製品の無償交換

バッテリの無償交換(2006年)

デルでは、米国消費者製品安全委員会の協力を得て、ソニー製リチウム電池を搭載したデルブランドのバッテリを購入されたお客様を対象に、バッテリの自主回収および無償交換を行っています。対象となるモデルは、以下の通りです。
• Dell Latitude™
• Dell Inspiron™
• Dell XPS™
• Dell Precision™

ここに記載されたモデルをお使いのお客様は、搭載されているバッテリが交換対象になっている可能性があります。お手数ですが、Dell Battery Program(デルバッテリプログラム)のサイトでご確認をお願いします。デルは、対象のバッテリについて自主回収および無償交換を行います。これらのバッテリは、まれにではありますが、オーバーヒートを起こして火災を招く恐れがあります。[告知日: 2006年8月15日] 詳細については、こちらをクリックしてください。

*更新日: 2006年9月29日
無償交換プロセスの一環として、デルは無償交換の原因を解明するため、必要なデータの再検証をサプライヤに引き続き要求しています。その結果、バッテリのシリアルナンバー(識別番号)の修正リストが作成されました。

*更新日: 2008年10月30日
米国 消費者製品安全委員会は、ソニー製の一部のノートパソコン用バッテリが無償交換の対象となったことを発表しましたが。当該バッテリがデルの一部のユニット(世界中で300台未満)で使われていたため、この発表において他のシステム製造元と共にデルの名前が挙がりました。ソニーは、2006年のソニー製リチウムイオンバッテリの無償交換に関する追加情報を、デルに通知しました。その結果、交換の対象となる可能性のユニットが、約15,000個新たに追加されました。

*更新日: 2009年9月17日
デルは、2006年のソニー製リチウムイオンバッテリの無償交換に関する追加情報を入手しました。この無償交換の対象となる可能性のあるユニットは、18,000個程度になると予想されます。


ノートパソコンバッテリの無償交換(2005年)

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、Dell Latitude、Dell Precision、およびDell Inspironノートパソコンの一部モデル用に提供された特定のバッテリを購入されたお客様を対象に、代替のバッテリを無償で提供しています。詳細については、こちらをクリックしてください [告知日: 2005年12月16日]


ACアダプタの無償交換

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、Dell Latitude、Dell Precision、およびDell Inspironノートパソコンの一部モデル用に販売された特定のACアダプタ(パーツナンバー9364U、7832D、4983D)を購入されたお客様を対象に、代替のACアダプタを無償で提供しています。[告知日: 2004年10月8日] 詳細については、こちらをクリックしてください。


1700/1700nプリンタの無償交換

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、2004年6月8日~2004年8月18日の期間に1700/1700nプリンタを購入されたお客様を対象に、代替のプリンタを無償で提供しています。[告知日: 2004年9月7日] 詳細については、こちらをクリックしてください。


自動車内/航空機内用電源アダプタの無償交換

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、自動車内/航空機内用電源アダプタ(パーツナンバーW1451)を購入されたお客様を対象に、レトロフィットキットを無償で提供しています。[告知日: 2004年7月1日] 詳細については、こちらをクリックしてください。


バッテリの無償交換(2001年)

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、Dell Inspironノートパソコンの一部モデル用に販売された特定のバッテリを対象に、代替のバッテリを無償で提供しています。これらのバッテリは、過充電によるオーバーヒートを起こし、発煙、発火に至る恐れがあります。交換対象は上記のバッテリのみとなり、ノートパソコン本体は対象になりませんので、ご注意ください。対象となるノートパソコンおよび/またはバッテリは、 2000年1月7日から2001年3月21日の間に出荷されたものです。[告知日: 2001年5月3日] 詳細については、こちらをクリックしてください。

バッテリの無償交換(2000年)

デルでは、 米国消費者製品安全委員会の協力を得て、LatitudeおよびInspironノートパソコンの一部モデル用に販売された特定のバッテリを対象に、代替のバッテリを無償で提供しています。これらのバッテリは、使用していないときでもショートする可能性があり、非常に高温になり、発煙や発火に至る恐れがあります。[告知日: 2000年10月13日] 詳細については、こちらをクリックしてください。