Windows 2012について理解する

Windowsシステムの新機能を詳しくご紹介します。最大限に活用するためのヒントとしてご利用ください。

詳細

ドライバの詳細

Dell Server Deployment Pack Application 2.1

このパッケージは、Dell Server Deployment Packアプリケーションを提供し、Windwos Server 2008およびWindwos Server 2012オペレーティングシステムを実行しているエンタープライズサーバ、およびPowervaultモデルをサポートします。

バージョン

その他のバージョン
2.0,A00 14 5 201213:52:11

適応先

Server Deployment Pack for Microsoft System Center Configuration Manager;

日付

リリース日:
29 5 2013
最終更新日:
09 12 2013

重要度

オプション. お使いのシステムに適合するかどうかを判断するため、お客様がアップデートの詳細を確認することをお勧めします。このアップデートには、特定の構成にのみ適用される変更が含まれていたり、ご使用の環境に適合しない新機能が含まれている場合があります。

利用可能な形式

ファイル形式:Hard-Drive
ファイル名:Dell_Server_Deployment_Pack_v2.1_for_Configuration_Manager_A00.exe
ダウンロードタイプ:HTTP
ファイルサイズ: 82MB
フォーマットの説明このファイル形式は、ハードドライブ上のディレクトリに解凍できるファイルのアーカイブです。このディレクトリからインストールを行うことができます。
ダウンロードリストに追加しました
[{0}]に移動
ダウンロードの整合性を確保するには、Checksumの値を検証してください。
MD5:
27d61121ce7bc5afc6d3ceef4351b33d
SHA1:
808c6bdaf6dd7b1ff0d815abe3869a4649c3c71d
SHA-256:
366874c8fdb3fa538bb43195fde4a560bd58863a206830559da51467257e5b51

ダウンロードすることによって、Dellソフトウェア製品ライセンス契約の条項に同意したことになります。


重要な情報

重要事項 1.Dell Server Deployment Pack 2.1は、同一パッケージにDTK 4.2.0.1含んでいます。 2.iDRACネットワーク設定で、ターゲットに対して「Auto config Domain Name(自動設定ドメイン名)」が有効な場合、iDRACの構成に使用するタスクシーケンス「Static DNS Domain Name(静的DNSドメイン名)」が構成の設定に失敗します。ただし、タスクシーケンスはいかなるエラーも報告せず、次のタスクが引き続き実行されます。 3.この問題を回避するには、タスクシーケンスを実行する前に、iDRACネットワーク設定で、「Auto config Domain Name(自動設定ドメイン名)」を消去します。 4.タスクシーケンスでは、カスタムアクション手順、「Restart in WinPE(WinPEでの再起動)」、「SetRebootStep(SetRebootStep)」、「RebootをPXE/USB(PXE/USBで再起動)」、2番目の「Format and Partition(フォーマットおよびパーティション)」手順、「Setup windows and ConfigMgr(セットアップウィンドウおよびConfigMgr)」、および「Reset RebootStep(RebootStepのリセット)」を移動または削除しないことをお勧めします。 5.クライアントマシンでは、デルリモートアクセスコントローラの「Virtual Flash(仮想フラッシュ)」が「Enabled(有効)」に設定されていると、タスクは失敗します。 6.この不具合を回避するには、クライアントマシンでタスクを実行するときは、「Virtual Flash(仮想フラッシュ)」が「Disabled(無効)」に設定されていることを確認します。 7.オペレーティングシステムの導入後、インストールした大容量ストレージドライバがタスクシーケンスで指定したものと同じであることを確認してください。 8.ドライバに相違点がある場合は、手動でドライバを更新します。 9.アレイ構成ツールでは、非RAIDディスクで論理ドライブを削除できません。 10.コンフィグレーションマネージャ2007では、デル独自のパッケージ、ドライバ、および起動イメージがコンフィグレーションマネージャの「配布ポイントの管理ウィザード」を使用して管理され、確認ページに不完全な概要が表示されます。 11.「Task Sequence Editor(タスクシーケンスの編集)」ウィンドウで、デルのカスタムアクションに対する「Logs/Return Files(ログ/リターンファイル)」ページのパスを変更し、「APPLY(適用)」および「OK」をクリックします。 12.Windows Server 2008オペレーティングシステムでDSDPをアンインストールすると、メッセージが表示され、設定を完了するには再起動が必要であることが通知されます。このメッセージを無視し、「OK」をクリックして、アンインストールを完了します。 13.DSDP 2.1向けの「ConfigMgr Client Package」の新しいバージョンはありません。

修正と強化

修正 - DSDPの以前のリリースで報告され、このリリースで修正された問題を修正。- 「Retain and Remove DTK(DTKの保持および削除)」画面を修正。コンフィグレーションマネージャ管理コンソールでDSDPのアップグレード中にコンフィグレーションマネージャコンソールを開いたままにしている場合は、画面を無視して、「Next(次へ)」をクリックします。機能拡張 - Microsoft System Centerコンフィグレーションマネージャ(コンフィグレーションマネージャ)2012 SP1のサポートを強化 - Windows 2012サーバの導入サポートを強化 -次のデルの新規サーバのサポートを強化 i.Dell PowerEdge M420 ii. Dell PowerEdge R520 iii. Dell PowerEdge R320 iv. Dell PowerEdge R420 v. Dell PowerEdge M520 vi. Dell PowerEdge T420 vii. Dell PowerEdge T320 viii. Dell PowerEdge M 820 - SMSプロバイダがサイトサーバシステム以外のシステムにインストールされているコンフィグレーションマネージャでのDell Server Deployment Packのインストールのサポートを強化しました。

インストール手順

ハードドライブのインストール(ファイル解凍のみ)手順 ダウンロード 1.「Download File(ファイルのダウンロード)」をクリックして、ファイルをダウンロードします。 2.「File Download(ファイルのダウンロード)」ウィンドウが表示されたら、「Save(保存)」または「Save this program to your hard drive(このプログラムをハードドライブに保存する)」をクリックします。インストール 1.ファイルをダウンロードした場所に移動して、新しいファイルをダブルクリックします。 2.この後は、プロンプトに従ってアップデートを実行します。

My Download List-#1 (0 )

ドライバのヘルプとチュートリアル

マイダウンロードリスト

マイダウンロードリストを使うと、ドライバのリストを作成して、後でインストールできるように保存しておくことができます。リストを保存するには、既存のアカウントにログインするか新しいアカウントを作成して、「Save this list(このリストを保存する)」を選択します。
詳細