ナレッジベース

このCAルート証明書は、信頼できるルート認証機関のストアに存在しないため、信頼できません


デルのサーバ上の証明書エラー「このCAルート証明書は、信頼できるルート認証機関のストアに存在しないため、信頼できません」を修復する方法

証明書が自己署名されたもので、ローカルコンピュータの証明書ストアにある場合、エラーは修復可能です。証明書に関する詳細については、Microsoft TechNetの記事を参照してください。自己署名した証明書があり、以下のようなエラーを受け取った場合、このエラーは修復可能です。

ローカルストアに証明書がある場合のみ、修復可能です。証明書を修復するには、次の手順に従います。

  1. 「Start(開始)」に移動し、「Run(実行)」をクリックし、「MMC」と入力します。

  2. 「File(ファイル)」をクリックし、「Add/Remove Snap-in(スナップインの追加/削除)」をクリックします。

  3. 「Certificates(証明書)」をクリックし、「Add(追加)」をクリックします。

  4. 「Computer Account(コンピュータアカウント)」をクリックし、「Add(追加)」をクリックします。

  5. 「Local Computer(ローカルコンピュータ)」を選択します。

  6. 「Personal Certificates(個人証明書)」フォルダを選択します。

  7. そのエラーの証明書を探し、ハイライトします。

  8. 「Copy(コピー)」を右クリックします。

  9. 「Trusted Root Authority(信頼できるルート機関)」に移動し、「Paste(ペースト)」を右クリックします。

メモ: プライベートキーがエクスポートできないことがありますが、これは問題ありません。プライベートキーがローカルストアにあるかぎり、ルートストアに重複して存在する必要はありません。




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN156440

最終更新日: 2014/12/11 12:41


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
フィードバック内に無効な文字が含まれています。以下の特殊文字は利用できません <> ( ) &#92;
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

ご協力ありがとうございます。フィードバックが送信されました。