VMware, スナップショット, LUN, UUID, 再署名, 再署名, スナップショット, VMFS, vmfs3, vmfs5, LVM.DisallowSnapshotLUN, LVM.EnableResignature, DisallowSnapshotLUN, EnableResignature " />

ナレッジベース

VMwareデータストアスナップショットLUNおよびLUNプレゼンテーション


主要なRAIDイベントなどの後、表示されているすべてのVMFSボリュームがVMwareで確認されず、LUNにアクセスできず、VMFSにアクセスできません。

VMFSの署名を構成するいずれかのコンポーネントが変更されています。多くの場合、VMFSが別のSCSI IDで表示されていることが原因です。この状態は、特定のDell PERCファームウェアアップグレードが原因の場合もあり、主要なRAIDの障害(複数のディスクで障害が発生した後のドライブの再タグ付けなど)が原因になる可能性があります。


すべての優れたトラブルシューティングと同様に、措置を講じる前に状況を理解する必要があります。この問題をトラブルシューティングする方法に関する結論を性急に下すと不要なデータ損失やダウンタイムの原因になる可能性があります。

VMFSボリューム管理ガイドや、考えられるシナリオを取り上げている多数のVMware KB文書があります。措置を講じる前に考えられるシナリオをすべて読み、理解することが重要です。

特定の構成では、データ損失が発生する可能性があるため、変更を行う前に、VMware VMFSボリューム管理文書を読み、理解します。

スナップショットについての一般的に正しい動作は、再署名を有効化し、再スキャンすることで、LUNが表示されます。以前にLUNが表示されたことがないDRクラスタでは、スナップショットLUNを拒否して再スキャンします。
メモ: **本番稼動環境で変更を行う前に、他のミッション クリティカルなITエレメントと同様に、自分のテスト環境で重要ではないデータでテストを実施することをお勧めします。**

次の一覧は、優れた汎用のトラブルシューティングKBです。

  • VMFS Volume Can Be Erroneously Recognized as a Snapshot(VMFSボリュームが誤ってスナップショットとして認識される)
    http://kb.vmware.com/kb/6482648



  • Resignaturing VMFS3 Volumes That Are Not Snapshots(スナップショットではないVMFS3ボリュームの再署名)
    http://kb.vmware.com/kb/9453805



  • How to verify whether you can implement re-signaturing when seeing snapshot LUNs(表示されているスナップショットLUNの再署名を実行できるかどうかを確認する方法)
    http://kb.vmware.com/kb/10042



  • LUN detected as a snapshot because LUN presentation settings were incorrect(LUNプレゼンテーションの設定が正しくなかったためLUNがスナップショットとして検出された)
    http://kb.vmware.com/kb/1002351

  • Cannot access the LUN on EMC Clariion storage as it is marked as a deactivated snapshot(無効化されたスナップショットとしてマークされているため、EMC CLARiXストレージでLUNにアクセスできない)
    http://kb.vmware.com/kb/1003641

  • Consistent EMC CLARiiON LUN presentation to ESX hosts(ESXホストに対する一貫したEMC CLARiX LUNプレゼンテーション)
    http://kb.vmware.com/kb/1002107

  • VMFS Datastores Are Inaccessible After Upgrading the PERC 4 Firmware on Systems with ESX Server 3.0.x(ESX Server 3.0.xがインストールされているシステムでPERC 4ファームウェアをアップグレードした後、VMFSデータストアにアクセスできない)
    http://kb.vmware.com/kb/1001577

  • ESX hosts cannot see a new VMFS datastore presented by Dell MD3000i(Dell MD3000iが表示する新しいVMFSデータストアをESXホストが確認できない)
    http://kb.vmware.com/kb/1005926

  • VMFS data store on local disk not available after BIOS upgrade(BIOSのアップグレード後にローカルディスク上のVMFSデータストアが利用できない)
    http://kb.vmware.com/kb/1004205

  • ESX Server limits access to the management LUN of the Dell MD3000 and Dell MD3000i storage devices(ESX ServerがDell MD3000およびDell MD3000iストレージデバイスの管理LUNへのアクセスを制限する)
    http://kb.vmware.com/kb/1004069

  • vSphere handling of LUNs detected as snapshot LUNs(vSphereのLUNの処理がスナップショットLUNとして検出される)
    http://kb.vmware.com/kb/1011387




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN147523

最終更新日: 2017/02/06 11:13


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。