ナレッジベース

Wyse 3040 BIOS手動アップデート手順


概要: 「Wyse 3040システムのBIOSアップデートを手動で実施します。」
 




WinPEドライブの作成。

  1. USB起動ドライブの作成に備えて、Windowsアセスメント&デプロイメントキット(ADK): をダウンロードします。
  2. 「展開およびイメージングツール環境」を管理者として実行します
  3. Windows PEファイルの作業用コピーを作成します。 以下のようにして、x86、amd64、またはarmのいずれかを指定します。
    Copype amd64 C:\WinPE_amd64
  4.  以下のようにして、USBフラッシュドライブにWindows PEをインストールし、WinPEのドライブ文字を指定します。
    MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 P:
    • 警告: このコマンドはパーティションを再フォーマットします
    • P: USBスティックのドライブ文字です。
  5. BIOSファイルであるWyse_3040_1.2.0.exeの場所を参照し、WinPEドライブのルートにこれをコピーします。
  6. 完了したらUSBドライブを右クリックし、「Eject(取り出し)」をクリックします。

クライアントのBIOSのアップデート。

  1. WinPEのディスクをクライアントに接続します。
  2. シンクライアントの電源を入れ、デルのロゴ画面が表示されている間にF12キーを押してブートオプションにアクセスします。
  3. 「OTHER OPTIONS(その他のオプション)」「BIOS Flash Update(BIOSフラッシュアップデート)」を選択します。
  4. 「BIOS update file: (BIOSアップデートファイル: )」の横にある…アイコンをクリックします。
  5. Wyse_3040_1.2.0.exeファイルを選択します。
  6. [OK]をクリックします。
  7. 「BIOS Update Information(BIOSアップデート情報)」の下の「Revision: (リビジョン: )」1.2.0と表示されていることを確認します。
  8. 「Begin Flash Update(フラッシュアップデート開始)」をクリックします。
  9. 「Warning(警告)」画面で「Yes(はい)」をクリックします。
  10. クライアントが再起動し、ファームウェアのアップデートが開始します。
  11. ファームウェアのアップデートが成功し、クライアントが再起動します。
  12. 再起動時にデルのロゴ画面でF12キーを押し、ブートメニューから「BIOS Setup(BIOSセットアップ)」を選択して、BIOSがアップデートされたことを確認します。
  13. 「General(全般)」を展開し、「System Information(システム情報)」を選択します。
  14. 「BIOS version(BIOSバージョン)」が1.2.0にアップデートされたことを確認します。
  15. 「Exit(終了)」をクリックし、クライアントの電源をオフにします。

 

 


Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN306488

最終更新日: 2017/07/18 07:15


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。