|

ソフトウェア資産管理サービス

 

  ソフトウェア資産管理サービス (Software Asset Management Services)
    
ソフトウェア資産管理は、組織の IT 資産の管理と最適化に関する実証済みのプロセスと手続きが組み込まれたベストプラクティスです。ソフトウェア資産管理を導入することで、ソフトウェア投資を保護し、保有資産の内容と使用されている場所を把握し、組織においてIT資産が効率的に利用されているかを確認することができます。

企業や各種組織では、さまざまなIT資産を調達しています。しかし、必ずしも集中購買がされていて、IT管理対象の資産購入の入り口が完全に把握できているとは言い切れないケースも多いです。とりわけ、昨近ではソフトウェア資産管理の課題が多く取り上げられるようになりました。標準化されたISO19770-1規格をベースに、ソフトウェア・ライフサイクル・プロセスに合った資産管理の体制作り、運用、評価などを行うサービスを提供します。
 

 banner

ソフトウェア資産管理を実施することによりさまざまなメリットを享受できます。

• コストとビジネス リスクの管理を通して、財務状態を強化と健全化
• 既存のソフトウェア投資の最適化により、保有資産の活用
• 企業規模の拡大と成長戦略を、 ITインフラストラクチャの柔軟性と俊敏性の向上を通して実現

  ソフトウェア資産管理サービスメニュー
   
  ソフトウェア資産管理ベースラインサービス(棚卸サービス)
ソフトウェア資産を台帳化するサービスを提供します。ソフトウェア部材を含め、管理IDの無いものには管理番号も割り振ります。
ハードウェア台帳、インストール済みソフトウェア台帳、保有ライセンス台帳、ソフトウェア部材台帳の4つの基本台帳をアウトプットします。ソフトウェア資産の台帳化を行うことで、現在の運用と実態にギャップが無いかを確認することができます。
  ソフトウェア資産管理アセスメントサービス
ISO 19770-1およびITILをベースにしてソフトウェア資産管理の業務・運用・実態をコンポーネントに分割し、評価・分析を行います。評価する手法は弊社独自の判定に基づくものです。現在のソフトウェア資産管理状態を客観視するための内部指標として利用いただき、課題とそれに対する必要なアクションを把握することができます。
  Microsoft製品ソフトウェア資産管理サービス
Microsoft製品に特化したベースラインサービスと、アセスメントサービスを実施します。Microsoft製品は、製品ファミリが同じでも、購入したライセンス種別によって、使用許諾条件が変わることもあり、ライセンス種別、インストールメディア、ソフトウェア関連部材の全てに渡って整合性の取れた導入と資産管理が必要となります。製品ラインナップも、クライアントデスクトップ製品、サーバ製品、開発製品など多岐に渡っている中で、関連組織を含めた包括契約から量販店でのパッケージ製品など、調達方法もさまざまな選択肢があるため、Microsoft製品に関してより専門的に資産管理状況を確認されたい場合に非常に有効なサービスです。
  IT資産管理フルアウトソース
ハードウェア、ソフトウェアを問わず、対象となるIT資産のライフサイクル全般に関するプロセス構築から始まり、IT資産導入の企画、調達、導入展開、運用管理、廃棄に至る全てのフェーズの運用をフルアウトソースにてご提供します。
 
     
  コンテンツ
 Dell | Microsoft ソリューション
                
   お問合せ
 questionデルのマイクロソフトソリューションに関するお問い合わせは、下記メールアドレスまで。
Microsoft_Solutions@dell.com