ナレッジベース

PERC - OpenManage Server Administratorを使用して「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」を実行する方法


この記事では、Dell OpenManage Server Administrator(OMSA)を使用してコンシステンシーチェックを実行する方法について説明します。


OMSAを使用して「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」を実行する方法

  1. ツリー表示で仮想ディスクが存在するコントローラを特定します。
  2. 仮想ディスクオブジェクトが表示されるまで、コントローラオブジェクトを展開します。
  3. 仮想ディスクのドロップダウンメニューから、「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」タスクを選択します。
  4. [Execute](実行)をクリックします。
 

その他の情報:

仮想ディスクの「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」タスクにより、データと冗長性情報が確認されます。 
可能な場合、「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」タスクにより、無効なデータおよび/または冗長性が修正され、アップデートされます。

各仮想ディスクで、30日ごとに「Check Consistency(コンシステンシーチェック)」を実行することをお勧めします。  

 
Need more help?
Find additional PowerEdge and PowerVault articles

Visit and ask for support in our Communities

Create an online support Request




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN156918

最終更新日: 2016/12/28 13:16


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。