ナレッジベース

VMware ネットワークの負荷バランシングを 802.3ad LACP に関するよくあるお問い合わせ (FAQ)


文書の概要 : この文書では、 VMware ネットワークロードバランシング 802.3ad LACP に関する情報を提供します。

ESX/ESXi のロードバランシングに関するよくあるお問い合わせ (FAQ)

VMware vSphere は、組み合わせることに関連して複数のネットワークリンクが IEEE802.3ad 標準を使用して実行できます。

IEEE802.3ad 静的および動的リンクアグリゲーションをサポートするように設定することもできます。

VMware3.x-5.0 のサポートが 802.3ad 動的ですか ?(1010270)

サポートされている VMware ESXi5.1 は動的 802.3ad までしないと次に vshere を分散スイッチ上でのみ (VDS) 。

背景 :

Static IEEE802.3ad:

(vSwitch および VDS 上の上の VMware ESX/ESXi3.x-5.x でサポートされています ) 。静的リンクアグリゲーションがホストまたはスイッチと no 自動ネゴシエーションで個別に設定されている、 2 つのエンドポイントの間で発生します。静的リンクアグリゲーションがケーブル接続または設定に関する問題と任意のスイッチポートの障害が検出されないことをリンク状態の損失につながるためないでください。

  1. 最初に確認してすべてのスタンバイと未使用のアダプタは、 vSwitch のアクティブなアダプタを追加または削除します。

  2. vSwitch の負荷分散ポリシーを IP ハッシュに基づいたルートを設定します。

    • メモ : これは、サービスコンソール、接続できなくなる可能性がある場合はスイッチが設定されているまでです。

  3. Cisco スイッチに静的 LAG を作成するには、次の手順を実行します。

  4. 新しい port-channel インターフェイスを作成するには、次の手順を実行します。

    • Cisco-3560( config)#interface port-channel1

    • Cisco-3560( config-if)#description for ESX Server NIC チーム

    • Cisco-3560( config-if)#exit

  5. port-channel インターフェイスを追加するには、次の手順を実行します。

    • Cisco-3560( config)#interface FastEthernet0/0

    • Cisco-3560( config-if)#description ESX vSwitch1port-channel Group

    • Cisco-3560( config-if)#channel-group1mode on

    • Cisco-3560( config-if)#exit

    • Cisco-3560( config)#interface FastEthernet0/1

    • Cisco-3560( config-if)#description ESX vSwitch1port-channel Group

    • Cisco-3560( config-if)#channel-group1mode on

    • Cisco-3560( config-if)#^Z

    • Cisco-3560# copy running-config startup-config

    メモ :ESX は、 PAgP モードまたは LACP をサポートしていません。、 channel-group channel-group は、モードの設定を「オン」にして強制で構成されている必要があります。 LACP および PAgP を無視する

は 802.ad 集約または vise 逆はネットワークの中断なしで IP ハッシュに基づいたルートの有効化ですか ?
はい、および 802.ad 静的モードを有効にする必要がある場合に、 vSwitch の設定 IP ハッシュに基づいたルートに、 ESX/ESXi 内部 IP ハッシュに基づいたルート設定最初にし、物理ネットワークで LAG を有効にします。phyical 面を設定するまで一時的に、 ESX/ESXi ホストへの接続が失われます。

VMware サポート EtherChannel を使用すると IP ハッシュ以外の他のアルゴリズムでは ?
いいえ、 IP ハッシュに基づいたルートだけがサポートされているときに EtherChannel に基づいて設定します。

EtherChannel の数が存在する vSwitch ごとまたは vSphere 分散スイッチ (VDS) を
EtherChannel を 1 つだけ各 vSwitch または仮想ディスク (VD)

Beacon Probing IP ロードバランシングハッシュに使用できますか ?
いいえ。IP ハッシュに beacon Probing ロードバランシングはサポートされていません。ビーコンプロービングがどのネットワーク障害の検出に最も役立ちリンクダウン状態の原因にしないでください。この誤りによりリンクがまだアップ、で、予期したとおりに動作している可能性があります。
http://www.vmware.com/files/pdf/virtual_networking_concepts.pdf] を参照してください

IP ハッシュの使用中にスタンバイまたは未使用のアップリンクを設定することはできますか ?
いいえ。IP ハッシュにスタンバイまたは未使用のアップリンクを設定しないでください。

IEEE802.3ad 動的 :

のみを ESXi5.1 仮想ディスク (VD) でサポートされている リンク集約用の ESX/ESXi ホストの要件を参照してください (1001938)

  • channelprotocol LACP を使用して vSwitch および pswitch 間のチャネルをネゴシエートする。

  • LACP ポートチャネルを使用しています。チャネルを定義するには、次の手順を実行します。

  • 使用ポートの LACP モードをアクティブに設定するには、次の手順を実行します。

pior5.1 のみサポートされている VMware ESXi への静的リンクアグリゲーション。ESXi5.1 ダイナミック LACP がサポートされている vSphere 分散スイッチのみ (VDS) 。静的 LAG vswithes および仮想ディスク (VD) の上ではまだサポートされています ダイナミック LACP Plug and Play ホストと物理スイッチ間の自動設定とネゴシエーション用のサポートが追加されます。ダイナミック LACP がリンク障害を検出してエラーしてリンクが自動的に再設定してケーブル接続します。

LACP アクティブおよびパッシブモードを設定の違いは何ですか ?
アクティブ - ポートがリンクの状態をネゴシエートに積極的にネゴシエーションの開始によって、 LACP フレームを送信します。
パッシブ—このポートはパッシブ状態、 LACP ネゴシエーション中に送信された LACP fames に応答します。

参考文献 :

http://www.vmware.com/files/pdf/techpaper/whats-new-vmware-vsphere-51-network-technical-whitepaper.pdf

http://www.cisco.com/en/us/docs/ios/12_2sb/feature/guide/gigeth.html

ESX/ESXi での sample/LACP EtherChannel の設定を参照してください (1004048)

LACP を有効または無効にすると、アップリンクポートグループでの vSphere Web クライアントを使用して (2034277)




Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN163820

最終更新日: 2014/10/23 03:50


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。