ナレッジベース

Dell Data Protection Endpoint Security Suiteソフトウェアおよびハードウェア要件


この文書には、Dell Data Protection | Endpoint Security Suite(ESS)ハードウェアおよびソフトウェアバージョン1.0の前提条件についての情報が記載されています。 他のバージョンの変更の可能性については、「Dell Data Protection | Endpoint Security Suite管理者ガイド」を参照してください。


対象製品:

Dell Data Protection | Endpoint Security Suite


メモ: インストールを実行するユーザーは、インストールを実行するローカル管理者アカウントを持っている必要があります。


メモ: 情報にアクセスするには、いずれかのドロワをクリックしてください。

ハードウェアの必要条件

Windows最低ハードウェア要件

  • Intel PentiumクラスまたはAMDプロセッサー
  • 512 MB~1GBのRAM

ソフトウェア要件

DDP | ESSをインストールする前にDDP | Security Toolsが必要です。 DDP | ST要件の詳細については、次のリンクを参照してください。

インストールの開始前に、次のソフトウェアが必要です。

メモ: デルの工場から出荷されるすべてのコンピュータは、.NET 4.0がプレインストールされています。 Dell Data Protection | Enterprise Editionをデルハードウェアにインストールしていないまたは古いデルハードウェアでアップグレードしている場合は、Dell Data Protection | Enterprise Editionをインストールする前に、インストールされている.NETのバージョンを確認してアップデートし、 インストールやアップグレードが失敗することを防ぎます。

インストールされている.NETのバージョンを確認するには、インストールするコンピュータで次の手順に従います。

インストーラは、次のコンポーネントをインストールします(インストールされていない場合)。

  • Microsoft Visual C++ 2012 Update 3以降再頒布可能パッケージ
オペレーティングシステム
  • Windows XP SP3: Professional
  • Windows 7 SP0-SP1: Enterprise、Professional、Ultimate
  • Windows 8または8.1 update 1: Enterprise、Pro
メモ: UEFIは、Windows 7、Windows Embedded Standard 7、Windows Embedded 8.1 Industry Enterpriseではサポートされていないモードです。
バージョン 1.3

ハードウェア要件

Windows最低ハードウェア要件
  • オペレーティングシステムの最低仕様を満たす必要があります。

ソフトウェア要件

DDP | ESSをインストールする前にDDP | Security Toolsが必要です。 DDP | ST要件の詳細については、次のリンクを参照してください。

インストールの開始前に、次のソフトウェアが必要です。

メモ: デルの工場から出荷されるすべてのコンピュータは、.NET 4.0がプレインストールされています。 Dell Data Protection | Enterprise Editionをデルハードウェアにインストールしていないまたは古いデルハードウェアでアップグレードしている場合は、Dell Data Protection | Enterprise Editionをインストールする前に、インストールされている.NETのバージョンを確認してアップデートし、 インストールやアップグレードが失敗することを防ぎます。

インストールされている.NETのバージョンを確認するには、インストールするコンピュータで次の手順に従います。

インストーラは、次のコンポーネントをインストールします(インストールされていない場合)。
  • Microsoft Visual C++ 2012 Update 4以降再頒布可能パッケージ(x86およびx64)
オペレーティングシステム
  • Windows 7 SP0-SP1: Enterprise、Professional、Ultimate
  • Windows Embedded Standard 7とアプリケーション互換性テンプレート(ハードウェアの暗号化はサポートされません)
  • Windows 8: Enterprise、Pro
  • Windows 8.1 Update 0~1: Enterprise Edition、Pro Edition
  • Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise(ハードウェアの暗号化はサポートされません)
  • Windows 10: Education、Enterprise、Pro
メモ: UEFIは、Windows 7、Windows Embedded Standard 7、Windows Embedded 8.1 Industry Enterpriseではサポートされていないモードです。
バージョン 1.4

ハードウェア要件

Windows最低ハードウェア要件
  • オペレーティングシステムの最低仕様を満たす必要があります。

ソフトウェア要件

DDP | ESSをインストールする前にDDP | Security Toolsが必要です。 DDP | ST要件の詳細については、次のリンクを参照してください。

インストールの開始前に、次のソフトウェアが必要です。

メモ: デルの工場から出荷されるすべてのコンピュータは、.NET 4.0がプレインストールされています。 Dell Data Protection | Enterprise Editionをデルハードウェアにインストールしていないまたは古いデルハードウェアでアップグレードしている場合は、Dell Data Protection | Enterprise Editionをインストールする前に、インストールされている.NETのバージョンを確認してアップデートし、 インストールやアップグレードが失敗することを防ぎます。

インストールされている.NETのバージョンを確認するには、インストールするコンピュータで次の手順に従います。

インストーラは、次のコンポーネントをインストールします(インストールされていない場合)。
  • Microsoft Visual C++ 2012 Update 4以降再頒布可能パッケージ(x86およびx64)
オペレーティングシステム
  • Windows 7 SP0-SP1: Enterprise、Professional、Ultimate
  • Windows Embedded Standard 7とアプリケーション互換性テンプレート(ハードウェアの暗号化はサポートされません)
  • Windows 8: Enterprise、Pro
  • Windows 8.1 Update 0~1: Enterprise Edition、Pro Edition
  • Windows Embedded 8.1 Industry Enterprise(ハードウェアの暗号化はサポートされません)
  • Windows 10: Education、Enterprise、Pro
メモ: UEFIは、Windows 7、Windows Embedded Standard 7、Windows Embedded 8.1 Industry Enterpriseではサポートされていないモードです。
ポート
  • Threat Protectionクライアントが最新のThreat Protectionアップデートを受信できるように、各接続先サーバでポート443と80がクライアントの通信に使用できるようにする必要があります。 何らかの理由でポートがブロックされている場合は、ウイルス対策署名のアップデート(DATファイル)をダウンロードできないので、保護が最新でない場合があります。 次のように、クライアントコンピュータがURLにアクセスできるようにしてください。

用途

アプリケーション

プロトコル

搬送

プロトコル

ポート

番号

宛先

方向

メモ

ウイルス対策アップデート

HTTP

TCP

443/フォールバック80

vs.mcafeeasap.com

アウトバウンド

ウイルス対策エンジン/署名のアップデート

SSL

TCP

443

vs.mcafeeasap.com

アウトバウンド

スパム対策エンジン

HTTP

TCP

443

vs.mcafeeasap.com

アウトバウンド

ウイルス対策ルールとストリーミングのアップデート

HTTP

TCP

80

vs.mcafeeasap.com

アウトバウンド

パケットタイプ: X-SU3X-SU3- Component-Name

X-SU3-Component-Type

X-SU3-Status

レピュテーションサービス

SSL

TCP

443

tunnel.web.trustedsource.org

アウトバウンド

レピュテーションサービス

フィードバック

SSL

TCP

443

gtifeedback.trustedsource.org

アウトバウンド

隔離

マネージャ

HTTP HTTPS

TCP

80

443

EEサーバ/VEサーバ

双方向

URLレピュテーション

データベースアップデート

HTTP

TCP

80

list.smartfilter.com

アウトバウンド

URLレピュテーション

検索

SSL

TCP

443

tunnel.web.trustedsource.org

アウトバウンド

その他の前提条件
  • Dell Data Protection | Enterprise EditionまたはVirtual Edition、バージョン9.0以降では、Dell Data Protection | Endpoint Security Suiteクライアントを一元管理する必要があります。
  • DDP | ESSの要件は、使用する暗号化によって異なります。 その他の前提条件については、次のガイドを参照してください。

ご不明な点がございましたら、Dell Data Protection ProSupportまで電話でお問い合わせください(877-459-7304 内線番号 4310039)。 米国外部のサポートについては、ProSupportの国別の連絡先電話番号リストを参照してください。 デル・セキュリティ・コミュニティ・フォーラムにもご参加いただけます。


記事ID: SLN295666

最終更新日: 2017/09/21 15:34


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。