ナレッジベース

ビデオケーブルおよびその機能





この文書では、モニタケーブル接続の画面解像度機能について説明します。


最適な解像度を設定できない

最近のLCDモニタはほんの数年前に製造されたディスプレイより高い解像度機能を備えています。 新しいウルトラ・ハイ・デフィニションおよびハイ・デフィニション・ディスプレイは、これらの解像度をサポートするために必要な、増加し続けるデータ量を転送するために最近のケーブル接続が必要です。

最近の高解像度モニタオプション:

  • 8kウルトラ・ハイ・デフィニション(UHD)(7680 x 4320)
  • 5kウルトラ・ハイ・デフィニション(UHD)(5120 x 2880)
  • 4kウルトラ・ハイ・デフィニション(UHD)(3840 x 2160)
  • クワッド・ハイ・デフィニション(QHD)(2560 x 1600)
  • Wide Ultra eXtended Graphics Array(WUXGA)(1920 x 1200)
  • フル高精細度(FHD)(1920 x 1080)

ディスプレイケーブル機能

次に最も一般的なモニタケーブル接続のタイプおよびサポートする最大解像度を示します。

  • DisplayPort(DP)およびMini-DisplayPort(mDP)1.3 - 8192 x 4320 @ 60 Hz
  • DisplayPort(DP)およびMini-DisplayPort(mDP)1.2(デュアルケーブル接続) - 5120 x 2880 @ 60 Hz
  • DisplayPort(DP)およびMini-DisplayPort(mDP)1.2(シングルケーブル接続) - 3840 x 2160 @ 60 Hz
  • 高品位マルチメディアインターフェイス(HDMI)2.0 - 3820 x 2160 @ 60 Hz
  • デジタル・ビジュアル・インターフェイス(DVI)(デュアルリンク) - 2560 × 1600 @ 60 Hz
  • デジタル・ビジュアル・インターフェイス(DVI)(シングルリンク) - 1900 x 1200 @ 60 Hz
  • ビデオ・グラフィック・アレイ(VGA) - 2048 x 1536 @ 85 Hz


記事ID: SLN301321

最終更新日: 2017/01/04 08:26


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。