動作が遅い、またはハングアップしているMicrosoft Outlookのトラブルシューティング

動作が遅い、またはハングアップしているMicrosoft Outlookのトラブルシューティング



Microsoft Outlookの動作が遅いですか? またはハングアップしていますか? この文書には、トラブルシューティングに役立ついくつかのアドバイスが記載されています


目次:

  1. 概要
  2. Outlookをセーフモードで開いてみる
  3. scanpst.exeを使用してOutlookのデータファイルのエラーを修正する
  4. Outlookプロファイルを修復する
  5. Outlookプロファイルを新規作成する
  6. インストーラを使用してOutlookを修復する

1.概要

Outlookプログラムでパフォーマンスの問題が発生している場合、いくつかの問題が原因となっている可能性があります。

  • PSTファイルが破損している
  • Outlookアドインが機能していない
  • Outlookプロファイルが破損している
  • Outlookアプリケーションの問題

次のステップを実施することで、この問題を解決できる場合があります。

警告: これらの手順は、上級ユーザを対象にしています。次の手順に従うことでデータ損失やWindowsオペレーティングシステム破損の可能性があるため注意してください。

トップに戻る


2.Outlookをセーフモードで開いてみる

Outlookをセーフモードで開いてみる

  1. セーフモードで起動するには、Ctrlキーを押しながらOutlookを開きます。(メッセージが表示されるまでキーを押し続け、)「スタート」をクリックして、「検索」または「ファイル名を指定して実行」ボックスで「outlook.exe /safe」と入力してEnterキーを押します

  2. セーフモードのOutlookが遅い、またはハングアップする場合は、アドインが問題の原因となっている可能性があります。Outlookで、「ファイル」「オプション」「アドイン」の順にクリックします。一番下に表示されている「管理」で「設定」をクリックして、次の画面でチェックマークを外します

  1. すべてのアドインを無効にします。この後、Outlookを通常モードで起動して、正常に動作するか確認してください。これで正常に動作した場合、Outlookに再び問題が発生するまで1つずつアドオンを有効にしてみる方法が考えられます。原因である可能性が最も高いのは、最後に有効にしたアドインです。このアドインをアンインストールまたは再インストールします

トップに戻る


3.scanpst.exeを使用してOutlookのデータファイルのエラーを修正する  

セーフモードのOutlookでアドインを無効にしてもパフォーマンスの問題が解決しない場合は、破損したPSTファイルまたはプロファイルが原因で問題が発生している可能性があります。

PSTまたは個人用のストレージフォルダ(.PSTファイルとも呼ばれる)は、Outlookがメッセージ、連絡先、予定、タスク、メモ、ジャーナルエントリを保存する場所です

  1. Windowsの「コントロール パネル」で「メール」を開いて、PSTファイルを探します。「データ ファイル」ボタンをクリックします。

  1. 複数のPSTファイルがある場合は、チェックマークがついているファイルを探します。これがデフォルト設定です。

  1. [データ ファイル]ウィンドウに示されたパスに移動します。例: C:\Users\johnxxxxx\AppData\Local\Microsoft\Outlook

  2. 隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」を選択し、「登録されている拡張子は表示しない」チェックボックスの選択を解除する必要がある場合があります
    これらの設定を変更する方法については、Microsoftの文書 - 「隠しファイルを表示する外部リンク」を参照してください。

  1. PSTファイルのバックアップコピーは、安全な場所またはリムーバブルストレージに保存することをお勧めします

  2. .pst拡張子を.pspに変更します

  3. Outlookを再度開いて、起動時にプロンプトが表示されたら「OK」を2回クリックします。これで新しいPSTファイルが作成されます。Outlookが正常に開き、パフォーマンスの問題が発生しない場合は、元のPSTファイルに問題があることが考えられます。

  4. ただし、新しい汎用PSTファイルでも同じ問題が発生した場合は、プロファイルかOutlookが破損しています。次の「Outlookプロファイルを修復する」セクションに進んでください。

  5. .pspファイルの名前を.pstに戻します

  6. 元のファイルでscanpst.exeツールを実行してテストします。

    メモ: このプロセスではOutlookを実行してはいけません
    1. scanpst.exeの場所は、Outlookのバージョンと言語によって異なります。
      • Outlook 2016
        32ビットのWindows: C:\Program Files\Microsoft Office\Office16\
        64ビットのWindows: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\
      • Office 365/Outlook 2016(クイック実行版)
        すべてのWindows: C:\Program Files\Microsoft Office\root\office16\
      • Outlook 2013
        32ビットWindows: C:\Program Files\Microsoft Office\Office15
        64ビットのWindows: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15
      • Outlook 2010
        32ビットWindows: C:\Program Files\Microsoft Office\Office14
        64ビットのWindows: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office14
    2. ツールアイコンをダブルクリックします

    3. 修復する必要があるPSTファイルを参照します

    4. スキャンが実行され、エラーが修正されたら、scanpst.exeを少なくとも3回繰り返し実行します

  7. Outlookを再度開いてみて、依然としてPSTファイルに問題がある場合は、このMicrosoftの文書「Outlook データ ファイル (.pst および .ost) を修復する外部リンク」の手順に従って、回復をさらに試みてください

トップに戻る


4.Outlookプロファイルを修復する

Outlookに汎用PSTファイルと同じパフォーマンスの問題が現れる場合は、プロファイルが破損している可能性があり、コントロールパネルから修復を試みることができます。

  1. 「コントロール パネル」で「メール」を選択し、「電子メールアカウント」をクリックします

  1. 「アカウント設定」ダイアログボックスの「電子メール」タブで、アカウントをハイライトし、「修復」をクリックします

  1. 修復ウィザードのプロンプトに従います

  2. 「完了」オプションをクリックします。修復が完了したら、Outlookを再起動します

この段階では、別の選択肢として既存のプロファイルをコピーして開けるかどうかを確認することもできます。

  1. 「コントロール パネル」で「メール」を選択し、「プロファイルの表示」をクリックします

  1. 「コピー」をクリックして、プロファイルに新しい名前を入力します(例: 最後に1を追加する)

  2. ドロップダウンボックスから新しいプロファイルを選択し、「常にこのプロファイルを使用する」ラジオボタンの下の「OK」をクリックします。

  1. Outlookを再起動してみます

  2. それでも問題が解決しない場合は、次の「Outlookプロファイルを新規作成する」セクションに進みます。

トップに戻る


5.Outlookプロファイルを新規作成する

Outlookで汎用PSTファイルを使用してもパフォーマンスの問題が引き続き発生し、コピーと修復機能が失敗した場合は、新しいプロファイルを作成してみることができます。

  1. 「コントロール パネル」で「メール」を選択し、「プロファイルの表示」をクリックします

  1. 「追加」をクリックして、新しいプロファイルの名前を入力します

  2. 「OK」を選択する前に、「使用するプロファイルのプロンプトを表示する」を選択します

  1. Outlookを起動し、新しいプロファイルを選択します

  2. 新しいプロファイルでOutlookが正常に実行できたら、データを新しいプロファイルに移動できます

  3. このMicrosoft文書には、次の詳細情報があります。
    「Outlook 2010がインストールされている別のコンピュータにOutlookの情報を移動する(英語)」 外部リンク

それでもOutlookの問題が解決しない場合は、次のセクション「インストーラを使用してOutlookを修復する」に進みます

トップに戻る


6.インストーラを使用してOutlookを修復する

上記の手順がすべてうまくいかない場合は、Outlookが破損している可能性があります。「プログラムと機能」の「変更」または「プログラムの追加と削除」(XP)を選択して、Outlookの修復を試みることができます。

この方法と上記の方法が失敗した場合は、Outlook/Officeをアンインストールして再インストールする必要があります。

詳細については、以下の関連リンクを参照してください。

トップに戻る





記事ID: SLN284173

最終更新日: 2018/08/03 17:45


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。