ナレッジベース

Antispyware 2012ウィルスとは、そしてウィルスの削除方法


文書の概要: この文書には、自動および手動修復オプションと一緒に新しい保護されていないシステムに影響を与えるAntispyware 2012マルウェアに関する情報が含まれます。

目次:

  1. Antispyware 2012とは
  2. 感染したシステムの自動修復
  3. 自動修復が失敗した場合の手動による修復


トピック1: Antispyware 2012とは

Antispyware 2012マルウェアは数多くの不正なソフトウェア製品の1つで、保護されていないコンピュータを作り出し、低速を発生させてコンピュータの通常の使用を中断させます。この悪質なソフトウェアまたはマルウェアは、さまざまな名があり、一部は次のとおりです。

  • XP Antispyware 2012
  • Vista Antispyware 2012
  • Win 7 Antispyware 2012
  • XP Antivirus 2012
  • Vista Antivirus 2012
  • Win 7 Antivirus 2012
  • XP Security 2012
  • Vista Security 2012
  • Win 7 Security 2012
  • XP Home Security 2012
  • Vista Home Security 2012
  • Win 7 Home Security 2012
  • XP Internet Security 2012
  • Vista Internet Security 2012
  • Win 7 Internet Security 2012

このマルウェアは自身を新しいバージョンの日付でアップデートし、最初に識別されたのは2007年です。2012のバージョンは比較的新しく、すべてのアンチウイルス製品またはパッケージの定義ではサポートされていない可能性があります。感染していないお客様は、ウイルス対策ソフトウェアまたは取得ソフトウェアが更新されていることを確認する必要があります。

アンチウイルス製品の入手方法の詳細については、Knowledge Base文書「Protect Your Computer or Remove Virus, Spyware or Other Malware in Microsoft Windows」(Microsoft Windowsでのコンピュータの保護、またはウイルス、スパイウェア、その他のマルウェアの削除)を参照してください。


トピック2: 感染したシステムの自動修復

Microsoftはこのマルウェアを把握し、Microsoft Safety Scanner、Microsoft Security Essentials、およびウィルス、スパイウェア、悪質なソフトウェアに対する無料リアルタイム保護パッケージでの削除のサポートを追加しました。

Antispyware 2012の脅威を取り除くには、Microsoft Safety ScannerのWebサイトを参照してツールをダウンロードしてください。

メモ:
Microsoft Safety Scannerはリアルタイムのアンチウイルス保護に代わるものではなく、使用のライセンスは使用後10日で有効期限が切れます。脅威を取り除いた後に、Microsoft Security Essentialsなど、お使いのコンピュータ用の適切なセキュリティ保護の取得を確認してください。


トピック3: 自動修復が失敗した場合の手動による修復

Microsoft Safety Scannerが脅威を取り除くことができなかった場合に、ウイルスを削除するために可能な手動方法が2つあります。

ソリューション 1

  1. コンピュータを再起動することによって、コンピュータをセーフモード(ネットワークなし)で起動し、Dellロゴ画面が表示されなくなった後にF8キーを繰り返し押して[Advanced Options menu](詳細オプションメニュー)を表示します。ウイルスをアクティブにせずに最小バージョンのWindowsをロードするには、セーフモードを選択します。
  2. 管理者アクセスで別のユーザーアカウントを作成します。作成するには、次の手順を実行します。
    1. [スタート]、[コントロールパネル]、[ユーザーアカウントと家族のための安全設定]の順にクリックし、[ユーザーアカウント]をクリックします。
    2. [別のアカウントの管理]をクリックします。
    3. [新しいアカウントの作成]をクリックします。
    4. ユーザーアカウントの名前を入力して、[管理者]アカウントタイプをクリックし、[アカウントの作成]をクリックします。
  3. システムを通常モードで再起動します。
  4. 新たに作成されたアカウントにログインします。
  5. 事前にインストールされているアンチウイルスソフトウェアをアクティブ化します(詳細については、 ここをクリックしてください
  6. システム全体のスキャンを開始し、マルウェアを検出して削除します。
  7. システムスキャンが完了したら、もう一度コンピュータを再起動します。

ソリューション2(ソリューション1が失敗した場合に実行する)

  1. コンピュータを再起動しDellロゴ画面でF2キーを繰り返し押してBIOSに移行します 2012年1月5日にシステム日付を変更します設定を保存してもう一度コンピュータを再起動します。
  2. Windowsで、事前にインストールされているアンチウイルスソフトウェアをアクティブ化します(詳細については、クリックしてください
  3. システム全体のスキャンを開始し、マルウェアを検出して削除します。
  4. システムスキャンが完了したら、もう一度コンピュータを再起動します。
  5. Dellロゴ画面でもう一度F2キーを繰り返し押してBIOSに再度移行しますシステム日付を現在の日付に戻します。設定を保存し、最後にもう一度コンピュータを再起動してプロセスを完了します。





記事ID: SLN289866

最終更新日: 2015/04/29 11:59


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。