ナレッジベース

Dell™ Streak接続ガイド - Hot Topic - 370275


Dell™ Streak接続ガイド

文書の概要: この文書では、電話、インターネット、およびBluetoothを使用して接続するようにDell Streakを設定、使用する方法を説明します。

目次:

  1. 通話の基本
  2. ブロードバンドを使用したWebへの接続
  3. Wi-Fiを使用したWebへの接続
  4. 基本的なWebブラウジング
  5. E-メールオプション
  6. Webアプリケーション
  7. Bluetoothデバイスとの接続


問題1: 通話の基本

デバイスの電話機能を使用するには、SIMカードを取り付ける必要があります。必ず、SIMカードの切り欠きを図1に示す向きに合わせて挿入します。


図1:図のようにSIMカードを挿入


デバイスの通話機能を使用するには、[Home](ホーム)画面の電話アイコンに触れて、通話画面を表示します(図2)。


図2:通話画面(縦モード)

番号は上の図の番号に対応します。
目的の電話番号に電話をかけたり、通話ログから電話をかけたりするには、に触れます。
入力した番号に触れると、その番号に電話をかけます。
画面上のダイヤルパッドを使用して番号を入力します。
入力した番号に電話をかけるには、ここに触れます。
誤入力した番号を消去するには、ここに触れます。
通話記録に触れると、通話情報を表示する、発信者に電話をかける、発信者にメッセージを送信する、Contacts(連絡先)で発信者を表示または保存するといった操作ができます。
Contacts(連絡先)から1人の連絡先を選択して電話をかけるには、ここに触れます。

次のような通話処理ボタンがあります。
  • [Incoming call](着信)画面でに触れると、着信に応答できます。

  • [Incoming call](着信)画面でに触れると、着信を拒否できます。

  • [Dialing](ダイヤル)画面でに触れると、ダイヤルした通話を取り消すか、アクティブな通話を終了できます。通話を終了するには、[Menu](メニュー)ボタン[End call](通話終了)に触れる方法もあります。


通話のヒント:
  • ダイヤルパッドの数字の0に触れたままにすると国際電話のための+記号を入力でき、それから国コード、市外局番、電話番号を入力します。表示された番号に触れると、電話をかけることができます。


  • 数字の1に触れたままにすれば、ボイスメールのメールボックスにアクセスできます。SIMカードにボイスメール番号が保存されていない場合、ボイスメール番号を作成するよう求められます。


  • 通話を保留にしたり、保留中の通話を取ったりするには、保留アイコンに触れます。


  • マイクをオンまたはオフにするには、[Mute](ミュート)アイコンに触れます。


  • スピーカフォンをオンまたはオフにするには、[Speaker](スピーカ)アイコンに触れます。

    警告:
    デバイスを耳に近付ける前に、必ずスピーカフォンをオフにしてください。聴力を損なう可能性があります。


  • Bluetoothヘッドセットをデバイスに接続すると、[Bluetooth]アイコンに触れることで、Bluetoothヘッドセットで通話を受けることができます。


  • 通話中に着信があった場合、に触れるか、[Menu](メニュー)ボタン[Hold current call & answer](現在の通話を保留にして着信に応答)の順に触れると、新しい着信を受け、アクティブな通話を保留にすることができます。最初の通話を終了するには、[Menu](メニュー)ボタン[End current call & answer](現在の通話を終了して着信に応答)の順に触れます。


  • 通話中に[Menu](メニュー)ボタンに触れると、[Add call](通話の追加)を行って、1つの通話を保留にして別の番号にダイヤルすることができます。その状態で[Merge calls](通話のマージ)に触れると、会議を開始できます。[Swap calls](通話のスワップ)に触れて、2本の通話を切り替えることもできます。この手順を繰り返して、参加者をさらに追加することができます。その状態で[Manage conference call](電話会議の管理)に触れると、参加者を切断したり、参加者とプライベートに会話するために他の参加者を保留にしたりするためのコマンドが表示されます。

トップに戻る


問題2: ブロードバンドを使用したWebへの接続
お客様のデバイスには、デバイスに取り付けられたSIMカードのサービスプロバイダで使用できる、GPR、EDGE、3G、またはHSPAの各ネットワークが設定されています。ただし、通常、音声通話とテキストメッセージ通信に限られています。Wi-Fi接続が利用できる場面では、デバイスは自動的にWi-Fi接続を使用してWebにアクセスします。 GPR、EDGE、3G、またはHSPAデータネットワークを使用してWebに接続するには、次の手順に従います。
  1. [Home](ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Wi-Fi]の順に触れて、Wi-Fiを無効にします。


  2. [Home](ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Mobile networks](モバイルネットワーク)、[Data connection](データ接続)の順に触れます。


  3. 代替手段として、次に示すように、ステータスバーに触れることで、[Home](ホーム)画面から同じコントロールにアクセスできます(図3)。


    図3:ステータスバーに触れてデータ接続を管理

  4. [Home](ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れると、手動でデータネットワークを選択できます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Mobile networks](モバイルネットワーク)、[Network operators](ネットワーク事業者)、[Search networks](ネットワークの検索)の順に触れます。現在利用できるネットワークのリストが表示されます。リストにあるネットワークに触れると接続できます。


  5. データネットワークを自動で選択するには、[Home](ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Mobile networks](モバイルネットワーク)、[Network operators](ネットワーク事業者)、[Select automatically](自動選択)の順に触れます。

トップに戻る


問題3: Wi-Fiを使用したWebへの接続
デバイスは、Wi-Fiとモバイルネットワーク(GPR、EDGE、3G、またはHSPA)のいずれかを介して、安定したWeb接続を維持しようとします。両方とも利用できる場合は、Wi-Fiがモバイルネットワーク接続より優先されます。Wi-Fiを使用してインターネットに接続するには、次の手順に従います。
  1. [Home](ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Wi-Fi]の順に触れて、[Wi-Fi]ボックスをオンにします。


  2. [Wi-Fi Settings](Wi-Fi設定)に触れます。検出されたWi-Fiネットワークのネットワーク名とセキュリティ設定が一覧表示されます。


  3. リストをフリックしてネットワークに触れると、そのネットワークに接続します。


  4. 必要に応じてパスワードを入力し、[Connect](接続)に触れます。

トップに戻る


問題4: 基本的なWebブラウジング
[Browser](ブラウザ)アイコンに触れて、Webブラウザをアクティブにします。Browser Control(ブラウザ制御)バーを使用してWebをナビゲートします(図4)。


図4:Browser Control(ブラウザ制御)バー

番号は上の図の番号に対応します。
触れると、ブラウザの履歴で1つ前のページが表示されます。
触れると、ブラウザの履歴で次のページが表示されます。
Webページアドレスフィールドに触れて、Webページのアドレスを入力します。
触れると、現在のページが更新されます。
触れると、Webブックマークにアクセスできます。

Webブラウジングのヒント:
  • ホームページを設定するには、[Menu] (メニュー)ボタン[Settings](設定)、[Set home page](ホームページの設定)の順に触れます。


  • Webページの目的の部分を表示するには、画面上でフリックします。


  • 画面の一部を拡大するには、2本の指を離す方向に動かして、Webページの目的の部分を押し広げます。同様に、画面の一部を縮小するには、2本の指を近付ける方向に動かして、Webページの目的の部分をつまみます。


  • [Menu] (メニュー)ボタン[New window](新規ウィンドウ)の順に触れることで、第2のウィンドウを開くことができます。また、[Menu] (メニュー)ボタン[Window overview](ウィンドウの概要)の順に触れることで、複数のブラウザ画面を表示し、表示する画面を選択することもできます。


  • [Menu] (メニュー)ボタン[Find on page](ページ内検索)の順に触れることで、Webページから特定のテキストを検索することができます。検索バーにテキストを入力します。


  • [Menu] (メニュー)ボタン[Select text](テキストの選択)の順に触れることで、Webページ上のテキストを、別のアプリケーションにコピーすることができます。テキストの先頭に指を置き、コピーするテキストの末尾までドラッグして、テキストをハイライトします。E-メール、テキスト、マルチメディアメッセージでは、テキストフィールドに触れたままの状態で[Paste](貼り付け)に触れると、ハイライトしたテキストを貼り付けられます。


  • 一般に、Webページの一部の情報を使用するには、目的の領域に触れたままの状態にすると、オプションのリストが表示されます。

トップに戻る


問題5: E-メールオプション
デバイスのWebベースE-メールサービスから、POP3、IMAP、およびE-メール交換アカウントを作成できます。E-メールの操作を開始するには、[Application](アプリケーション)ボタン [E-mail](E-メール)アイコン の順に触れます。
  • Eメールアカウントを設定するには、次の手順に従います。

    1. [Accounts](アカウント)画面で、[Next](次へ)に触れます。

    2. 追加するE-メールアカウントのE-メールアドレスとパスワードを入力し、[Next](次へ)に触れます。

      メモ:
      設定するE-メールアカウントがStreak E-メールデータベースに格納されていない場合は、サーバーやプロトコルなどのE-メールアカウント設定を手動で入力することを求められます。[Next](次へ)の代わりに[Manual Setup](手動セットアップ)に触れて、E-メールアカウントの着信および発信設定を直接入力できます。

    3. アカウントの名前と発信E-メールに表示する名前を入力し、[Done](完了)に触れます。

  • E-メールを作成して送信するには、次の手順に従います。

    1. [Application](アプリケーション)ボタン [E-mail](E-メール)アイコン の順に触れます。

    2. E-メールアカウントの受信ボックスで、Menu(メニュー)ボタン に触れて[Compose](作成)を選択します。

    3. [To](宛先)フィールドに受信者のE-メールアドレスを入力します。情報の入力中に、一致する連絡先が画面に表示されます。受信者に触れてE-メールアドレスを自動的に追加するか、E-メールアドレスの手動入力を続けます。E-メールを複数の受信者に送信する場合は、E-メールアドレスをカンマで区切ります。必要な数の受信者を追加できます。

    4. 件名を入力してから、メッセージを作成します。

    5. [Menu](メニュー)ボタン に触れて、[Send](送信)を選択します。

  • E-メールを削除するには、次の手順に従います。

    1. E-メールアカウントの受信ボックスで、削除するE-メールに触れ続けます。

    2. ポップアップメニューで、[Delete](削除)をクリックします。

  • E-メールアカウントを削除または編集するには、次の手順に従います。

    1. [Application](アプリケーション)ボタン [E-mail](E-メール)アイコン の順に触れます。

    2. 削除するアカウントに触れ続け、ポップアップメニューの[Remove account](アカウントの削除)に触れます。削除の確認を求められたら、[OK]に触れます。

    3. E-メールアカウントを編集するには、編集するアカウントに触れ続け、ポップアップメニューの[Account settings](アカウントの設定)に触れます。


TouchDownの使用

TouchDownは、Exchange Server上の企業のE-メール、連絡先および、カレンダーイベントにアクセスできるE-メール交換クライアントです。TouchDownでは、ActiveSync (優先プロトコル)、Exchange 2003、およびExchange 2007による同期がサポートされます。TouchDownの使用の詳細については、http://groups.google.com/group/nitrodeskを参照してください。

TouchDownアプリケーションを開くには、[Application](アプリケーション)ボタン [TouchDown](TouchDown)アイコン の順に触れます。Exchange Serverアカウントを設定するには、次の手順に従います。

  1. [Gear](ギア)アイコン に触れて、設定メニューを開きます。

  2. [Quick Configuration](クイック設定)ウィザードが開き、クイック設定の手順を表示する必要があるかどうかを確認されます。[Yes](はい)に触れて確定します。

  3. ユーザーID、ドメイン、パスワード、およびサーバーアドレスを入力します。

  4. [Uses SSL](SSLの使用)メニューで[No](いいえ)オプションに触れて、[Next](次へ)ボタンに触れます。

  5. [Protocols to check for](チェックするプロトコル)メニューで、すべてのオプション(ActiveSync (優先)、Exchange 2003、およびExchange 2007)を選択します。[Next] (次へ)ボタンに触れて次の手順に進みます。

  6. [Next](次へ)ボタンに触れて設定を開始します。
    トップに戻る

    問題6: Webアプリケーション

    これらの各アプリケーションに関する詳細情報を入手するには、製品マニュアルを参照してください。

    • Gmail - [お気に入り]バーの[Gmail]アイコンに触れると、GoogleのE-メールにアクセスできます。Gmailアカウントがない場合は、すぐに作成できます。既にアカウントを持っている場合は、画面上の指示に従ってアクセスします。


    • Googleトーク - 拡張アプリケーション画面の[Googleトーク]アイコンに触れます。Googleアカウントがある場合はログインします。ない場合は作成します。[Menu](メニュー)ボタン[Settings](設定)の順に触れて、デバイスをアクティブにしたときに自動的にGoogleトークにサインインするように設定することもできます。[Menu](メニュー)ボタンに触れると、友人リストの管理、チャットログの管理、プログラムのカスタマイズによる利便性の向上などを可能にする、Googleトーク固有のさまざまなオプションが表示されます。


    • Googleマップ - Googleマップをアクティブにした状態で[Menu](メニュー)ボタンに触れると、[My location](ユーザーの現在位置)の指定などのオプションが表示されます。[Search](検索)に触れると、特定の住所、都市や国、また「レストラン」、「学校」など業種や組織形態で検索することもできます。


    • YouTube - アプリケーション画面の[YouTube]アイコンに触れます。YouTube内で[Menu] (メニュー)ボタンに触れると、主題、カテゴリ、さらには長さによりビデオを検索することができます。[Voice command](ボイスコマンド)アイコンに触れてボイスコマンドを入力することもできます。


    • Android Market - アプリケーション画面の[Market]アイコンに触れます。ここから、Googleアカウントの情報を入力したり、新しいアカウントを作成したりすることができます。Android Marketでは、アプリケーションやゲームを検索したり、デバイスに対応する大量のプログラムをダウンロードしたりできます。


    • Amazon MP3 - Amazon MP3ストアでは、サンプルをブラウズ、試聴したり、MP3をAmazonストアから購入してデバイスに直接ダウンロードしたりできます。3Gネットワーク経由でもサンプルの検索や試聴はできますが、MP3をダウンロードするにはワイヤレスで接続している必要があります。

    トップに戻る


    問題7: Bluetoothデバイスとの接続
    Bluetoothは、デバイスを他のBluetooth対応デバイスに接続してデータ交換を可能にする近距離ワイヤレス通信テクノロジーです。
    Bluetoothをオンにしてデバイスを検出可能にするには、次の手順に従います。
    1. [Home] (ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)の順に触れます。


    2. Bluetooth機能をオンにするには、[Bluetooth]チェックボックスに触れます。ステータスバーにBluetoothインジケータが表示されます。


    3. [Bluetooth settings](Bluetooth設定)、[Discoverable](検出可能)チェックボックスに触れると、デバイスを、付近の他のBluetoothデバイスが検出できるようにすることができます。


    Bluetoothヘッドセットをペアリングして接続するには、次の手順に従います。

    1. [Home] (ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタンの順に触れます。[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Bluetooth settings](Bluetooth設定)の順に触れます。


    2. [Bluetooth] チェックボックスに触れて、オンにします。デバイスは、検出範囲内のBluetoothデバイスをスキャンし、検出されたすべてのデバイスを[Bluetooth devices](Bluetoothデバイス)バナーの下に表示します。


    3. デバイスとの接続を開始するには、デバイス名に触れます。


    4. パスワードを入力して認証を受けるように求められることがあります。両方のデバイスで同じパスワードを入力するか、デバイスメーカーが提供する固有のパスワードを入力します。メーカーのパスワードがわからない場合、最も一般的なデフォルトパスワードの「0000」または「1234」を試してみます。


    5. ペアリングが成功すると、ペアリングされたデバイスの下に[Paired but not connected](ペアリング済み未接続)と表示されます。


    6. ペアリングされたデバイスに触れると接続が開始されます。デバイスと、それにペアリングされたデバイスが正常に接続すると、ステータスバーにBluetooth接続インジケータが表示されます。


    [Home] (ホーム)ボタン[Menu](メニュー)ボタン[Settings](設定)、[Wireless controls](無線の管理)、[Bluetooth settings] (Bluetooth設定)の順に触れると、接続の終了、ペアリングの終了、デバイスのBluetooth名の変更など、Bluetoothに関する、いくつかの機能を実行することができます。

    メモ:
    Dell StreakのGoogle Androidオペレーティングシステムでは、Bluetoothのファイル転送サービスはサポートされていません。

    トップに戻る




     


    記事ID: SLN71616

    最終更新日: 2010/11/30 00:00


    この記事を評価する

    正確
    有益
    分かりやすい
    この記事は役に立ちましたか?
    はい いいえ
    フィードバックをお寄せください
    コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
    申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

    フィードバックをありがとうございます。