Highlighted
モデレーター
モデレーター

おしゃれなオフィスでバックアップを語るツアーに参加してみた

働き方改革は出勤形態を変えるだけでなくオフィスのレイアウトも変えるようで、

社員の平均年齢が低い会社などはやはり若い人向けの魅力ある環境を備えています。

 

行ってみたい!

 

快くそれを快諾してくれたのは我らがGeek Gilrsのメンバー、ayanoさん。

お言葉に甘えてお邪魔しました。

tour2.jpg

ayas:今日は素敵なところにお招きありがとうございます。ほんとに眺めがいい!今日はフォーラム一の回答者、あのAvamar帝王もこちらのツアーにお連れしました。

kurokoichi:あ、どうも。。。(ayano、vDuckを前にしてちょっと緊張気味。)

vDuck:Avamarさんにはもう*勝*敗状態なんですが本日もよろしくお願いします。(ぐわぐわコンペモード?)

Uehara Y.:まあまあ、まずはいつもの乾杯やってから和やかにやりましょう!

tour3.jpg

vDuck:Veeamはおかげさまでそれなりに伸びてますけど、やっぱり既存のAvamarのお客様には基本響かないですね・・・

ayas:でもネットではAvamar 旗色悪しでした。Veeamのこと悪く言う人はいないぞ!って。

Uehara Y.:サクラかと思うくらい!

vDuck:まじですかや!?Veeamは今はやりのサブスクリプション契約推しですし,『機能追加したいなら買ってね』っていう後だしじゃんけんもなく最初っから必要なものまるっと付けてはいどうぞ!なので、提案しやすく検討もしやすいと思います。

kurokoichi:慣れればAvamarだってそんなに難しくないよ。(ちょっと不満気)

ayano:Veeamのサブスクリプション契約は便利なんだけど最初のインスタンスの計算は頭が痛かった。それにUI も最初慣れるまでメインの設定メニューにたどりつけない!

vDuck:あのVeeamコイン制度ねぇ・・・インスタンスが面倒なのは最初だけで、物理からクラウドまでワークロードがマイグレーションできる今のトレンドに乗った便利でエフィシェンシーな課金形式なんですよね。あと、メインの設定画面まで行くのは所見だとちょっと隠しコマンド的な感じですね。でもあのUIは日本人の考え方で作ってないもんで、設定とかは普段は使わないから脇に寄せちゃってるようなんです。大げさに言うと、普段はバックアップスタートするポチっていうボタンやリストアするバックアップのデータとメニューだけが分かればいい。

ayas:やっぱりいろいろいじりたい人向けに作られていないVeeamと通好みのAvamarって感じなのかな。。。

vDuck:うにゃー。いじりたい人はregeditで・・・うちらが困らん程度に。。。(笑)

tour4.jpg

Uehara Y.:Dell EMCではバックアップ製品が統合されつつあるけど将来的にはどうなんだろう・・・

kurokoichi:Dell EMCで提供しているバックアップ製品は相互関係を持たせて何を今まで使っていても大丈夫、リストアできるようにする、というのが大前提であることは確かです。そうしないと今まで使っていたバックアップソフトウェアにお客様をそれぞれ囲い込むことになる。

vDuck:VeeamはDataの置き場所に関してはどこにDataがあっても単一のUI上であたかも全部手許にあるかのようにリストア可能、Availablilityを担保しているあたり、便利ですからねぇ。Veeamがあればクラウドにあろうとも、オンプレにあろうともデータを保護して制御できるんです。

ayano:クラウド熱ってのはまだ冷めない、というかまだ惑わされてる感があるよね。

kurokoichi:クラウドにあっていいものとなくてもいいものの違いをみんな考えあぐねていると思う。

ayano:バックアップしたいものの容量に対する理解も必要ですね。Isilonをバックアップしたいお客様に果たしてクラウドが必要なのか、そもそもIsilonをまるごとバックアップする必要があるのか。

vDuck:クラウドに災対を作るのは賛成ですね。災対は普段あまり使わないけどいざという時必要!クラウドの良い点は使いたいサービスを使いたいときだけ使える点。この組み合わせは非常に相性が良いと思うんです。

ayano:オンプレでシステムを持っている人がクラウドに一部を移行して運用するとなるとコストが意外とかかります。災対用であれば現実的ですね。

vDuck:そうかと思うとまだテープ使ってバックアップしてる人もいるよね。ディシジョンメーカーががっつりオンプレ派。クラウド上にアーカイブするのがいくら低コストでもしっかりとテープアウトして金庫にしまう・・・みたいな。

ayano:そうそう、お客様の中にはクラウド好きな人もいれば、テープ好きの人もいる。

ayas:ほんと、それぞれのお客様でそれぞれ好みがあって面白いですよね。

 

混沌としたバックアップの世界、のみならずIT業界全体。最前線で戦うこの人たちこそが迷える人を救えるのかもしれない・・・

 

 

 

人物紹介

kurokoichi:フォーラムではAvamar への書き込み回答率95%のバックアップの帝王。

ayano:素敵なカフェのあるオフィスで、バリバリ仕事をこなすGeek Girlsの出世頭。

vDuck:フォーラムにVeeamの話が出ると、どこからともなく書き込んでくるらしい。実は屈指のEMC Lover。

Uehara Y.:StarTreckのMr Data.くらいに数字とITと論理戦に強いフォーラムの父。

ayas:突拍子もないことをしでかしていつもフォーラムの父を困らせる。借りてきた猫のふりは2時間が限度。