ナレッジベース

さまざまなオペレーティングシステムでS100/300 RAIDコントローラを使用およびトラブルシューティングする方法


さまざまなオペレーティングシステムでS100/300 RAIDコントローラを使用およびトラブルシューティングする方法

S100/300 RAIDコントローラはソフトウェアRAIDデバイスです。 Windows 2008、2008 R2、および2003 SP2を使用する特定のデルサーバでサポートされています。

S100/300 RAIDコントローラの詳細については、『ユーザーズガイド』を参照してください。 次の内容が記載されています。

  • 仮想ディスク管理ユーティリティを使用してコントローラを設定する手順。

  • 物理ディスクの仮想化、仮想ディスクの作成、仮想ディスクのスワッピング、およびグローバルホットスペアの管理を行う方法。

  • Microsoft Windowsドライバをインストールする方法。

    • インストール前の要件の判別。

    • オペレーティングシステムインストール時のドライバのインストール。

    • コントローラ管理セットアップ手順の実行。

S100/300コントローラの詳細については、デルナレッジベースの文書「When adding a PERC S300 RAID controller to a Dell 11G PowerEdge Server, S100 will not function, and onboard SATA may need to be reconfigured(PERC S300 RAIDコントローラをデルの第11世代PowerEdgeサーバに追加するとき、S100が機能しなくなり、オンボードSATAの再設定が必要なことがある)」を参照してください。

両方のコントローラに関する最も確実なユーザーガイドは、デルサポートサイトからホワイトペーパー形式で入手できます。 このホワイトペーパーでは、RAID実装の方法、システムにデルのストレージ管理ソフトウェアを統合する方法、およびコントローラBIOSでの操作の実施に関する特定のトピックを扱っています。

S100/300コントローラをサポートしているサーバオペレーティングシステムでは、他のトラブルシューティング手順が失敗した場合に、性能の低下したアレイで発生した深刻な問題からリカバリする方法が用意されています。 故障したドライブを交換して、グローバルホットスペアとして追加できます。 この結果、新しいドライブが故障したドライブと交換され、アレイの再構築が開始されます。 他のユーザーがOpenManageを使用してこのプロセスが実行されていることを検証した方法を確認するには、デルコミュニティサイトを参照してください。

S100とS300のいずれのコントローラに関しても、ESXおよびESXiでは、RAIDセットアップ用にいずれのカードもサポートしていません。 ESXおよびRAIDに対する特定のサポートモデルについては、VMWareの資料を参照してください。

Server 2012では、現在、S100コントローラもS300コントローラもサポートしていません。 ただし、コントローラをオンボードSATAコントローラに変換する方法はあります。 この操作を実施する手順は、デルテックセンターサイトで入手できます。 SATAに変換しない場合に選択可能なオプションは複数あります。 サポートされているPERCコントローラをデルから購入できます。 RAID用のWindows Server 2012ソリューションを使用することもできます。 デルテックセンターサイトで詳細に説明されています。

オペレーティングシステムのリカバリまたはインストールを管理する必要があり、この文書で概説する方法では問題がある場合は、ドライバをオペレーティングシステムにスリップストリームする方法もあります。 vLiteまたは他のスリップストリームツールを使用してドライバをオペレーティングシステムのバイナリにロードしようというアイデアです。 この結果、ディスクに書き込むことのできるISOイメージができます。 このディスクを使用すると、新しく書き込んだWindows DVDから起動して、メンテナンスの実行、オペレーティングシステムのインストール、またはリカバリオプションの使用が可能です。




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN163447

最終更新日: 2017/03/27 12:06


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
フィードバック内に無効な文字が含まれています。以下の特殊文字は利用できません <> ( ) &#92;
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

ご協力ありがとうございます。フィードバックが送信されました。