ナレッジベース

DellノートブックPCのACアダプタのエラーメッセージのトラブルシューティング



この文書では、DellノートブックPCの電源をオンにしたときの、ACアダプタのエラーメッセージまたは警告を解決するためのトラブルシューティング手順を説明します。

概要

DellノートブックPCの電源をオンにすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

The AC adapter type cannot be determined.(ACアダプタのタイプを認識できません。)This will prevent optimal system performance.(システムパフォーマンスが最適になりません。)
Strike the F3 key if you don't want to see power warning message again.(電源警告メッセージを今後表示しないようにするには、F3キーを押します。)
Strike F1 key to continue, F2 to run the setup utility.(続行するにはF1キー、セットアップユーティリティを実行するにはF2キーを押します。)オンボード診断を実行する場合は F5 キーを押します。

Or Unknown or incorrect AC adapter detected.(または、不明あるいは正しくないACアダプタが検出されました。)

F1キーを押すと、DellノートブックPCは電源の投入を継続しますが、PCの電源をオンにするたびにエラーメッセージが繰り返されます。PCには、Microsoft Windowsオペレーティングシステム内でのパフォーマンスの低下、バッテリが充電されない、ACアダプタのエラーメッセージなどの現象が表示されます。

ACアダプタのエラーメッセージは、次のような原因で表示されます。

  • サードパーティ製またはデル製以外のACアダプタが、PCまたはドッキングステーションに接続されている。
  • ワット数が小さいACアダプタを使用している。
  • ACアダプタがPCにしっかりと接続されていない。
  • 電源コンセントがACアダプタにしっかりと接続されていない。
  • ACアダプタまたはPCのACアダプタポートが破損している。
  • ACアダプタがBIOS(システムセットアップ)に認識されていない。
警告: デルでは、サードパーティ製またはデル製以外のACアダプタまたはバッテリを、デル製PCに使用することを推奨していません。サードパーティ製またはデル製以外のACアダプタまたはバッテリを使用すると、PCのパフォーマンスに影響したり、安全上の問題が発生する場合もあります。

トラブルシューティング

ACアダプタのエラーメッセージのトラブルシューティング方法の詳細については、次のセクションを展開してください。

ACアダプタのケーブルと電源ケーブルが摩耗し、切れ目ができ、ケーブルのいずれかの一端でワイヤが露出する場合があります。これは、ケーブルをACアダプタに巻き付けたり、ケーブルに無理な力がかかったりしたことが原因です。ワイヤが露出するほど損傷がひどい場合は、アダプタの使用を中止する必要があります。ノートパソコンのACアダプタ、ケーブル、アダプタポートの損傷の点検

警告: デルでは、お使いのノートパソコンと互換性のあるデルブランドのACアダプタを使用することを推奨します。デルでは、デル製ノートパソコンでサードパーティ製ACアダプタまたはバッテリを使用することは推奨しません。
  1. ACアダプタをコンセントから抜きます
  2. PCからACアダプタを取り外します。
  3. 物理的な損傷や過熱の兆候がないかどうか、ACアダプタとケーブル(電源ケーブルを含む)を確認します。
  4. プラグ内部のピンやアダプタポートに曲がり、破損、損傷がないか確認します。
警告: ACアダプタをPCから取り外すときは、ケーブルではなくプラグを掴んでください。
 
警告: デルのACアダプタは世界各国のコンセントに適合します。ただし、電源コネクタや電源タップは国ごとに異なります。
 
警告: ACアダプタまたはケーブルが損傷している場合、すぐにACアダプタの使用を中止してください。
 

詳細については、デルのナレッジベース文書「ACアダプタの破損」を参照してください。


図1: 摩耗したケーブル

図2: ワイヤの露出

図3: 切れ目のできたケーブル

図4: 曲がった、または破損したピン

損傷がある場合、交換オプションについては、 デル・テクニカル・サポートにお問い合わせください。損傷がない場合、次の手順に進みます。

  1. ACアダプタをコンセントから抜きます
  2. コンセントに他のデバイスを接続して、コンセントが正常に動作しているかどうかを確認します。
  3. 正常なコンセントを使用します。
  4. ACアダプタをコンセントに直接差し込みます。
    サージプロテクタ、UPS(無停電電源装置)、パワースプリッタなどの電源レギュレータを通さないようにします。
メモ: ACアダプタがドッキングステーションに接続している場合、ACアダプタを直接ノートパソコンに接続して機能するかどうか確認します。

コンセントが正常に機能する場合、次の手順に進みます。

  1. ACアダプタをコンセントから抜きます
  2. PCの外付周辺機器類をすべて取り外します。
  3. バッテリを取り外します。バッテリの取り外し方法の詳細については、PCのユーザマニュアルを参照してください。
    デル製ノートパソコンのバッテリが取り外しできない場合、次の手順に進みます。
  4. 電源ボタンを30秒間押して、PCから待機電力を放電します。
  5. バッテリを接続します。
  6. ACアダプタをPCに差し込みます。
  7. PCの電源を入れます。

待機電力が放電された後、ACアダプタでPCの電源が入らない場合、次の手順に進みます。

  1. ACアダプタをコンセントから抜きます
  2. PCからACアダプタを取り外します。
  3. 電源ケーブルをACアダプタから外します。
  4. 電源ケーブルをACアダプタにしっかりと接続します。
  5. ACアダプタのLEDが点灯しているか確認します。点灯していない場合、互換性のある正常なACアダプタを接続してみます。

電源ケーブルとACアダプタを切断し再接続した後、次の手順に進みます。

ACアダプタをリセットするには、次の手順に従います。

  1. コンセントからACアダプタを抜いて15秒間待ちます。
  2. PCからACアダプタを取り外します。
  3. ACアダプタを正常なコンセントに差し込みます。
  4. ACアダプタをPCに差し込みます。
  5. ACアダプタのLEDインジケータを確認します。
メモ: LEDインジケータは、ACアダプタ本体またはアダプタ(DC)プラグにあります。

ACアダプタのLEDインジケータが点灯する場合、次の手順に進みます。
ACアダプタのLEDインジケータが点灯しない、またはPCに接続しているときに消灯している場合、デル・テクニカル・サポートにお問い合わせください。

低ワット数のACアダプタを使用すると、エラーメッセージ「The AC adapter type cannot be determined.(ACアダプタのタイプを認識できません。)This will prevent optimal system performance.(システムパフォーマンスが最適になりません。)」または「Unknown or Incorrect AC Adapter Detected(不明なまたは正しくないACアダプタが検知されました)」というエラーが表示され、節電するためにプロセッサー(CPU)の実行速度が低下したり、ノートパソコンのバッテリが充電されなくなったり時間がかかったり、ACアダプタが過熱したりする場合があります。
デル製ノートパソコンでは65 W(ワット)、90 W、130 W、180 W、または240 WのACアダプタを使用できます。最適なパフォーマンスを実現するには、デル製ノートパソコン付属のACアダプタを使用します。ACアダプタのワット数情報は、ACアダプタの底部にあるラベルに印刷されています。

メモ: ワット数情報については、ACアダプタ底部にあるラベルを参照してください。

PCがACアダプタを正しく認識しているかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  1. PCを再起動します。
  2. Dellロゴが表示されたら、「Entering Setup(BIOSに入ります)」というメッセージが表示されるまで、F2キーをタップします。
  3. BIOSオプションで「AC Adapter Type(ACアダプタのタイプ)」を検証します。
    「AC Adapter Type(ACアダプタタイプ)」が「None(なし)」の場合: ACアダプタをPCに確実に接続します。
    「AC Adapter Type(ACアダプタタイプ)」が「Unknown(不明)」の場合: 適切なワット数のACアダプタがPCに接続されていることを確認します。「AC Adapter Type(ACアダプタタイプ)」が正常に認識される場合、次の手順に進みます。

ハードウェア診断テストを実行すると、問題を特定し、その問題を解決するトラブルシューティング手順を提供することができます。デルは、内蔵診断およびオンライン診断の両方を提供しています。Dell ePSAハードウェア診断テストでは、ACアダプタが正しく認識されているかどうかを確認できます。

Dell ePSA組み込みハードウェア診断を実行するには、次の手順を実行します。

  1. PCの電源を入れて、F12キーを押します。
  2. メニューから「Diagnostics(診断)」を選択します。
メモ:
  • 診断で問題が報告された場合は、「ePSA、PSAエラーコード、およびトラブルシューティングステップの参照表」セクションを参照してください。この表には、問題の解決に役立つコードの意味と、実行する追加のトラブルシューティングステップが説明されています。
  • 診断で問題が報告されない場合、ハードウェアの問題は検出されなかったことを意味します。この場合、コンピュータのオペレーティングシステムに問題がある可能性があります。

デルのPCでハードウェア診断の実行の詳細については、デルのナレッジベース文書「内蔵およびオンライン診断(ePSAまたはPSAエラーコード)を使用してハードウェアの問題を解決する方法」を参照してください。

BIOSとは、コンピュータのシステム基板に埋め込まれているファームウェアです。BIOSを最新バージョンにアップデートすると、PCがACアダプタを認識できるようになります。BIOSを最新バージョンにアップデートするには、ノートパソコンがACアダプタとバッテリで電源供給されている必要があります。

警告: BIOSのアップデートの前に、デル製ノートパソコンにバッテリが取り付けられており、ACアダプタ電源で実行している必要があります。一部のデル製ノートパソコンでは、BIOSアップデートを開始する前に10 %以上バッテリが充電されている必要があります。

BIOSを最新バージョンにアップデートするには、デルのナレッジベース文書「お使いのDellコンピュータにBIOSの最新バージョンをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

PCがACアダプタのタイプを認識しない場合、デルのナレッジベース文書「デル製ノートパソコンにACアダプタが接続されていない状態で強制BIOSアップデートをする」を参照してください。強制BIOSアップデートを実行する前に、次の免責事項をお読みください。

警告: バッテリの充電が10 %未満になると、DOS環境内からBIOSを強制的に更新できる場合があります。このプロセス中にエラーが起きお使いのシステムが使用不能となる可能性があるため、ユーザは個人の責任で実施する必要があります。お客様がこの文書にある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、デルは責任を負いません。
詳細については、次の文書を参照してください。
USBフラッシュドライブを使用してシステムBIOSをアップデートする方法


ノートパソコンの電源が入らない(英語) - (01:46)


ACアダプタの手入れ(英語) - (00:41)




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN148385

最終更新日: 2018/08/08 10:39


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。