
  • ステップ 3: 上司および同僚との来社での面接
    • 1対1、またはパネルインタビューの形式で、一連の面接を行います。
    • この段階では、行動特性に重点をおいた面接を行い、該当部門や会社への適切を探って行きます。

デルが重視する行動特性を持っているかが、重要な判断基準になります。

対人能力

顧客第一主義: お客様を中心に置き行動を行う事が出来る。

個人的資質:お客様の声に耳を傾ける、責任を持つ、模範を示す、成長し学習出来る。

関係構築: 指針を示す、成長を支援する、創造を喚起する。

実行力

包括的: グローバルな視野を持つ、多様性を認める、他者と協力する、結果を考慮して行動する。

決断力: 勇気ある決断を行う、適切な情報を提供/収集する、行動する。

簡素化: 最も重要な事に注力する、作業の流れを合理化する、効果的な手段を選択する。

優秀性

戦略的思考: ビジネスに精通する、先見の明を持つ、将来に向けて計画を立てる。

革新性: 創造力に富み、必要なリスクを負う、常に向上を目指す。

  • ステップ4: 採用マネージャまたはディレクターとの最終面接
    • 最終面接でも、行動特性に重点を置いた面接を行います。また疑問、確認事項に関しては出来る限り確認を進める様にして下さい。

デルはポジションに常に最適な方を探すため時間と手間を惜しみません。

デルで面接を受ける際のコツ

デルは体系的な面接手法を取っていますが、それぞれの面接官がそれぞれのスタイルを持っており、どの面接官にも有効な極意の様なものは存在しません。ただし面接官と円滑に話を進めていく為の、いくつかのコツがあります。これらのコツを自分のものにすれば、面接で十分効果がある筈です。

事前に確認をしましょう。

面接の前に確認しておくべきことは沢山ありますが、少なくとも、応募のプロセスにきちんと沿っているか、履歴書や職務経歴書は最新の情報で用意されているか、面接の会場への行き方、面接開始時間などは事前にしっかりと確認しておきましょう。またデルのホームページなどに目を通し、デルに関する基本的な情報を頭に入れておくことも大切です。

全ての情報を正確且つ過不足なく記入されているかを再確認して下さい。

履歴書や職務経歴書の情報に誤りがある場合、選考に悪影響が生じることがあります。プロフィールを事前に見直し、入力ミスがないか、最新の連絡先情報が記載されているか等を確認して下さい。自分のスキル、能力、経験については、正確な情報を記載して下さい。

明瞭に聞き取り易く話すことを心がけましょう。

面接では緊張しがちですが、できるだけリラックスする様に心がけて下さい。いつもより少し大きい声で、ゆっくりと話すことが大切です。ただし、あまりゆっくり話すのは逆効果です。

アイコンタクトを心がけて。

積極的な姿勢をアピールするには、アイコンタクトが最も有効です。そうすることで、面接官の話を真剣に聞く姿勢や、自信を持って面接に臨んでいることが伝わります。 ただしあまり強く見つめると逆効果なので、自然にふるまう様に留意して下さい。

適度な間合いを置いて回答する様にしましょう。

難しい質問にすぐ答えられないのは当然です。適度な間合いを取ることで、質問に対し真摯に回答を考慮している姿勢が伝わります。

あなたの能力を示す具体的な例を挙げて話しましょう。

抽象的な説明は避け、仕事上の具体例を挙げる様にして下さい。その例におけるあなたの果たした役割やそのビジネス的な影響を詳細に伝える様にして下さい。

関係のない話題は避ける。

面接を受ける際に最も重要なことは、本題から外れないことです。まわりくどい表現は避け、 具体的に回答する様にして下さい。 補足説明に関しても、質問内容に関係が情報のみに限る様に心がけて下さい。

事前にいくつか質問を用意しておきましょう。

面接では、常に質問する機会が設けられています。質問をしない場合、ポジション、会社に対する興味が低いと受け取られる可能性もある為、ポジションや会社に対する質問を事前に準備しておくことが重要です。