|

第4世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー

デルは新しい第4世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーを搭載したPCを取り揃えています。インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとその機能を楽しめるデル製コンピュータを、より近くで実際に体験し、インテル製品搭載の新しいコンピュータの可能性をあなた自身で再発見してください。

インテル® Core™ i3 プロセッサー



インテル® Core™ i5 プロセッサー
インテル® Core™ i7 プロセッサー
インテル® Core™ i3 プロセッサー

同時に複数のアプリケーションを快適に操作できる応答性に優れた性能と鮮明なビジュアル、驚異的なバッテリー持続時間*1、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。
インテル® Core™ i5 プロセッサー

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーにより、高度なアプリケーションやメディアをスムーズに操作、再生できる適応性の高いパフォーマンスと、バッテリー持続時間の向上*1、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。




インテル® Core™ i7 プロセッサー

極めて要求の厳しいタスク、マルチメディア、本格的なゲームなどを軽々とこなせる最大限のパフォーマンスと、驚異的なバッテリー持続時間*1、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。

*1 バッテリー持続時間は、システム・アーキテクチャー、バッテリー容量、プロセッサーの電力効率など、多くの要因の影響を受けます。バッテリー持続時間の向上は、同じ構成のインテルのリファレンス・デザインを使用して第3 世代インテル® Core™(i7-3820QM)プロセッサーと同等クラスの第4 世代インテル® Core™(i7)プロセッサー(クアッドコア)上でMobileMark* 2007を実行した結果の比較に基づきます。特定のバッテリー性能については、各システムメーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。バッテリー性能の詳細については、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

*2 すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで提供されているものであり、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスまたはインターネットへの接続、あるいはその両方が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/security/security-at-home.html を参照してください。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です

Core™ i3

インテル® Core™ i3 プロセッサー

インテル® Core™ i3 プロセッサー
第4 世代インテル® Core™ i3 プロセッサーは、エントリーレベルの最新プロセッサー・ファミリーとして、同時に複数の作業を軽々とこなせる応答性に優れた性能、鮮明なビジュアル、驚異的なバッテリー持続時間*1、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーが可能にするスマートなマルチタスク処理により、複数のアプリケーションを簡単に切り替えられます。*3

プロセッサーに内蔵されたビジュアル機能により、ハードウェアを追加しなくても、臨場感あふれるHD、3D、およびグラフィックス性能で映画や写真、ゲームを楽しめます。 *4

強化されたセキュリティーによる安全性と驚異的なバッテリー持続時間*1 による柔軟性を確保しながら、性能と体験の違いを、目に見える形ではっきりと実感できます。第4 世代インテル® Core™ i3 プロセッサー搭載PC の高度な処理能力を体験し、新しいコンピューターの可能性をあなた自身で再発見してください。

 

 

 


*1 バッテリー持続時間は、システム・アーキテクチャー、バッテリー容量、プロセッサーの電力効率など、多くの要因の影響を受けます。バッテリー持続時間の向上は、同じ構成のインテルのリファレンス・デザインを使用して第3 世代インテル® Core™(i7-3820QM)プロセッサーと同等クラスの第4 世代インテル® Core™(i7)プロセッサー(クアッドコア)上でMobileMark* 2007を実行した結果の比較に基づきます。特定のバッテリー性能については、各システムメーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。バッテリー性能の詳細については、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

*2 すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで提供されているものであり、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスまたはインターネットへの接続、あるいはその両方が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/security/security-at-home.html を参照してください。

*3 一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで利用できます。インテル® HT テクノロジーに対応したシステムが必要です。各PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/products/ht/hyperthreading_more.htm を参照してください。

*4 すべてのPC上でビルトイン・ビジュアルが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html をご参照ください。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です

 Core™ i5

インテル® Core™ i5 プロセッサー

  

インテル® Core™ i5 プロセッサー
新しい第4 世代インテル® Core™ i5 プロセッサーは、プロセッサー・ファミリーの主力製品として、ゲーム、クリエイティブ、エンターテインメント、教育などの多彩な用途に優れた処理能力を発揮します。

このプロセッサーは、インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーにより高度なアプリケーションやメディアをスムーズに操作、再生できる適応性の高いパフォーマンスと、非常に長いバッテリー持続時間*1 、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 *5 により、作業内容に合わせて動作周波数を自動的に引き上げます。プロセッサーに内蔵された機能により、ハードウェアを追加しなくても、臨場感あふれるHD、3D、およびグラフィックス性能で映画や写真、ゲームを楽しめます。 *4 しかもバッテリー持続時間の向上により*1、長時間の駆動が可能です。

強化されたセキュリティーによって安全性を確保しながら、性能の向上を、目に見える形ではっきりと実感できます。第4 世代インテル® Core™ i5 プロセッサー搭載PC の高度な処理能力を体験し、新しいコンピューターの可能性をあなた自身で再発見してください。



 


*1 バッテリー持続時間は、システム・アーキテクチャー、バッテリー容量、プロセッサーの電力効率など、多くの要因の影響を受けます。バッテリー持続時間の向上は、同じ構成のインテルのリファレンス・デザインを使用して第3 世代インテル® Core™(i7-3820QM)プロセッサーと同等クラスの第4 世代インテル® Core™(i7)プロセッサー(クアッドコア)上でMobileMark* 2007を実行した結果の比較に基づきます。特定のバッテリー性能については、各システムメーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。バッテリー性能の詳細については、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

*2 すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで提供されているものであり、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスまたはインターネットへの接続、あるいはその両方が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/security/security-at-home.html を参照してください。

*3 一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで利用できます。インテル® HT テクノロジーに対応したシステムが必要です。各PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、
http://www.intel.co.jp/jp/products/ht/hyperthreading_more.htm を参照してください。

*4 すべてのPC上でビルトイン・ビジュアルが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、
http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html をご参照ください。

*5 インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。


Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です
Core™ i7

インテル® Core™ i7 プロセッサー 

インテル® Core™ i7 プロセッサー
新しい第4 世代インテル® Core™ i7 プロセッサーは、ゲーム、クリエイティブ、エンターテインメント、教育などの多彩な用途に優れた処理能力を発揮します。

このプロセッサーは、極めて要求の厳しいタスク、マルチメディア、本格的なゲームなどを軽々とこなせる最大限のパフォーマンスと、驚異的なバッテリー持続時間*1 、データの安全性を高める内蔵セキュリティー機能*2 を提供します。

インテル® ハイパースレッディング・テクノロジーが可能にするスマートなマルチタスク処理により、複数のアプリケーションを簡単に切り替えられます。 *3

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 により、作業内容に合わせて動作周波数を自動的に引き上げます。 *5

プロセッサーに内蔵されたビジュアル機能により、ハードウェアを追加しなくても、臨場感あふれるHD、3D、およびグラフィックス性能で映画や写真、ゲームを楽しめます。 *4 しかもバッテリー持続時間の向上により*1 、長時間の駆動が可能です。

多彩な機能を備えたインテル® Core™ i7 プロセッサーは、PC で実行できるあらゆる作業に理想的な選択肢となります。第4 世代インテル® Core™ i7 プロセッサー搭載PC の高度な処理能力を体験し、新しいコンピューターの可能性をあなた自身で再発見してください。

 

 

    
*1 バッテリー持続時間は、システム・アーキテクチャー、バッテリー容量、プロセッサーの電力効率など、多くの要因の影響を受けます。バッテリー持続時間の向上は、同じ構成のインテルのリファレンス・デザインを使用して第3 世代インテル® Core™(i7-3820QM)プロセッサーと同等クラスの第4 世代インテル® Core™(i7)プロセッサー(クアッドコア)上でMobileMark* 2007を実行した結果の比較に基づきます。特定のバッテリー性能については、各システムメーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。バッテリー性能の詳細については、http://www.intel.co.jp/ を参照してください。

*2 すべての条件下で絶対的なセキュリティーを提供できるコンピューター・システムはありません。内蔵セキュリティー機能は、一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで提供されているものであり、別途ソフトウェア、ハードウェア、サービスまたはインターネットへの接続、あるいはその両方が必要となる場合があります。結果は、システム構成によって異なります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細については、
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/security/security-at-home.html を参照してください。

*3 一部のインテル® Core™ プロセッサー・ファミリーで利用できます。インテル® HT テクノロジーに対応したシステムが必要です。各PC メーカーにお問い合わせください。性能は、使用するハードウェアやソフトウェアによって異なります。詳細については、
http://www.intel.co.jp/jp/products/ht/hyperthreading_more.htm を参照してください。

*4 すべてのPC上でビルトイン・ビジュアルが有効になっているわけではありません。最適化されたソフトウェアを必要とすることがあります。各システムメーカーにお問い合わせください。詳細は、
http://www.intel.com/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/visual-technology/intel-visual-technology-consumer.html をご参照ください。

*5 インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーおよびインテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0 は、一部のインテル® プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、
http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/architecture-and-technology/turbo-boost/turbo-boost-technology.html を参照してください。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です