Dell Backup and Recovery 1.8: リカバリ

Dell Backup and Recovery 1.8: リカバリ



この記事では、Dell™ Backup and Recovery 1.8を使用したリカバリについて説明します。


目次:

  1. システムリカバリ
  2. データの回復
  3. アプリケーションおよびドライバ
  4. My Dell Software
  5. Dell Backup and Recovery: 便利なリンク

 

メモ: Dell Backup and Recovery 1.8は、デル製システムには同梱されなくなりました。 この文書はレガシーユーザ向け情報のみを提供します。

 

注意: Windows 10にシステムをアップグレードする前に、 最新バージョンのDell Backup and Recovery 1.8をインストールしていることと、アップグレード後もソフトウェアが動作することを確認してください。 詳細については、「Dell Backup and Recovery (DBAR) and Windows 10(Dell Backup and Recovery (DBAR)およびWindows 10) 」を参照してください。


「リカバリ(Recovery)」タイルは、異なる種類のリカバリを実行するために使用されます。ユーザーは「Recovery(リカバリ)」タイルから、次のオプションにアクセスできます。

  • 「System Recovery(システムリカバリ)」 - デバイス全体(オペレーティングシステム(OS)、ドライバ、およびデータ)を以前の日付または出荷時の状態に復元します。
  • 「Recover your Data(データの回復)」 - 特定のファイルおよびフォルダをデータバックアップから復元します。
  • 「Applications and Drivers(アプリケーションおよびドライバ)」 - デバイスに事前インストールされたアプリケーション、ドライバ、およびユーティリティを回復できます。
  • 「Dell Software」 - バックアップメディアに付属しておらず、 Dell Digital Lockerからのみダウンロードできるソフトウェアを復元できます。

 

1. システムリカバリ

Windows使用中

この機能を使用すると、システムを以前の日付または出荷時イメージにリカバリすることができます。

Windowsのシステムをリカバリするには、次のステップに従います。

1. ノートパソコンにACアダプタが正しく接続されていることを確認してください。

2. 「Recovery(リカバリ)」タイルをクリックします。

3. はい、続行をクリックします。

4. リカバリポイントが複数ある場合は、目的のリカバリポイントを選択して、「Restart(再起動)」をクリックします。

5. ユーザーにポップアップメッセージ「Please select the System Backup carefully(システムバックアップを慎重に選択してください)」が表示されます。 選択したシステムバックアップよりも新しいシステムバックアップは削除されます。 Do you want to continue?」(プロファイルは永久に削除されます。続行しますか) 確認して「Yes(はい)」をクリックします。

6. システムが再起動し、選択したリカバリポイントに応じて、出荷時イメージへの復元処理が実行されます。
画面の指示に従って、オペレーティングシステムのセットアップを行います。

システムリカバリに戻る

 

Windows 7のリカバリパーティションから

Dell Backup and Recoveryでは、リカバリパーティションからオペレーティングシステムを回復したりバックアップを作成したりすることができます。

Windows 7でリカバリパーティションからOSを回復するには、次の手順に従います。

1. ノートパソコンにACアダプタが正しく接続されていることを確認してください。

2. 「スタート」ボタンをクリックして、「シャットダウン」オプションから「再起動」を選択します。

3. システムの再起動中に、「Advanced Boot Options(詳細ブートオプション)」画面が表示されるまでF8キーをタップします。

4. 最初のオプションの「Repair Your Computer(コンピュータを修復する)」を選択します。

5. Windowsによってファイルが読み込まれた後、お使いのキーボードのロケールを選択し、「次へ」をクリックします。

6. ログインプロンプトが表示されたら、「OK」をクリックします。

7. 「システム回復オプション」画面で、「Dell Backup and Recovery」を選択します。

8. システムが再起動したら、Dell Backup and Recovery画面で「Next(次へ)」をクリックします。

9. ドライブに問題がないかどうかを確認するハードドライブ診断が実行されます。診断が完了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

10. 「Smart Repair(Smart修復)」オプションで問題が解決するかどうか、システムがチェックされます。これが終了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

11. 「Smart Repair(Smart修復)」で問題が見つからない場合は、「Instant Restore(インスタント復元)」に進みます。 Instant Restore(インスタント復元)が成功すると、システムを再起動するよう求められます。

12. Instant Restore(インスタント復元)」で問題が解決できない場合、 「Advanced Options(詳細オプション)」画面が、以下に示す他の使用可能なオプションとともに画面に表示されます。

  • 「Restore this device to a specific point in time.(デバイスを特定時刻の状態に復元する。」
  • 「Factory Refresh - Only restores the system partition.(出荷時状態へのリフレッシュ - システムパーティションのみを復元する。」
  • 「Factory Reset - Deletes data and resets all partitions.(出荷時状態へのリセット - データを削除し、すべてのパーティションをリセットする。」
  • 「Exit to Microsoft Troubleshoot menu.(Microsoftのトラブルシューティングメニューを終了する。」

 

13. どの詳細オプションに進む場合でも、データをバックアップするよう求めるプロンプトが表示されます。バックアップが必要な場合は、「Next()」を選択してバックアップするか(バックアップ用の外付けハードドライブを用意してください)、バックアップが必要でない場合は「Skip(スキップ)」をクリックしてください。

14. 処理が実行され、OSが復元されます。 完了したら、「Restart(再起動)」をクリックします。

15. 画面の指示に従って、Windowsのシステム設定を完了します。

システムリカバリに戻る

Windows 8のリカバリパーティションから

Dell Backup and Recoveryでは、リカバリパーティションからオペレーティングシステムを回復したりバックアップを作成したりすることができます。

Windows 8でリカバリパーティションからOSを回復するには、次の手順に従います。

1. ノートパソコンにACアダプタが正しく接続されていることを確認してください。

2. 「設定」チャームをクリックします。

3. 「シャットダウン」ボタンをクリックし、Shiftキーを押しながら、表示されたオプションから「再起動」をクリックします。

4. システムが再起動したら、ログインし、「トラブルシューティング」をクリックします。

5. 「Dell Backup and Recovery」アイコンをクリックします。

6. システムが再起動したら、Dell Backup and Recovery画面で「Next(次へ)」をクリックします。

7. ドライブに問題がないかどうかを確認するハードドライブ診断が実行されます。診断が完了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

8. 「Smart Repair(Smart修復)」オプションで問題が解決するかどうか、システムがチェックされます。これが終了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

9. 「Smart Repair(Smart修復)」で問題が見つからない場合は、「Instant Restore(インスタント復元)」に進みます。 Instant Restore(インスタント復元)が成功すると、システムを再起動するよう求められます。

10. Instant Restore(インスタント復元)」で問題が解決できない場合、 「Advanced Options(詳細オプション)」画面が、以下に示す他の使用可能なオプションとともに画面に表示されます。

  • 「Restore this device to a specific point in time.(デバイスを特定時刻の状態に復元する。」
  • 「Factory Refresh - Only restores the system partition.(出荷時状態へのリフレッシュ - システムパーティションのみを復元する。」
  • 「Factory Reset - Deletes data and resets all partitions.(出荷時状態へのリセット - データを削除し、すべてのパーティションをリセットする。」
  • 「Exit to Microsoft Troubleshoot menu.(Microsoftのトラブルシューティングメニューを終了する。」

 

11. どの詳細オプションに進む場合でも、データをバックアップするよう求めるプロンプトが表示されます。バックアップが必要な場合は、「Next()」を選択してバックアップするか(バックアップ用の外付けハードドライブを用意してください)、バックアップが必要でない場合は「Skip(スキップ)」をクリックしてください。

12. 処理が実行され、OSが復元されます。 完了したら、「Restart(再起動)」をクリックします。

13. 画面の指示に従って、Windowsのシステム設定を完了します。

システムリカバリに戻る

出荷時状態のリカバリメディアから

Dell Backup and Recovery 1.8では、リカバリメディアからオペレーティングシステムを回復したりバックアップを作成したりすることができます。

リカバリメディアからOSを復元するには、次の手順に従います。

メモ: 出荷時状態のリカバリメディアをあらかじめ作成しておく必要があります。

1. ノートパソコンにACアダプタが正しく接続されていることを確認してください。

2. 出荷時状態のリカバリメディアを光学ドライブに挿入するか、USBリカバリキーをUSBポートに接続します。

3. デルのロゴ画面が表示されたらF12キーをタップしてリカバリメディアから起動し、バックアップの保存先に応じて「CD/DVD Drive(CD/DVDドライブ)」または「USB Device(USBデバイス)」を選択します。 任意のキーを押してCD/DVDから起動するように求められる場合があります。このメッセージが表示されたら、キーボードの任意のキーをすばやく押してください。

4. リカバリメディアから、「Dell Backup and Recovery」画面が起動します。 この画面で「Next(次へ)」をクリックします。

5. ドライブに問題がないかどうかを確認するハードドライブ診断が実行されます。 ドライブ診断が完了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

6. 「Smart Repair(Smart修復)」オプションで問題が解決できるかどうか、システムがチェックされます。 ドライブ診断が完了したら、「Next(次へ)」をクリックします。

7. Smart Repair(Smart修復)で問題が見つからない場合は、Instant Restore(インスタント復元)に進みます。 Instant Restore(インスタント復元)が成功すると、システムを再起動するよう求めるプロンプトが表示されます。

8. Instant Restore(インスタント復元)」で問題が解決できない場合、 「Advanced Options(詳細オプション)」画面が、以下に示す他の使用可能なオプションとともに画面に表示されます。

  • 「Restore this device to a specific point in time.(デバイスを特定時刻の状態に復元する。」
  • 「Factory Refresh - Only restores the system partition.(出荷時状態へのリフレッシュ - システムパーティションのみを復元する。」
  • 「Factory Reset - Deletes data and resets all partitions.(出荷時状態へのリセット - データを削除し、すべてのパーティションをリセットする。」
  • 「Exit to Microsoft Troubleshoot menu.(Microsoftのトラブルシューティングメニューを終了する。」

 

9. どの詳細オプションに進む場合でも、データをバックアップするよう求めるプロンプトが表示されます。バックアップが必要な場合は、「Next()」を選択してバックアップするか(バックアップ用の外付けハードドライブを用意してください)、バックアップが必要でない場合は「Skip(スキップ)」をクリックしてください。

10. 処理が実行され、OSが復元されます。 完了したら、「Restart(再起動)」をクリックします。

11. 画面の指示に従って、Windowsのシステム設定を完了します。

システムリカバリに戻る

記事のトップに戻る


2. データの回復

データバックアップから特定のファイルやフォルダを復元する必要がある場合は、データ・リカバリ・オプションを使用します。

データ・リカバリ・オプションを使用するには、次のステップに従います。

「Recovery(リカバリ)」画面の左にある「Recover your Data(データの回復)」タブをクリックします。

次の中から選択する必要があります。

「WHERE(場所)」

  • 「Original Destination(元の場所)」 - これは、データのリカバリ元の場所です。
  • 「Browse(参照)」 - これは、データのリカバリ先の場所です。 このタイルをクリックして、場所を指定できます。

方法

  • 「Rename Duplicate Files(重複ファイルの名前変更)」 - このオプションを選択して、重複ファイルをリカバリする際に、元のファイル名に番号を付けて名前を変更します。
  • 「Keep Newer Files(より新しいファイルを保存)」 - このオプションを選択すると、最新の日付およびタイムスタンプを持つファイルのみが保存されます。
  • 「Overwrite All Files(すべてのファイルを上書き)」 - このオプションを選択すると、すべての既存のファイルおよびフォルダが、データバックアップから取得したファイルおよびフォルダに上書きされます。
  • 「Keep Older Files(より古いファイルを保存)」 - このオプションを選択すると、一番古い日付およびタイムスタンプを持つファイルのみが保存されます。

操作

  • 「Original Destination(元の場所)」タイルの下の「Documents(文書)」「Pictures(写真)」「Music(音楽)」、または「Videos(ビデオ)」タイルを選択して、リカバリに含めるファイルのタイプを設定できます。 また、「Add more files(ファイルをさらに追加)」ボタンをクリックすると、リカバリにファイルをさらに追加できます。
  • 「Add more files(ファイルをさらに追加)」のすぐ下の「File to recover(リカバリするファイル)」リンクをクリックすると、復元されるアイテムが表示されます。

「More Options(詳細オプション)」

  • 「More Option(詳細オプション)」(上部右側に位置) - ここをクリックしてデータリカバリ設定を行います。 以下に、「More Option(詳細オプション)」で使用できるオプションの説明を示します。

「File selection(ファイルの選択)」 - データリカバリに含めるファイルまたはフォルダを選択できます。

「Browse archive(アーカイブを参照)」 - リカバリ用にアーカイブされたデータを検索できます。

記事のトップに戻る


3. アプリケーションおよびドライバ

これを使用すると、デバイスにすでにインストールされたアプリケーション、ドライバ、およびユーティリティを回復できます。 目的のカテゴリのタイルをクリックして、回復するアイテムを選択します。

記事のトップに戻る


 

4. My Software Downloads

コンピュータ上に事前にインストールされたソフトウェアの中には、バックアップCDまたはDVDにインストールされていないものもありますが、Dell Digital Lockerから入手できます。  画面の手順に従って、最初に購入したソフトウェアにアクセスします。

メモ: 特定のソフトウェアをダウンロードできる回数には制限があります。

記事のトップに戻る


 

4. Dell Backup and Recovery: 便利なリンク

Dell Backup and Recovery Webサイト

Dell™ Backup and Recovery 1.8: 概要とインストール

Dell Backup and Recovery 1.8: Factory Recovery Media(Dell Backup and Recovery 1.8: 出荷時状態のリカバリメディア)

Dell™ Backup and Recovery 1.8: バックアップ

 

記事のトップに戻る





記事ID: SLN297654

最終更新日: 2017/08/15 11:22


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。