maruyo
3 Zinc

Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

こんにちは

AvamarでVMware上のとある仮想マシンを

コマンドラインから

オンデマンドイメージバックアップして

バックアップ完了時にレプリケーションを続けて実行したいと思っています。

仮想マシンのオンデマンドバックアップだけなら以下の構文だと思うのですが

mccli client backup-dataset --domain=/clients/vCeneter --name=仮想マシン名

activity showでバックアップ完了を監視せずにレプリケーションを続けて実行する

上手なコマンドの使い方があればご教授下さい。

ラベル(1)
0 件の賞賛
1 件の受理された解決策

受理された解決策
ktachimoto
4 Tellurium

Re: Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

こんにちは

以下、回答させていただきますね。

>コマンドでバックアップの最新を選んでレプリケーション開始や
→レプリケーションについてはレプリケーショングループを作成し、Source->
 Maximum Backups Per Client設定で No limit から1へ変更する事で直近の
 バックアップのみレプリケーションする事が可能になるでしょう。
 コマンドでのレプリケーション開始は以下になりますね。

 mccli group replicate --name=repl-group
 [あらかじめ作成しているレプリケーショングループrepl-groupを開始]

>コマンドで古いバックアップを選んでバックアップ削除などを
→バックアップを選んで削除という事でしたら、mccli backup showでラベル
 番号を確認し、以下のようにラベル指定での削除になるかと思います。

 mccli backup delete --name=/clients/testclient.test.co.jp --labelNum=40 --created=2018-07-25
 [testclientのバックアップラベル:40(2018-07-25に取得したバックアップ)を削除]

元の投稿で解決策を見る

4件の返信4
ktachimoto
4 Tellurium

Re: Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

こんにちは

コマンドラインでVMwareイメージバックアップを実行するのは mccli client
backup-group-dataset か mccli client backup-dataset のどちらかになりますが、
特定の仮想マシンという事ですと、ご認識の通り mccli client backup-dataset の
方が指定が簡単ですね。

Avamarでは基本的にレプリケーションはスケジュールでの実行で、バックアップと
連動するという考え方があまりありませんので、どうしても連動となりますと、
mccli activity show で監視して、終わったら次にレプリケーションを実行という
事になってしまうでしょうね・・・

maruyo
3 Zinc

Re: Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

ktachimotoさん

回答ありがとうございました。

やはり、個別バックアップ→個別状態→個別レプリになってしまうのですね。

対象の仮想マシンにバックアップが複数ある場合は、backup showで参照したときに

複数行のバックアップが表示されますが、この時の行選択方法が良く分かりません

 コマンドでバックアップの最新を選んでレプリケーション開始や

 コマンドで古いバックアップを選んでバックアップ削除などを

するにはどのようなオプションを付けたら良いか教えて頂きたいです。

0 件の賞賛
ktachimoto
4 Tellurium

Re: Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

こんにちは

以下、回答させていただきますね。

>コマンドでバックアップの最新を選んでレプリケーション開始や
→レプリケーションについてはレプリケーショングループを作成し、Source->
 Maximum Backups Per Client設定で No limit から1へ変更する事で直近の
 バックアップのみレプリケーションする事が可能になるでしょう。
 コマンドでのレプリケーション開始は以下になりますね。

 mccli group replicate --name=repl-group
 [あらかじめ作成しているレプリケーショングループrepl-groupを開始]

>コマンドで古いバックアップを選んでバックアップ削除などを
→バックアップを選んで削除という事でしたら、mccli backup showでラベル
 番号を確認し、以下のようにラベル指定での削除になるかと思います。

 mccli backup delete --name=/clients/testclient.test.co.jp --labelNum=40 --created=2018-07-25
 [testclientのバックアップラベル:40(2018-07-25に取得したバックアップ)を削除]

元の投稿で解決策を見る

maruyo
3 Zinc

Re: Avamar 仮想マシンバックアップとレプリケーションの連続実行について

解決策を見る

ktachimotoさん

 

ありがとうございます!

なるほど!

こうすれば複数あるバックアップから対象を上手く選択できますね。

0 件の賞賛