ナレッジベース

Microsoft® Windows® 7 OSの新しい印刷機能 - KB Article - 367036


ディスカッション:Microsoft® Windows® 7 OSの新しい印刷機能

文書の概要:

この文書ではMicrosoft® Windows® 7 OSの新しい印刷機能の一部をわかりやすく説明します。これらの機能にはデバイスとプリンタ、Device Stage、位置自動認識印刷、およびホームグループのファイル共有があります。

目次:

  1. Windows® 7デバイスエクスペリエンス
  2. 位置自動認識印刷
  3. ホームグループのファイルとプリンタの共有


トピック1:Windows® 7デバイスエクスペリエンス


提供バージョン: Windows 7 Starter、 Windows 7 Home Basic、 Windows 7 Home Premium、 Windows 7 Professional、 Windows 7 Ultimate

Windows 7では、ユーザーがプリンタを検知して使用しやすくするための、いくつかの新機能が導入されました。これらにはプリンタの検知と認識、プリンタ機能の検知、プリンタのプレゼンテーション、および一般的な機能(設定、アプリケーション、およびプリンタのサービスとサポートなど)へのアクセスが含まれます。新機能のうちの2つの機能「デバイスとプリンター」および「Device Stage」は、デバイスでの新しいユーザーエクスペリエンスを提供します。

[デバイスとプリンター]

Windows 7の[スタート]メニューからアクセスできる「デバイスとプリンター」と呼ばれる新機能を使用すると、ユーザーは自分のPCに接続するすべてのデバイスを見つけることができます。表示されるデバイスは、実際にユーザーが見て触れられるものであり、概念上のコンポーネントや機能を表すものではありません。「デバイスとプリンター」では、多機能プリンタは3つないしは4つのコンポーネントの集合体としてではなく、1台のデバイスとして表示されます。プリンタはUSB経由、または Wi-Fi®やBluetooth®ワイヤレスインタフェース経由で接続できます。

Device Stage

Device Stageは、ユーザーがデバイスとやりとりする新しい方法を提供します。これには、ユーザーがデバイス用のアプリケーションやサービスを容易に見つけて使用できるようにするビジュアルインタフェースが含まれます。Device Stageには、[デバイスとプリンター] からサポート対象のデバイスをダブルクリックすることでもアクセスできます。詳細については、Microsoftの記事「Master your devices with Device Stage」(Device Stageでデバイスを使いこなす)を参照してください。

トップに戻る

トピック2: 位置自動認識印刷


提供バージョン:
Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate

Windows 7では、通常使うプリンターの設定が位置認識されるようになりました。モバイルユーザーやノートパソコンユーザーは、接続するネットワークごとに通常使うプリンタを設定できます。自宅用の通常使うプリンタ設定と、オフィス用の通常使うプリンタ設定を別々に構成することができます。ノートパソコンでは、ユーザーの現在の位置に応じて、適切な通常使うプリンタが自動的に選択されます。

Windows 7のProfessionalおよびUltimate Editionで提供されるこの新機能は、次のように動作します。印刷の都度、Windows 7 がどのネットワークとプリンタが使用されたかを記憶します。ユーザーが次にその場所に戻ってきたとき、Windowsは通常使うプリンタの設定を前回その場所で使用したものに自動的に切り替えます。プリンタとネットワークを手動で組み合わせることもできます。位置自動認識印刷機能を利用すれば、あとは[Print](印刷)をクリックするだけです。

位置自動認識印刷機能の詳細については、MicrosoftのWebサイトの「Windows 7 features」(Windows 7の機能)の項を参照してください。

トップに戻る

トピック3:ホームグループでのファイルとプリンタの共有


提供バージョン:Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate

Windows 7の新機能であるホームグループを使用すると、家庭内のコンピュータ接続が簡単に行えます。Windows 7が稼動しているコンピュータは、自動的にお互いを認識します。ホームネットワーク上に使用可能なホームグループがあれば、ホームグループパスワードを入力して参加できます。まだホームグループがない場合は、簡単に作成できます。いったんホームグループを設定すれば、家庭内の各PCやその他のデバイス間でのファイルの共有は、まるですべてのデータが1つのハードディスク上に存在しているかのように簡単になります。書斎のコンピュータに保存したデジタル写真を、家のどこからでもノートパソコンを使って簡単にアクセスできるようになります。同様に、ホームグループ内に接続されたプリンタがある場合は、家中のすべてのPCで自動的に共有できるようになります。

ホームグループは、ドメインに参加するコンピュータにも対応します。ドメイン内のコンピュータがホームグループに参加すると、ホームグループ上のホームプリンタと共有コンテンツへのアクセスが自動的に可能になります。

ホームネットワークに関する詳細については、Microsoft WindowsのWebサイト「ホームグループの概要:自宅で簡単に共有」の項を参照してください。

トップに戻る



 


記事ID: SLN289844

最終更新日: 2017/10/13 04:43


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。