ナレッジベース

Dell Networking PowerConnectスイッチでのIPアドレスの設定方法


この文書では、Dell Networking PowerConnectスイッチでIPアドレスを設定する方法を説明します。
 


 

IPアドレス(帯域外)のコマンドライン設定

インターフェイス設定モードでip addressコマンドを使用して、サービスポートのIPアドレスを設定します。このコマンドのno形式を使用すると、IPアドレス設定をデフォルト値に戻すことができます。

 

すべてのPowerConnectスイッチに専用帯域外ポートがあるわけではありません。専用帯域外ポートがないモデルでは、リモートアクセス用にVLANインターフェイスを使用する必要があります。

 

このプロセスは、レガシーPowerConnectスイッチデバイスの場合にのみ当てはまります。NシリーズスイッチでのIPアドレスの設定方法については、ここをクリックしてください。該当するKB文書が表示されます。

 

例:

コマンド

目的

Console#configure

設定モードに入ります。

Console(config)# interface out-of-band

帯域外インターフェイスに切り替えます。

Console(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0

インターフェイスに割り当てるIPアドレスとサブネットマスクを設定します。

 


VLANインターフェイスのIPアドレスのコマンドライン設定

例:

コマンド

目的

Console#configure

設定モードに入ります。

Console(config)# interface vlan 15

VLANインターフェイスに切り替えます。

Console(config-if)#ip address 192.168.1.1 255.255.255.0

VLANインターフェイスに割り当てるIPアドレスとサブネットマスクを設定します。

 

 

VLANインターフェイスに切り替えて、IPアドレスを設定するには、事前に特定のVLANを作成しておく必要があります。

 

 



Web GUIでの(帯域外)インターフェイスへのIPアドレスの割り当て

「Out of Band Interface(帯域外インターフェイス)」ページを使用して、帯域外インターフェイスのIPアドレスとサブネットマスクを割り当てたり、アドレス情報割り当て用のDHCPクライアントを有効化/無効化したりすることができます。DHCPは帯域外インターフェイスではデフォルトで有効になっています。

「Out of Band Interface(帯域外インターフェイス)」ページを表示するには、ナビゲーションパネルで「System(システム)」、「IP Addressing(IPアドレス指定)」、「Out of Band Interface(帯域外インターフェイス)」の順に選択します。→→

DHCPクライアントを有効にし、DHCPサーバによる帯域外インターフェイスへのネットワーク情報の自動割り当てを許可するには、「Protocol(プロトコル)」メニューから「DHCP」を選択します。静的にネットワーク情報を割り当てる場合は、

「Protocol(プロトコル)」メニューが「None(なし)」に設定されていることを確認してください。その後、目的のIPアドレス、サブネットマスク、およびデフォルトゲートウェイIPアドレスを入力します。


 

Web GUIでのVLANインターフェイスへのIPアドレスの割り当て

「IP Interface Configuration(IPインターフェイス設定)」ページを使用して、VLAN IPアドレスとサブネットマスク、デフォルトゲートウェイIPアドレスを割り当てます。

「IP Interface Configuration(IPインターフェイス設定)」ページを表示するには、ナビゲーションパネルで「Routing(ルーティング)」、「IP」、「IP Interface Configuration(IPインターフェイス設定)」の順に選択します。→→

1   「Interface(インターフェイス)」メニューから目的のVLANを選択します。
2   「Routing Mode(ルーティングモード)」フィールドで「Enable(有効)」を選択します。
3   「IP Address Configuration Method(IPアドレス設定方法)」フィールドで、スタティックIPアドレスを割り当てるか(「Manual(手動)」)、自動アドレス割り当て用にDHCPを使用するかどうかを指定します。
4   設定方法として「Manual(手動)」を選択した場合は、該当するフィールドにIPアドレスとサブネットマスクを指定します。
5   「Apply(適用)」をクリックします。
 

「Apply(適用)」をクリックすると、running-configのみが保存されます。  startup-configを保存するには、ページの右上にあるディスケットアイコンをクリックするか、「System(システム)」、「File Management(ファイル管理)」、「Copy Files(ファイルのコピー)」の順に選択します。→→  「Copy Configuration(設定のコピー)」を切り替えて、コピー元として「running config」、コピー先として「startup config」を選択します。最後に、「Apply(適用)」をクリックします。 

 






記事ID: HOW10389

最終更新日: 2017/11/30 04:44


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。