ナレッジベース

Dell PowerEdgeサーバーで発生するRAIDおよび物理ディスクエラーメッセージの一覧とその内容


FAQ TOPに戻る



本ドキュメントでは、RAID(Redundant Array of Independent Disks)および物理ディスク(HDD)に関するエラーメッセージの一覧とその内容を紹介しています。

PowerEdge RAIDコントローラエラー障害の修復手順はこちらの記事(記事ID:SLN129828)に掲載されています。

メッセージ 内容
There are X enclosures connected to connector Y, but only maximum of 4 enclosures can be connected to a single SAS connector. Please remove the extra enclosures then restart your system. BIOSがSASコネクタ1つに接続されているエンクロージャを4つ以上検出するとこのメッセージが表示されます。追加したエンクロージャをすべて外してシステムを再起動する必要があります。
Cache data was lost, but the controller has recovered. This could be due to the fact that your controller had protected cache after an unexpected power loss and your system was without power longer than the battery backup time. Press any key to continue or 'C' to load the configuration utility. このメッセージは以下の状況で表示されます。
  • アダプタがコントローラキャッシュ内のキャッシュがディスクサブシステムにまだ書き込まれていないことを検出
  • コントローラが初期化中のキャッシュチェックルーチンを実行中にError-Correcting Code(ECC)エラーを検出
  • データの完全性が保証できないため、コントローラがキャッシュをディスクサブシステムに送るのではなく破棄。この問題を解決するには、バッテリを完全に充電します。それでも解決しない場合、バッテリまたはアダプタDIMMに問題がある可能性があります。
The following virtual disks have missing disks: (x). If you proceed (or load the configuration utility), these virtual disks will be marked OFFLINE and will be inaccessible. Please check your cables and ensure all disks are present. Press any key to continue, or 'C' to load the configuration utility. このメッセージは構成されているディスクの一部が取り外されたことを示しています。ディスクが取り外されていない場合はディスクにアクセスできなくなっています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。ケーブルに問題がない場合は何かキーを押して続行します。
All of the disks from your previous configuration are gone. If this is an unexpected message, then please power off your system and check your cables to ensure all disks are present. Press any key to continue, or 'C' to load the configuration utility. このメッセージは構成されているディスクがすべて取り外されたことを示しています。ディスクが取り外されていない場合はディスクにアクセスできなくなっています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。ケーブルに問題がない場合は[C]キーまたは何かキーを押して続行します。
The following virtual disks are missing: (x) If you proceed (or load the configuration utility), these virtual disks will be removed from your configuration. If you wish to use them at a later time, they will have to be imported. If you believe these virtual disks should be present, please power off your system and check your cables to ensure all disks are present. Press any key to continue, or 'C' to load the configuration utility. このメッセージは構成されているディスクの一部が取り外されたことを示しています。ディスクが取り外されていない場合はディスクにアクセスできなくなっています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。ケーブルに問題がない場合は[C]キーまたは何かキーを押して続行します。
The cache contains dirty data, but some virtual disks are missing or will go offline, so the cached data can not be written to disk. If this is an unexpected error, then please power off your system and check your cables to ensure all disks are present. If you continue, the data in cache will be permanently discarded. Press 'X' to acknowledge and permanently destroy the cached data. 物理ディスクが認識されないことによってディスクがオフラインになったり削除されたりすると、コントローラに仮想ディスクからの不正なキャッシュが残ります。このメッセージは構成されているディスクの一部が取り外されたことを示しています。ディスクが取り外されていない場合はディスクにアクセスできなくなっています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。Ctrl+Rユーティリティを使用して仮想ディスクをインポートするか残っているキャッシュを破棄します。
A discovery error has occurred, please power cycle the system and all the enclosures attached to this system. このメッセージは検出が120秒以内に完了しなかったことを示しています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。
Entering the configuration utility in this state will result in drive configuration changes. Press 'Y' to continue loading the configuration utility or please power off your system and check your cables to ensure all disks are present and reboot. このメッセージは、直前に構成されたディスクに問題があり変更を適用させて続行したことを示す別のBIOS警告の後に表示されます。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。ケーブルに問題がない場合は[Y]キーまたは何かキーを押して続行します。
BIOS Disabled. No Logical Drives Handled by BIOS. この警告メッセージは構成ユーティリティでROMオプションを無効にした後に表示されます。ROMオプションを無効にするとBIOSはINT 13hを起動できず、仮想ディスクから起動することもできません。Int 13hは、BIOSに送られてそこから物理ディスクに転送される多くのコマンドをサポートする割り込み信号です。コマンドには読み取り、書き込み、フォーマットなど、物理ディスクで実行できるアクションが含まれます。
Adapter at Baseport xxxx is not responding where xxxx is the baseport of the controller. Dellテクニカルサポートにご連絡ください。
There are offline or missing virtual drives with preserved cache. Please check the cables and ensure that all drives are present. Press any key to enter the configuration utility. 物理ディスクが認識されないことによってディスクがオフラインになったり削除されたりすると、コントローラに仮想ディスクからの不正なキャッシュが残ります。この残った不正なキャッシュは固定キャッシュと呼ばれ、仮想ディスクをインポートするかキャッシュを破棄するまで残ります。Ctrl+Rユーティリティを使用して仮想ディスクをインポートするか、残ったキャッシュを破棄します。残ったキャッシュの管理に使用される手順。
x Virtual Disk(s) Offline where x is the number of virtual disks failed. 仮想ディスクがオフライン状態であることをBIOSが検出するとこの警告が表示されます。仮想ディスク発生した問題を特定し修正する必要があります。BIOSからは何も実行されません。
x Virtual Disk(s) Degraded where x is the number of virtual disks degraded. 仮想ディスクが低下(Degraded)状態であることをBIOSが検出するとこの警告が表示されます。仮想ディスクを正常にする措置を取ります。BIOSからは何も実行されません。
x Virtual Disk(s) Partially Degraded. RAID 6またはRAID 60の構成で単独のディスク障害をBIOSが検出するとこの警告が表示されます。メンバーディスクが存在していない原因を確認し問題を修正する必要があります。BIOSからは何も実行されません。
A discovery error has occurred, please power cycle the system and all the enclosures attached to this system. このメッセージは検出が120秒以内に完了しなかったことを示しています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。
Memory/Battery problems were detected. The adapter has recovered, but cached data was lost. Press any key to continue. このメッセージは以下の状況で発生します。
  • アダプタがまだディスクサブシステムに書き込まれていないコントローラキャッシュ内のデータを検出
  • コントローラが初期化中のキャッシュチェックルーチンを実行中にError-Correcting Code(ECC)エラーを検出
  • データの完全性が保証できないため、コントローラがキャッシュをディスクサブシステムに送るのではなく破棄
  • バッテリの充電中です。バッテリを完全に充電しこの問題を解決します。それでも解決しない場合、バッテリまたはアダプタDIMMに問題がある可能性があるためDellテクニカルサポートにご連絡ください。
Foreign configuration(s) found on adapter. Press any key to continue, or ’C’ to load the configuration utility or ’F’ to import foreign configuration(s) and continue. コントローラファームウェアが外部メタデータのある物理ディスクを検出すると、その物理ディスクは外部としてフラグが立てられ、外部ディスクが検出されたこと示すアラートを生成します。このプロンプトで[F]キーを押し、(仮想ディスクのメンバードライブがすべて存在する場合は)BIOS設定ユーティリティを読み込まずに設定をインポートします。または、[C]キーを押してBIOS設定ユーティリティに入り外部設定をインポートまたはクリアします。
The foreign configuration message is present during POST but no foreign configurations are present in the foreign view page in CTRL+R. All virtual disks are in an optimal state. 物理ディスクがすべて認識され、仮想ディスクがすべて正常であることを確認します。Ctrl+RまたはDell OpenManage Server Administrator Storage Managementを使用して外部設定をクリアします。
注意
それまでシステム内の仮想ディスクのメンバーだった物理ディスクを取り付け、リビルドによってそのディスクのあった場所に交換ディスクが置き換わっている場合、新しく取り付けたディスクの外部設定フラグを手動で取り外す必要があります。
Previous configuration(s) cleared or missing. Importing configuration created on XX/XX XX.XX. Press any key to continue, or ’C’ to load the configuration utility. このメッセージはコントローラと物理ディスクで設定が異なることを示しています。BIOS設定ユーティリティを使用して外部設定をクリアすることができます。
Invalid SAS topology detected. Please check your cable configurations, repair the problem, and restart your system. SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。
Multibit ECC errors were detected on the RAID controller. If you continue, data corruption can occur. Contact technical support to resolve this issue. Press 'X' to continue or else power off the system, replace the controller and reboot. このエラーはPERC H700特有のものです。Multi-bit ECCエラー(MBE)はメモリで発生し、キャッシュデータを破損し破棄する可能性があります。
注意
データの破損と損失を引き起こすためMBEは深刻なエラーです。MBEエラーの場合はDellテクニカルサポートにご連絡ください。
メモ
起動時にコントローラで複数のSingle-bit ECCエラーが検出されると同じようなメッセージが表示されます。
Multibit ECC errors were detected on the RAID controller. The DIMM on the controller needs replacement. If you continue, data corruption can occur. Press 'X' to continue or else power off the system, replace the DIMM module, and reboot. If you have replaced the DIMM please press 'X' to continue . このエラーはPERC H700特有のものです。Multi-bit ECCエラー(MBE)はメモリで発生し、キャッシュデータを破損し破棄する可能性があります。
注意
データの破損と損失を引き起こすためMBEは深刻なエラーです。MBEエラーの場合はDellテクニカルサポートにご連絡ください。
Some configured disks have been removed from your system or are no longer accessible. Check your cables and ensure all disks are present. Press any key or ’C’ to continue. このメッセージは構成されているディスクの一部が取り外されたことを示しています。ディスクが取り外されていない場合はディスクにアクセスできなくなっています。SASケーブルが正しく接続されていない可能性があります。ケーブルの接続を確認し、何かあれば修復します。システムを再起動します。ケーブルに問題がない場合は[C]キーまたは何かキーを押して続行します。
The battery is currently discharged or disconnected. Verify the connection and allow 30 minutes for charging. If the battery is properly connected and it has not returned to operational state after 30 minutes of charging then contact technical support for additional assistance. メモ
このメッセージは、仮想ディスクのポリシーによってバッテリのないコントローラで表示される場合があります。
  • コントローラのバッテリが認識されていないか、現在アクセスできなくなっています。30分後にまだ改善していない場合はDellサポートにご連絡ください。
  • コントローラのバッテリの充電が完全になくなっているためアクティブになるまで充電する必要があります。まずバッテリを充電し、その後システムが検出するまで数分待ちます。
問題 ソリューションの提案
コントローラはデバイスマネージャに表示されるが黄色い感嘆符(!)が表示される ドライバを再インストールします。ドライバの再インストールについての詳細は「ドライバインストール」をご参照ください。
Microsoft Windows Server 2003またはMicrosoft Windows XPのメディアベースのインストール中、以下が原因でハードドライブが見つからないメッセージが表示される
  1. ドライバが元々オペレーティングシステムにない
  2. 仮想ディスクが正しく構成されていない。コントローラBIOSが無効になっている。
対応するソリューションは以下の通りです。
  1. インストール中に[F6]キーを押しRAIDデバイスドライバをインストールします。
  2. BIOS設定ユーティリティに入り仮想ディスクを構成します。BIOS設定ユーティリティに入りBIOSを有効にします。仮想ディスク設定の情報。
問題 ソリューションの提案
ディスクアレイの物理ディスクのうち1つがFailed状態 以下の手順に沿って問題を解決します。
  1. バックプレーンが破損していないか確認します。
  2. SASケーブルを確認します。
  3. 物理ディスクを抜き差しします。
  4. 解決しない場合はDellテクニカルサポートに連絡します。
フォールトトレラントの仮想ディスクをリビルドできない 交換ディスクの容量が小さすぎるか仮想ディスクと互換性がありません。故障したディスクを互換性のある同容量または容量の大きい物理ディスクを交換します。
物理ディスクが1つ以上Blockedと表示され設定できない PERC H700およびPERC H800コントローラではDell認定のSASおよびSATAハードディスクドライブ(HDD)とソリッドステートドライブ(SSD)のみをサポートしています。Dell認定のドライブを使用していてもこの問題が続く場合は以下の手順を実行します。
  1. バックプレーンが破損していないか確認します。
  2. SASケーブルを確認します。
  3. 物理ディスクを抜き差しします。
問題 内容/ソリューション
不揮発性の設定を読み込み中にエラー発生 ファームウェアからの設定のいずれかを読み込むエラー。コントローラを抜き差しし再起動します。
現在のコントローラの設定を読み込み中にエラー発生 コントローラのセットアップおよび初期化に失敗。システムを再起動します。
詳細デバイスプロパティ(Advanced Device Properties)設定が見つからない ファームウェアからの重要な構成ページの読み込みに失敗。ファームウェアを再適用し再起動します。
PHYプロパティ設定情報を取得するエラー ファームウェアからの重要な構成ページの読み込みに失敗。ファームウェアを再適用し再起動します。
Configuration Utility Options Imageチェックサムエラー Configuration Utilityオプションをフラッシュから正しく読み取れませんでした。再起動し再度試します。解決しない場合はコントローラのファームウェアを再適用します。
デフォルトのConfiguration Utilityオプションを読み込めない Configuration Utilityのオプション構造へのメモリの割り当てに失敗。
不揮発性の設定を書き込み中にエラー発生 1つ以上の設定をファームウェアに書き込む際にエラーが発生します。
問題 ソリューションの提案
複数のディスクが同時にアクセスできなくなってから物理ディスクをリビルドする 単独アレイ内の複数の物理ディスクエラーは通常配線または接続の障害を示していて、データの損失につながる可能性があります。複数の物理ディスクが同時にアクセスできなくなってから仮想ディスクを復旧させることができます。以下の手順に沿って仮想ディスクを復旧します。
注意
静電気防止のため安全上の注意に従ってください。
  1. システムの電源を切り、ケーブルの接続を確認して物理ディスクを抜き差しします。
  2. ドライブがすべてエンクロージャ内にあることを確認します。
  3. システムに電源を投入してCtrl+Rユーティリティに入り外部設定をインポートします。プロンプトで[F]キーを押して設定をインポートするか、[C]キーを押してBIOS設定ユーティリティに入り外部設定をインポートまたはクリアします。仮想ディスクが冗長で、Offlineになる前にDegraded状態に移行していた場合、設定がインポートされると自動的にリビルド操作が開始します。仮想ディスクがケーブルの抜去または電源喪失の状況によって直接Offline状態になっていた場合、リビルドすることなくOptimal状態で仮想ディスクがインポートされます。BIOS設定ユーティリティまたはDell OpenManage Storage Managementアプリケーションを使用して複数の物理ディスクを手動でリビルドすることもできます。
物理ディスクのうち1つがFailed状態になってからリビルドする ホットスペアを設定していた場合、PERC H700またはPERC H800コントローラは自動的にそのうちの1つを使用してFailed状態の物理ディスクをリビルドしようとします。Failed状態の物理ディスクをリビルドするのに容量の十分なホットスペアがない場合、手動でのリビルドが必要です。物理ディスクをリビルドする前に容量の十分な物理ディスクをサブシステムに取り付ける必要があります。BIOS設定ユーティリティまたはDell OpenManage Storage Managementアプリケーションを使用して物理ディスクを個別で手動リビルドすることもできます。
グローバルホットスペアを使用してリビルド中に仮想ディスクが失敗する グローバルホットスペアはHotspare状態に戻り、仮想ディスクはFailed状態になります。
専用ホットスペアを使用してリビルド中に仮想ディスクが失敗する 専用ホットスペアはReady状態になり、仮想ディスクはFailed状態になります。
ホットスペアのある冗長仮想ディスクで復旧作業中に物理ディスクが失敗する 復旧完了後、アクセスできない物理ディスクに対するリビルド操作が自動的に開始されます。
物理ディスクのリビルドに思っていたよりも時間がかかる 高負荷の状態では物理ディスクのリビルドに時間がかかります。例えば、5つのホストI/O操作ごとに1つのリビルドI/O操作がある状況です。
ディスクグループにある仮想ディスクがリビルド中は、2つめの仮想ディスクをそのディスクグループ追加できない 仮想ディスクグループ内の物理ディスクがリビルド中の場合、ファームウェアではディスクグループの空き容量を使用して仮想ディスクを作成することはできません。
問題 ソリューションの提案
冗長仮想ディスク内の物理ディスクでSMARTエラーを検出 以下の手順を実行します。
  1. 物理ディスクを強制的にオフラインにします。
    メモ
    ホットスペアがある場合、ドライブが強制的にオフラインになるとホットスペアを使用してリビルドが開始されます。
  2. 同容量または容量の大きい新しい物理ディスクと交換します。Replace Member操作を実行します。Replace Member操作によりデータを仮想ディスクのソース物理ディスクから仮想ディスクを構成していない該当の物理ディスクにコピーすることができます。
非冗長仮想ディスク内の物理ディスクでSMARTエラーを検出 以下の手順を実行します。
  1. データをバックアップします。
  2. Replace Memberまたはグローバルホットスペアを設定し自動的にディスクを交換します。
  3. 該当の物理ディスクを同容量または容量の大きい新しいディスクと交換します。
  4. バックアップからリストアします。
Consistency Check(CC)中にSMARTエラーが発生 SMARTエラーが発生した際のCC操作の実行方法を指定します。
はいいいえの2つの設定があります。いいえはデフォルトの設定で、最初に発生したエラーでCCを続行することができます。はいの設定は最初にエラーが発生した際にCCを停止します。CC中にエラーが発生すると、イベントログにイベントが生成されます。

メモ:OMSAを使用して物理ディスクをオフラインにする方法はこちらの記事(記事ID:SLN301695)に掲載されています。

問題 ソリューションの提案
Replace Member操作中にソースドライブが失敗する 仮想ディスク内の別のドライブからソースデータを利用できる場合、別のドライブのデータを使用してターゲットドライブで自動的にリビルドが始まります。
ターゲットドライブが失敗する ターゲットドライブが失敗した場合、Replace Member操作は中止します。
別のドライブが失敗する ターゲットドライブが失敗してReplace Member操作が中止してもソースデータが利用できる状態であれば、Replace Member操作はReplace Memberとして続行します。
エラーメッセージ ソリューションの提案
<Date:Time> <HostName>
kernel: sdb: asking for
cache data failed
<Date:Time> <HostName>
kernel: sdb: assuming
drive cache: write
through
このエラーはLinux Small Computer System Interface(SCSI)中間レイヤが物理ディスクキャッシュの設定を求めると表示されます。コントローラファームウェアが仮想ディスクキャッシュをコントローラごとおよび仮想ディスクごとに管理しているため、ファームウェアはこのコマンドに応答しません。Linux SCSI中間レイヤは仮想ディスクのキャッシュポリシーをWrite-Throughと仮定します。SDBは仮想ディスクのデバイスノードです。この値は各仮想ディスクで変化します。

このメッセージを除いて、通常の操作でこの動作の影響はありません。仮想ディスクのキャッシュポリシーとI/Oスループットはこのメッセージの影響を受けません。PERC H700とPERC H800 SAS RAIDシステムのキャッシュポリシー設定は変更されないままです。
Driver does not auto-build into new kernel after customer updates. このエラーはDynamic Kernel Module Support(DKMS)の一般的な問題で、DKMSが有効なドライバパッケージすべてに当てはまります。以下の手順を実行するとこの問題が発生します。
  1. DKMSが有効なドライバパッケージをインストールします。
  2. up2dateまたは同様のツールを実行しカーネルを最新のバージョンにアップグレードします。
  3. 新しいカーネルから再起動します。
新しいカーネルで動作しているドライバは、新しいカーネルに元々あるドライバです。この前に新しいカーネルにインストールしたドライバパッケージは新しいカーネルでは有効になりません。以下の手順に沿ってドライバを新しいカーネルで自動ビルドします。
  1. dkms build -m <module_name> -v<module version> -k <kernel version>と入力します。
  2. dkms install -m <module_name> - v <module version> -k <kernel version>と入力します。
以下を入力しドライバが新しいカーネルに問題なくインストールされたか確認します。
DKMS
以下の詳細が表示されます。
<driver name>, <driver version>, <new kernel version>: installed
smartd[smartd[2338] Device: /dev/sda, Bad IEC (SMART) mode page, err=-5, skip device これは既知の問題です。ユーザーアプリケーションを通してサポートされていないコマンドが入力されました。ユーザーアプリケーションはCommand Descriptor BlocksをRAIDボリュームに向けようとします。
エラーメッセージは機能性に影響しません。
smartd[2338] Unable to register SCSI device /dev/sda at line 1 of file /etc/smartd.conf Mode Sense/Selectコマンドはコントローラのファームウェアでサポートされています。ただし、LinuxカーネルdaemonはコマンドをIOCTLノードのドライバではなく仮想ディスクに発行します。この動作はサポートされていません。
物理ディスクキャリアのLEDは各物理ディスクの状態を示しています。エンクロージャ内の各ドライブキャリアには、以下の通りアクティビティLED(緑色)とステータスLED(2色、緑色/橙色)の2つのLEDがあります。ドライブがアクセスされているとアクティビティLEDは常に点滅しています。
LED 説明
消灯 スロットが空、システムがドライブを検出していない
緑点灯 ドライブはオンライン
緑点滅(250ミリ秒[ms]) ドライブが識別されている、または取り外し準備中
緑点滅(400ms点灯、100ms消灯) ドライブがリビルド中、またはReplace Member操作進行中
橙点滅(125ms) ドライブが故障
緑/橙点滅(500ms緑点灯、500ms橙点灯、1000ms消灯) ドライブが予測エラーを報告
緑点滅(3000ms緑点灯、3000ms消灯、3000ms橙点灯、3000ms消灯) ユーザー要求またはその他障害のない状態でドライブがスピンダウン

関連リンク

FAQ TOPに戻る


[ダウンタイムをより少なくしたいお客様へ]
[解決までの工数をより少なくしたいお客様へ]

デル・サポートアシストは障害通知と診断情報の収集・送付を
24時間365日自動で行います!
詳細はこちら



 コメント募集中!
この記事に関するご意見、ご要望をページ下部のコメント欄よりお寄せください。
記事編集者にてコメントを確認し記事の改善に役立てさせていただきます。
*コメント欄では製品に関するお問い合わせは受け付けておりません。お手数ですが弊社テクニカルサポートまでご連絡ください。


記事ID: SLN129432

最終更新日: 2017/05/25 03:19


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
フィードバック内に無効な文字が含まれています。以下の特殊文字は利用できません <> ( ) &#92;
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

ご協力ありがとうございます。フィードバックが送信されました。