|

新しい歴史の始まり

株式の非公開化が完了した今、デルは長期的な成長戦略を加速させ、お客様第一主義の姿勢を貫くことに全力を傾けます。

2013年2013年
  • マイケル・デルと未公開株投資会社のシルバーレイク・パートナーズ社が一般株主からデル社を買い戻した理由は、デルのソリューション戦略を促進し、技術革新に注力し、長期的な投資を可能にするためでした。これらはすべて、お客様に最大の価値を提供することを目標にしています。
  • 受賞歴のある企業向けクラウド管理ソフトウェアおよびサービスのプロバイダであるEnstratius社を買収したことも、この戦略の一環です。
  • デルは 6年ぶりに、PC向けモニタの出荷台数で世界一になりました。
  • 新しいPowerEdge VRTXは、PC Pro「Server of the Year」など、数々の業界の賞を受賞しました。この製品は、中小規模企業やリモートオフィスに、エンタープライズクラスの機能を提供する、オールインワンのクラウドです。
  • また、お客様のご要望を反映した新しいタブレットファミリー、Dell Venueの販売も開始しました。

2014

2014

  • 株式非公開化から1年が経つ中、デルは急速に成長を続け、世界トップクラスの統合IT企業となりました。収益もさらに向上し、PCおよびサーバにおける市場シェアも突出しています。 
  • 戦略に基づいた投資も積極的に行っており、データ分析で定評のあるStatSoftを買収し、第13世代PowerEdgeサーバやFXシリーズ・コンバージド・インフラストラクチャ・ソリューションなど、エンタープライズ関連の優れたイノベーションを実現しています 
  • デルは、販売製品の総テラバイト容量におけるストレージのグローバルリーダーであり、優れた価値を提供するSC4020オール・フラッシュ・アレイによって、業界の新たな基準を築いています。 デルは業界のリーダーとして、Keep America BeautifulのVision for America賞やAccenture Circular EconomyのPioneer賞を受賞し、さらにはEthisphere InstituteのWorld’s Most Ethical Companies(世界で最も倫理的な企業)に選定されるなど、世界中で数々の輝かしい評価を頂いています。

2015 2015
  • デルはこのたび、EMCを買収いたしました。これは、当社の歴史において最も大規模な戦略投資となります。両社の合併により、デルはグローバルなエンタープライズソリューションの発信基地となります。 
  • デルはクライアントビジネスにおけるイノベーションを通じて、12四半期連続でPCシェアを拡大し、Consumer Electronics Showでも優れた成果を収めています。XPS 13やデル・デジタル・ハイエンド・シリーズ5K曲面モニタなど、デルの製品は50以上もの賞を受賞し、素晴らしい評価を頂いています。
  • 非公開企業として1つの目的に集中するデルの取り組みは、お客様満足度における高評価にもつながっています。 
  • さらにデルは2007年以降、14億ポンドに相当する使用済み電子機器を回収して、新品のPCやディスプレイに再生プラスチックを使用しており、業界における世界No.1の電子廃棄物リサイクル企業としての地位も確立しています