ナレッジベース

Alienwareがクラッシュしてブルースクリーンエラーが発生する


Alienwareがクラッシュしてブルースクリーンエラーが発生します


この文書では、お使いのコンピュータのBSODの対処法を説明します。 ブルースクリーンはWindowsのSTOPエラーメッセージで、コンピュータのソフトウェアまたはハードウェアの異常を警告します。


サポートされているシステム:

Alienwareデスクトップ Dell™ Alienwareノートパソコン Alienwareゲーミングコンソール

死のブルースクリーン(BSoDまたはブルースクリーンとも呼ばれる)は、正式にはSTOPエラーまたはバグチェックとして知られています。Microsoft Windowsファミリーのオペレーティングシステムで回復不可能な重大エラーが発生したときに表示されるエラー画面で、システムがクラッシュする原因となります。 ブルースクリーンは次の場合に表示されることがあります。

  • データの損失を伴わずに回復ができないエラーがWindowsで検出された場合
  • 重大なOSデータが破損していることがWindowsで検出された場合
  • 回復不可能な状態でハードウェアに障害が発生したことがWindowsで検出された場合

オンラインでのDiagnostics(診断)の実行

フルスキャン ブルー・スクリーン・チェッカー

ブルー・スクリーン・チェッカーを使用すると、エラーコードと推奨するトラブルシューティングステップの詳細を取得できます。

Windowsがロードされる前にコンピュータがクラッシュしてブルースクリーンが表示される場合は、次の手順を試してください。

  1. システムの電源を入れます。
  2. 「Windowsの問題解決と拡張起動オプションについては、F8キーを押してください。」というメッセージが表示されたら、<F8>キーを押します。
  3. 「システム障害時の自動的な再起動を無効にする」を選択します。 このオプションを選択すると、次回にエラー画面が表示されたときに再起動せずに、コンピュータはエラー画面で停止します。
  4. 再度エラー画面を表示させます。 最終行でSTOPエラーコードを探します。

ブルー・スクリーン・エラーが表示されない場合は、以下のステップをお試しください。

  1. 「スタート」メニューをクリックします。
  2. 「コンピュータ」を右クリックします。 「プロパティ」を選択します。
  3. 左側のペインで、「システムの詳細設定」を選択します。
  4. 「詳細設定」タブの「起動と回復」「設定」をクリックします。
  5. 「システム エラー」で、「自動的に再起動する」チェックボックスをオフにします

BlueScreenによる解決策

ブルー・スクリーン・エラー・コードをクリックして、詳細なトラブルシューティングステップを表示します

  • システムの電源を入れます。
  • 「Windows の問題解決と拡張起動オプションについては、F8 キーを押してください。」というメッセージが表示されたら、<F8>キーを押します。
  • [前回正常起動時の構成]を選択します。
この手順は、何らかの変更によってシステムが正常に起動されなかった場合にのみ有効です。

Bootrec.exeツールを実行するには、Windows REを起動する必要があります。 この処理を実行するには、次の手順に従います。

  1. リカバリDVD、USBフラッシュドライブ、またはResource DVD Driversディスクをディスクドライブに入れて、コンピュータを起動します。
  2. プロンプトが表示されたら、キーを押します。
  3. 言語、時間、通貨、キーボードまたは入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。
  4. [Repair your computer](コンピュータを修復する)をクリックします。
  5. 修復するオペレーティングシステムをクリックして、「次へ」をクリックします。
  6. 「システム回復オプション」ダイアログボックスで、「コマンド プロンプト」をクリックします。
  7. 「Bootrec.exe」と入力して、ENTERキーを押します。

/FixMbrオプションでは、Windows 7およびWindows 8のMBRをシステムパーティションに書き込みます。 このオプションで既存のパーティションテーブルが上書きされることはありません。 MBRの損傷問題を解決する場合、またはMBRから標準以外のコードを削除する場合に、このオプションを使用します。

/FixBootオプションでは、Windows 7と互換性のあるブートセクタを使用して、新しいブートセクタをシステムパーティションに書き込みます。 次のいずれかの状況に当てはまる場合にこのオプションを使用します。

  1. ブートセクタが標準以外のWindows 7ブートセクタに置き換えられた。
  2. ブートセクタが損傷している。
  3. Windows 7をインストールした後に旧バージョンのWindows OSをインストールされた。 この場合、コンピュータはWindows ブート マネージャー(Bootmgr.exe)ではなく、Windows NT ローダー(NTLDR)を使用して起動します。
  • コンピュータを再起動し、Alienwareロゴ画面が表示されたらF2キーを押して、システムセットアップ(BIOS)に入ります。
  • 「SATA Operation」の設定を確認し、次のように設定を変更して、コンピュータを再起動します。
    • 設定が「RAID / ATA」の場合: 設定を「RAID Autodetect / AHCI」に変更
    • 設定が「RAID / AHCI or IRST」の場合: 設定を「RAID Autodetect / ATA」に変更
    • 設定が「RAID On or Combination」の場合: 設定を「RAID Autodetect / AHCI」に変更
  • 設定を変更しても問題が解決しない場合は、「SATA Operation」を初期値にリセットします。
  1. ウイルスがないかスキャンします。
  2. Dell ePSA診断を実行します。
  3. Dell Support Assist「ストレス」テストを実行します。
  4. 以下を実行します クリーンブート
  5. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  6. Windowsの更新プログラムを実行します。
  7. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  8. チップセット、ワイヤレスドライバ、およびビデオドライバをアップデートします。
  1. BIOSにアクセスし(起動中にF2キーを押す)、「Advanced(詳細)」に移動して、「SpeedStep」オプションを無効にします。
  2. システムが工場出荷時の設定からオーバークロックされているかどうかを確認します。 該当する場合は、オーバークロック機能を無効にします。
  3. 実行 Dell ePSA診断
  4. クリーンブートを実行します。
  5. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  6. Windowsの更新プログラムを実行します。
  7. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト
  8. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  9. Windowsによる仮想メモリの自動管理を「カスタムサイズ」に変更します。 仮想メモリを、最小2048MB、最大4096MBに設定することをお勧めします。
    1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。「システムとメンテナンス」をクリックし、「システム」をクリックします。これで、「システム」が開きます。
    2. 左ペインで、「システムの詳細設定」をクリックします。


    3. 「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。


    4. 「詳細設定」タブをクリックし、「仮想メモリ」の「変更」をクリックします。


    5. 「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスをオフにします。


    6. 「ドライブ[ボリュームラベル]」で、変更するページングファイルを含むドライブをクリックします。
    7. 「カスタムサイズ」をクリックし、「初期サイズ(MB)」または「最大サイズ(MB)」ボックスに新しいサイズをメガバイト単位で入力します。「設定」をクリックし、「OK」をクリックします。

重要: 仮想メモリを、最小2048 MB、最大4096 MBに設定することをお勧めします。
  1. ブルースクリーンが参照しているファイルドライバを確認します。
  2. ドライバを以前のバージョンにロールバックします。
  3. 以前のバージョンでうまくいかない場合はドライバを新しいバージョンにアップデートします。
  4. 以下を実行します クリーンブート
  5. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  6. Windowsの更新プログラムを実行します。
  7. 実行 Dell ePSA診断
  8. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト
  9. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  1. システムが工場出荷時の設定からオーバークロックされているかどうかを確認します。 該当する場合は、オーバークロック機能を無効にします。
  2. 以下を実行します クリーンブート
  3. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  4. Windowsの更新プログラムを実行します。
  5. 実行 Dell ePSA診断
  6. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト
  7. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  8. チップセット、ワイヤレスカード、およびビデオカードのドライバを更新します。
  9. Windowsによる仮想メモリの自動管理を「カスタムサイズ」に変更します。 仮想メモリを、最小2048MB、最大4096MBに設定することをお勧めします。
    1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。「システムとメンテナンス」をクリックし、「システム」をクリックします。これで、「システム」が開きます。
    2. 左ペインで、「システムの詳細設定」をクリックします。


    3. 「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。


    4. 「詳細設定」タブをクリックし、「仮想メモリ」の「変更」をクリックします。


    5. 「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスをオフにします。


    6. 「ドライブ[ボリュームラベル]」で、変更するページングファイルを含むドライブをクリックします。
    7. 「カスタムサイズ」をクリックし、「初期サイズ(MB)」または「最大サイズ(MB)」ボックスに新しいサイズをメガバイト単位で入力します。「設定」をクリックし、「OK」をクリックします。

  1. BIOSにアクセスし(起動中にF2キーを押す)、「Advanced(詳細)」に移動して、「SpeedStep」オプションを無効にします。
  2. スリープまたは休止状態の後にコンピュータにBSODが発生するか検証します。
  3. ノートパソコンを使用している場合は、ACアダプタが推奨品であることを確認します。 デスクトップコンピュータを使用している場合は、ビデオカードのビデオカード電源コネクタプラグが正しいことを確認します。 電源ユニット(PSU)が弱い場合はブルースクリーンエラーが発生する可能性があります。
  4. システムが工場出荷時の設定からオーバークロックされているかどうかを確認します。 該当する場合は、オーバークロック機能を無効にします。
  5. 以下を実行します クリーンブート
  6. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  7. 「デバイスマネージャ」に移動し、「ネットワークデバイス」を確認して、「電源の管理」タブの下にある「コンピュータで電源をオフにできるようにする」をオフにします。
  8. Windowsの更新プログラムを実行します。
  9. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  10. チップセット、ワイヤレスカード、およびビデオカードのドライバをアップデートします。
  11. BSODコードを取得する場合は、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff542347.aspxを参照してください。
  12. 実行 Dell ePSA診断
  13. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト
  14. Windowsによる仮想メモリの自動管理を「カスタムサイズ」に変更します。 仮想メモリを、最小2048MB、最大4096MBに設定することをお勧めします。
    1. 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」をクリックします。「システムとメンテナンス」をクリックし、「システム」をクリックします。これで、「システム」が開きます。
    2. 左ペインで、「システムの詳細設定」をクリックします。


    3. 「詳細設定」タブで、「パフォーマンス」の「設定」をクリックします。


    4. 「詳細設定」タブをクリックし、「仮想メモリ」の「変更」をクリックします。


    5. 「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」チェックボックスをオフにします。


    6. 「ドライブ[ボリュームラベル]」で、変更するページングファイルを含むドライブをクリックします。
    7. 「カスタムサイズ」をクリックし、「初期サイズ(MB)」または「最大サイズ(MB)」ボックスに新しいサイズをメガバイト単位で入力します。「設定」をクリックし、「OK」をクリックします。

重要: 仮想メモリを、最小2048 MB、最大4096 MBに設定することをお勧めします。
  1. 前回正常起動時の構成を使用して起動してみます。
  2. システムの電源を入れます。
  3. 「Windows の問題解決と拡張起動オプションについては、F8 キーを押してください。」というメッセージが表示されたら、<F8>キーを押します。
  4. [前回正常起動時の構成]を選択します。 メモ: この手順は、何らかの変更を加えた後で、システムが正常に起動しなくなった場合にのみ有効です。
  5. コンピュータを起動したら「F12」を押して、PSA/32 Bit Diagnostics(PSA/32ビット診断)を実行します。
  6. 以下を実行します クリーンブート
  7. Windowsの更新プログラムを実行します。
  8. 実行 Dell ePSA診断
  9. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト

次のステップを実行して、プロセッサーが動作しているかどうか判断します。

  1. BIOSのデフォルト設定をロードします。
  2. オーバークロックレベル1をロードします(該当する場合)。
  3. オーバークロックレベル2をロードします(該当する場合)。
  4. 実行 Dell ePSA診断
  5. 実行 Dell Support Assist 「CPU負荷」テスト
  6. 問題が解決しない場合は、プロセッサーの交換が必要です。
  1. PCIバスの致命的なエラーの原因であるハードウェアコンポーネントを特定し、そのデバイスを抜き差しし、監視します。
  2. 実行 Dell ePSA診断
  3. 実行 Dell Support Assist 「負荷」テスト
  4. 他のスロットとモニタに取り付けられているその他のPCIデバイスを取り外し監視します。
  1. 前回正常起動時の構成を使用して起動してみます。
  2. システムの電源を入れます。
  3. 「Windows の問題解決と拡張起動オプションについては、F8 キーを押してください。」というメッセージが表示されたら、<F8>キーを押します。
  4. [前回正常起動時の構成]を選択します。 メモ: この手順は、何らかの変更によってシステムが正常に起動されなかった場合にのみ有効です。
  5. Windows回復環境を実行してから「chkdsk c: /r」を実行し、ファイルシステムを修復してハードドライブにエラーがないかを確認します。 chkdsk.exeツールを実行するには、Windows REを起動する必要があります。 この処理を実行するには、次の手順に従います。
    1. Resource DVD Driversディスクをディスクドライブに入れて、コンピュータを起動します。
    2. プロンプトが表示されたら、キーを押します。
    3. 言語、時間、通貨、キーボードまたは入力方法を選択し、「次へ」をクリックします。
    4. [Repair your computer](コンピュータを修復する)をクリックします。
    5. 修復するオペレーティングシステムをクリックして、「次へ」をクリックします。
    6. 「システム回復オプション」ダイアログボックスで、「コマンド プロンプト」をクリックします。
    7. 「chkdsk.exe c: /r」と入力し、ENTERキーを押します。
  6. Windows 7をインストールした後に旧バージョンのWindows OSをインストールされた。 この場合、コンピュータはWindows ブート マネージャー(Bootmgr.exe)ではなく、Windows NT ローダー(NTLDR)を使用して起動します。
  7. コンピュータを再起動し、Dellロゴ画面が表示されたらF2キーを押して、BIOSに入ります。
  8. 「SATA Operation」の設定を確認し、次の手順に従って設定を変更して、コンピュータを再起動します。
    1. 設定が「RAID Autodetect / ATA」の場合: 設定を「RAID Autodetect / AHCI」に変更
    2. 設定が「RAID Autodetect / AHCI or IRRT」の場合: 設定を「RAID Autodetect / ATA」に変更
    3. 設定が「RAID On or Combination」の場合: 設定を「RAID Autodetect / AHCI」に変更
  9. 設定を変更しても問題が解決しない場合は、「SATA Operation」を初期値にリセットします。
  1. ウイルスがないかスキャンします。
  2. 実行 Dell ePSA診断
  3. 実行 Dell Support Assist 「ハードドライブShort Test」
  4. 以下を実行します クリーンブート
  5. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。
  6. Windowsの更新プログラムを実行します。
  7. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  8. チップセット、ワイヤレスドライバ、およびビデオドライバをアップデートします。
  1. AC/アダプタが正しくBIOSで検知されることを確認します(ノートパソコンおよびデスクトップ(AlphaおよびX51)に適用されます)。
  2. Video Card Power Cable for Desktops(デスクトップ用のビデオカード電源ケーブル)」で正しい電源ケーブルを検証します。
  3. Windowsの更新プログラムを実行します。
  4. システムのBIOSバージョンを確認します(必要に応じて、最新バージョンに更新します)。
  5. チップセット、ワイヤレスドライバ、およびビデオドライバをアップデートします。
  6. 実行 Dell ePSA診断
  7. 実行 Dell Support Assist 「ビデオカードの負荷テスト」
  8. 以下を実行します クリーンブート
  9. コンピュータをテストしてBSODが表示されない場合、「サービス」および「スタートアップ」の各アプリケーションをひとつずつ再度有効にして、BSODの原因となっているアプリケーションを検出します。

トップに戻る


Can't find what you are looking for?
Reach out to our experts on:

Twitter AlienwareServices Facebook Alienware Arena



記事ID: SLN129509

最終更新日: 2017/03/17 12:49


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
フィードバック内に無効な文字が含まれています。以下の特殊文字は利用できません <> ( ) &#92;
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

ご協力ありがとうございます。フィードバックが送信されました。