Highlighted
モデレーター
モデレーター

Active/Activeのロッキングサービス(Locking Service)【Ranbo対話シリーズ】

解決策を見る

次世代VNXのActive/Activeロッキングサービスに関するランボー博士とニアライン君の対話です。

ラベル(1)
0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
モデレーター
モデレーター

Re: Active/Activeのロッキングサービス(Locking Service)【Ranbo対話シリーズ】

解決策を見る

ランボー博士:「ブロックアクセスでは同じブロックに複数のホストから同時にアクセスを行うことが出来ないのを知っているか?」

ニアライン君:「知りません」

ランボー博士:「じゃあ覚えろ」

ニアライン君:「・・・・」

ランボー博士:「ブロックアクセスは常に一つのソースから行われなくてはならず、複数のソースからのアクセスは禁止されている」

ニアライン君:「不便ですね」

ランボー博士:「不便とかそういうレベルの話ではない。同時書き込みなどあったらデータが壊れてしまうのだから受け入れるしかない」

ニアライン君:「え!そうなんですか?」

ランボー博士:「そうだ」

ニアライン君:「でもファイルサーバーとかで複数のファイルに同時アクセスとかみんな普通にやっているじゃないですか」

ランボー博士:「それはファイルアクセスだからな」

ニアライン君:「は?」

ランボー博士:「ブロックアクセスとファイルアクセスの違いとは?【Ranboシリーズ】でも読んでブロックアクセスとファイルアクセスの違いを理解するといい」

ニアライン君:「今ここでその詳細を聞いても教えてくれなそうですね」

ランボー博士:「その通り。今日はその話ではないからな。何にしてもブロックアクセスにはそういった特性があるために、バックエンドからLUNに対するActive/Activeのアクセスが可能になっても、SP-AとSP-Bからのアクセスが"両方同時に"来るとアウトだ」

ニアライン君:「アウトですか。。」

ランボー博士:「だから次世代VNXでActive/Activeが実現された時にロッキングサービス(Locking Service)というものが導入された」

ニアライン君:「それは何をするサービスですか?」

ランボー博士:「ロックだ」

ニアライン君:「ロック?」

ランボー博士:「SP-AとSP-BからLUNに対して同時にアクセスが発生しないように、例えばSP-AからLUNへのアクセスが発生している場合には、そのアクセス領域をロックしてSP-Bからのアクセスをさせないようにするのだ」

locking_service.png

ニアライン君:「まぁ当然と言えば当然ですね。ロックをかけて他からのアクセスをブロックしないと、同時にアクセスが発生してデータが壊れちゃいますもんね。絵もシンプルで分かりやすいです」

ランボー博士:「しかしこのロックを実現するためにはSP-AとSP-Bの間で情報のやり取りが出来る必要がある」

ニアライン君:「ですね」

ランボー博士:「SP間の情報やデータのやり取りに利用されるバスを覚えているか?」

ニアライン君:「CMI!」

ランボー博士:「あたり。以上!」

ニアライン君:「え?」

0 件の賞賛
1件の返信1
モデレーター
モデレーター

Re: Active/Activeのロッキングサービス(Locking Service)【Ranbo対話シリーズ】

解決策を見る

ランボー博士:「ブロックアクセスでは同じブロックに複数のホストから同時にアクセスを行うことが出来ないのを知っているか?」

ニアライン君:「知りません」

ランボー博士:「じゃあ覚えろ」

ニアライン君:「・・・・」

ランボー博士:「ブロックアクセスは常に一つのソースから行われなくてはならず、複数のソースからのアクセスは禁止されている」

ニアライン君:「不便ですね」

ランボー博士:「不便とかそういうレベルの話ではない。同時書き込みなどあったらデータが壊れてしまうのだから受け入れるしかない」

ニアライン君:「え!そうなんですか?」

ランボー博士:「そうだ」

ニアライン君:「でもファイルサーバーとかで複数のファイルに同時アクセスとかみんな普通にやっているじゃないですか」

ランボー博士:「それはファイルアクセスだからな」

ニアライン君:「は?」

ランボー博士:「ブロックアクセスとファイルアクセスの違いとは?【Ranboシリーズ】でも読んでブロックアクセスとファイルアクセスの違いを理解するといい」

ニアライン君:「今ここでその詳細を聞いても教えてくれなそうですね」

ランボー博士:「その通り。今日はその話ではないからな。何にしてもブロックアクセスにはそういった特性があるために、バックエンドからLUNに対するActive/Activeのアクセスが可能になっても、SP-AとSP-Bからのアクセスが"両方同時に"来るとアウトだ」

ニアライン君:「アウトですか。。」

ランボー博士:「だから次世代VNXでActive/Activeが実現された時にロッキングサービス(Locking Service)というものが導入された」

ニアライン君:「それは何をするサービスですか?」

ランボー博士:「ロックだ」

ニアライン君:「ロック?」

ランボー博士:「SP-AとSP-BからLUNに対して同時にアクセスが発生しないように、例えばSP-AからLUNへのアクセスが発生している場合には、そのアクセス領域をロックしてSP-Bからのアクセスをさせないようにするのだ」

locking_service.png

ニアライン君:「まぁ当然と言えば当然ですね。ロックをかけて他からのアクセスをブロックしないと、同時にアクセスが発生してデータが壊れちゃいますもんね。絵もシンプルで分かりやすいです」

ランボー博士:「しかしこのロックを実現するためにはSP-AとSP-Bの間で情報のやり取りが出来る必要がある」

ニアライン君:「ですね」

ランボー博士:「SP間の情報やデータのやり取りに利用されるバスを覚えているか?」

ニアライン君:「CMI!」

ランボー博士:「あたり。以上!」

ニアライン君:「え?」

0 件の賞賛