ナレッジベース

PERC-Windows OS で Open Manage Server Administrator コマンドラインを使用して整合性チェックの自動化


この文書では、 Open Manage Server Administrator(OMSA) のコマンドラインを使用して PowerEdge RAID コントローラ (PERC) の整合性チェックの Microsoft Windows オペレーティングシステムでのストレージの自動化に関する情報を提供します。

Windows Server2008(R2) 、および 2012(R2) は、は、 Open Manage Server Administrator と一緒に \'83\'5c フトウェアを実行しているシステムについては、タスクスケジューラは整合性チェックを実行しているプロセスの自動化するの PowerEdge RAID コントローラ (PERC) を使用することができます。 これはチェックを月に 1 回実行することをお勧めします。 開始されたら、チェック自体は、仮想ディスク内のギガバイトあたり約 3~5 分かかるとデフォルトでは専用のシステムリソースの 30% を回避するには、をチェックします。
 


整合性チェックのスケジュールを設定する方法
 

for Windows Servers OMSA がインストールされている場合に

  1. スタートをクリックし、 [ すべてのプログラム ] 、 [ タスクスケジューラ。 Server2008 または 2008R2 上にいる場合はスタートをクリックし、 [ すべてのプログラム ] 、 [ 管理ツール ] 、 [ タスクスケジューラ
  2. ウィンドウの右側に、 [ タスクの作成 ] をクリックします。
  3. タスクの作成 ] ウィンドウで一般的に、次の点に注意してください。
    1. 新しいタスクを付けるの名前 ( 例 :OMSA の整合性チェック ) 。
    2. タスクの実行時に、ユーザーまたはグループを [ 変更 ] をクリックし、次のユーザーアカウントを使用して次の手順を実行します。 …When running the task, use the following user account: click Change User or Group…
    3. で、新しいウィンドウの入力システムの [ 名前の確認 ] をクリックし [OK]
  4. をクリックし [ 新しいトリガ :
    1. スケジュールに沿って、タスクの開始と表示されているかを確認するには、次の手順を実行します。 Make sure it says Begin the task On a schedule
    2. 新しいトリガ ] ウィンドウの左側で [ 毎月 On the left-hand side of the New Trigger window click Monthly
    3. ドロップダウンメニューを使用して月を :< すべての月を選択 >] をクリックし、次の手順を実行します。 The drop down menu for Months: click

      最終更新日: 2017/05/24 08:17


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。