ナレッジベース

VLCメディアプレイヤーを使用しているときにノートパソコンのスピーカからの音がひずむ



文書の概要: この文書では、VLCメディアプレイヤー(インド、ベトナム)およびBaoFeng、Xunlei、SheShou、Baiduメディアプレイヤー(中国)使用時のオーディオの問題を解決するためのいくつかの手順について説明します。

VLCメディアプレイヤー使用時にボリュームを上げることに関する問題

VLCメディアプレイヤー使用時に、ボリュームを最大出力まで上げることができます。 これにより、最終的にスピーカ出力がゆがみます。

VLCメディアプレイヤーを使用して長期間にわたり100 %以上のボリュームでオーディオ/ビデオを継続的に再生すると、後でボリュームを下げてもサウンドがゆがみます。 このゆがみは永続的なものです。


原因は何ですか?

VLCメディアプレイヤーなどの一部のオーディオアプリケーションは、スピーカから大出力が可能です(オリジナルサウンド出力の約200 %~400 %)。 この状況で過度に使用すると、スピーカが損傷する場合があります。


解決策は?

オーディオ/スピーカの問題 – すべてのDell InspironおよびDell Vostroノートパソコン

VLCまたはその他のオーディオ増幅アプリケーションを使用している場合、次のことを守ってください。

  • デルの「ドライバおよびダウンロード」Webサイトからデバイスドライバをダウンロードして更新します。 UbuntuからMicrosoft Windowsをインストールすると、ネイティブのデバイスドライバのみが使用されます。
  • システムBIOSを入手可能な最新バージョンに更新します。 デルコンピュータの最新のBIOSをダウンロードしてインストールします。 詳細については、デルのナレッジベース文書「BIOSの概要とご使用のデル製システムでシステムセットアップ(BIOS)を確認する方法」を参照してください。
  • VLCメディアプレイヤーなどのメディアプレイヤーからのオーディオ出力が100 %を超えていないこと、および内蔵オーディオが95 %を超えていないことを確認します。
  • 最適な品質を得るには、ビットレートが320 kbpsのオーディオファイルを使用し、すべてのオーディオ拡張機能を無効にします。
  • 正しいオーディオ/サウンドカードのドライバがデルコンピュータにインストールされていることを確認します。 Microsoft Windowsがインストールされているコンピュータの場合は、詳細について、デルのナレッジベース文書の「デバイスドライバをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。
メモ: 最新のオーディオ/サウンドカードのドライバをインストールすると、コンピュータ上のシステムBIOSがスピーカからの最大サウンド出力を制御できるようになります。 これにより、一部のアプリケーションによるサウンドの大きな増幅によるスピーカの破損を回避できます。

オーディオトラブルの問題改善方法 (公式Dellテクサポート)





記事ID: SLN186332

最終更新日: 2018/05/03 14:48


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。