3 Argentum

Data Domainの /ddvar 共有設定について

ソリューションへジャンプ

Data Domainの /ddvar 配下のログを採取したいのですが、共有設定方法についておしえてもらえますでしょうか。

ラベル(1)
1 解決策

受理された解決策
3 Argentum

Re: Data Domainの /ddvar 共有設定について

ソリューションへジャンプ
  • /ddvarとは?

Data Domainではバックアップデータの保存領域 (/backup)とData Domain OSの管理に使用されるログ領域(/ddvar)が別パーティションとして分けられております。/ddvarへはシステムログ、アップグレード用ファイル、コアダンプファイル等などが保存されます。

  • /ddvar へのアクセス方法

/ddvar配下のログをコピーする方法は何通りかありますが、ここでは以下4通りの方法をご紹介させて頂きます。

① CIFS共有 (Windowsクライアント環境)

② NFSエクスポート (Unix/Linuxクライアント環境)

③ FTPによるadminaccess設定 (FTPクライアントからのアクセス)

④ SCPによる転送 (Windows環境 pscp.exeを使用 / Unix/Linux環境 scpコマンドを使用)


    • 以下は一般的なコマンド例となります。詳細なオプションなどを指定したい場合は、各DDOSバージョンのCommand Referenceなどをご確認ください。
    • Support Bundle、autosupportファイル等についてはGUI (ブラウザ)からのダウンロードも可能です。
    • 以下の設定に伴う、既存のData Domain稼働サービスへの影響はありません。

① /ddvar CIFS共有 CLI設定例

======

a.設定確認 (/ddvarへの設定がないことが前提です。)

# cifs share show

b. /ddvarへのCIFS共有設定追加 (* の部分にCIFSクライアントのIPアドレス指定も可能)

# cifs share create ddvar path /ddvar clients *

<<ここでWindows端末からエクスプローラにて、 \\DD_IP_address\ddvar\ へアクセスが可能となります。>>

c. /ddvarへのCIFS共有設定解除

# cifs share destroy ddvar

Are you sure you want to destroy "ddvar" share?

Are you sure? (yes|no|?) [no]: yes

ok, proceeding.

Share "ddvar" has been deleted.

d. 設定確認

# cifs share show

② /ddvar NFS export CLI設定例

======

a.設定確認 (/ddvarへの設定がないことが前提です。)

# nfs show clients

b. /ddvarへのnfs export設定追加 (* の部分にNFSクライアントのIPアドレス指定も可能)

# nfs add /ddvar *

NFS export for "/ddvar" added.

<<ここでNFSクライアントから Data Domainの /ddvar をmountすることが可能となります。>>

Linuxクライアントから/ddvarをマウントする例 :

# mount -t nfs -o hard,intr,noac,nolock,nfsvers=3,tcp,bg <DD_IP>:/ddvar /mount/point

c. /ddvarへのCIFS共有設定解除

# nfs del /ddvar *

Deleted 1 NFS client.

d.設定確認

# nfs show clients

③ FTPプロトコルを使用した/ddvarへの管理アクセス

======

NFS/CIFS以外の方法として、FTPプロトコルを使用して/ddvarへアクセスを実施することも可能です。

    • FTPプロトコルでは/ddvar(管理領域)のみアクセスが可能です。/backup(データ領域)へのアクセスを行うことはできない仕様となります。

a. FTP機能有効

# adminaccess enable ftp

b. FTPによるアクセス可能なホストのリストを追加[*を指定するとすべてのホストからのアクセスを許可]

# adminaccess ftp add <host-list>

   例: # adminaccess ftp add *

c. その後お客様ご使用のFTPクライアント(FileZilla、FFFTP等)を使用して、Data DomainのIPアドレスを指定しログイン下さい。

(sysadminユーザ、パスワードをご使用ください。)

d. 対応完了後、機能を無効にするコマンド

# adminaccess disable ftp

e. 以下のコマンドで、adminaccess 設定の確認が可能です。

# adminaccess show

f. その後、Data Domain のIPアドレスへFTP接続(ログイン)を実施下さい。

④ SCPプロトコルを使用した/ddvar配下のファイル転送

  • Windows環境
    • 無償公開されている pscp.exe (Windows)を使用します。この場合、/ddvarのCIFS共有設定等は不要です。
    • pscp.exeについては弊社のツールではございませんので各自ご確認・入手頂ければ幸いです
    • 本手法はコマンドラインでのみサポートされます。WinSCP等GUIのツールではSCPによる転送が出来ませんので予めご了承下さい。
    • 以下のコマンドで、admin権限を持つユーザ (sysadmin等)を指定下さい。
    • SSH接続が有効となっている事が前提となります。(SSHにてログインが出来る環境であれば以下の方法が使用可能です。)
    • 本コマンド(プロトコル)では/ddvar(管理領域)のみ転送が可能です。/backup(データ領域)へのアクセスを行うことはできない仕様となります。

コマンド例:

> pscp.exe -scp -pw password sysadmin@xxx.xxx.xxx.xxx:/ddr/var/support/support-bundle.tar.gz c:\

    • password = sysadminユーザのパスワード
    • xxx.xxx.xxx.xxx = Data DomainのIPアドレス
    • /ddr/var/ 配下のファイル場所を指定 (スラッシュをご使用下さい。)
    • c:\ = ローカルPCの保存先場所 (バックスラッシュをご使用下さい。)

  • Unix/Linux環境
    • scp (Linux/Unixより) コマンドを使用 ※/ddvarのexport設定等は不要です。

コマンド例:

# scp -pw password sysadmin@xxx.xxx.xxx:/ddr/var/support/support-bundle.tar.gz .



元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛
1 返信
3 Argentum

Re: Data Domainの /ddvar 共有設定について

ソリューションへジャンプ
  • /ddvarとは?

Data Domainではバックアップデータの保存領域 (/backup)とData Domain OSの管理に使用されるログ領域(/ddvar)が別パーティションとして分けられております。/ddvarへはシステムログ、アップグレード用ファイル、コアダンプファイル等などが保存されます。

  • /ddvar へのアクセス方法

/ddvar配下のログをコピーする方法は何通りかありますが、ここでは以下4通りの方法をご紹介させて頂きます。

① CIFS共有 (Windowsクライアント環境)

② NFSエクスポート (Unix/Linuxクライアント環境)

③ FTPによるadminaccess設定 (FTPクライアントからのアクセス)

④ SCPによる転送 (Windows環境 pscp.exeを使用 / Unix/Linux環境 scpコマンドを使用)


    • 以下は一般的なコマンド例となります。詳細なオプションなどを指定したい場合は、各DDOSバージョンのCommand Referenceなどをご確認ください。
    • Support Bundle、autosupportファイル等についてはGUI (ブラウザ)からのダウンロードも可能です。
    • 以下の設定に伴う、既存のData Domain稼働サービスへの影響はありません。

① /ddvar CIFS共有 CLI設定例

======

a.設定確認 (/ddvarへの設定がないことが前提です。)

# cifs share show

b. /ddvarへのCIFS共有設定追加 (* の部分にCIFSクライアントのIPアドレス指定も可能)

# cifs share create ddvar path /ddvar clients *

<<ここでWindows端末からエクスプローラにて、 \\DD_IP_address\ddvar\ へアクセスが可能となります。>>

c. /ddvarへのCIFS共有設定解除

# cifs share destroy ddvar

Are you sure you want to destroy "ddvar" share?

Are you sure? (yes|no|?) [no]: yes

ok, proceeding.

Share "ddvar" has been deleted.

d. 設定確認

# cifs share show

② /ddvar NFS export CLI設定例

======

a.設定確認 (/ddvarへの設定がないことが前提です。)

# nfs show clients

b. /ddvarへのnfs export設定追加 (* の部分にNFSクライアントのIPアドレス指定も可能)

# nfs add /ddvar *

NFS export for "/ddvar" added.

<<ここでNFSクライアントから Data Domainの /ddvar をmountすることが可能となります。>>

Linuxクライアントから/ddvarをマウントする例 :

# mount -t nfs -o hard,intr,noac,nolock,nfsvers=3,tcp,bg <DD_IP>:/ddvar /mount/point

c. /ddvarへのCIFS共有設定解除

# nfs del /ddvar *

Deleted 1 NFS client.

d.設定確認

# nfs show clients

③ FTPプロトコルを使用した/ddvarへの管理アクセス

======

NFS/CIFS以外の方法として、FTPプロトコルを使用して/ddvarへアクセスを実施することも可能です。

    • FTPプロトコルでは/ddvar(管理領域)のみアクセスが可能です。/backup(データ領域)へのアクセスを行うことはできない仕様となります。

a. FTP機能有効

# adminaccess enable ftp

b. FTPによるアクセス可能なホストのリストを追加[*を指定するとすべてのホストからのアクセスを許可]

# adminaccess ftp add <host-list>

   例: # adminaccess ftp add *

c. その後お客様ご使用のFTPクライアント(FileZilla、FFFTP等)を使用して、Data DomainのIPアドレスを指定しログイン下さい。

(sysadminユーザ、パスワードをご使用ください。)

d. 対応完了後、機能を無効にするコマンド

# adminaccess disable ftp

e. 以下のコマンドで、adminaccess 設定の確認が可能です。

# adminaccess show

f. その後、Data Domain のIPアドレスへFTP接続(ログイン)を実施下さい。

④ SCPプロトコルを使用した/ddvar配下のファイル転送

  • Windows環境
    • 無償公開されている pscp.exe (Windows)を使用します。この場合、/ddvarのCIFS共有設定等は不要です。
    • pscp.exeについては弊社のツールではございませんので各自ご確認・入手頂ければ幸いです
    • 本手法はコマンドラインでのみサポートされます。WinSCP等GUIのツールではSCPによる転送が出来ませんので予めご了承下さい。
    • 以下のコマンドで、admin権限を持つユーザ (sysadmin等)を指定下さい。
    • SSH接続が有効となっている事が前提となります。(SSHにてログインが出来る環境であれば以下の方法が使用可能です。)
    • 本コマンド(プロトコル)では/ddvar(管理領域)のみ転送が可能です。/backup(データ領域)へのアクセスを行うことはできない仕様となります。

コマンド例:

> pscp.exe -scp -pw password sysadmin@xxx.xxx.xxx.xxx:/ddr/var/support/support-bundle.tar.gz c:\

    • password = sysadminユーザのパスワード
    • xxx.xxx.xxx.xxx = Data DomainのIPアドレス
    • /ddr/var/ 配下のファイル場所を指定 (スラッシュをご使用下さい。)
    • c:\ = ローカルPCの保存先場所 (バックスラッシュをご使用下さい。)

  • Unix/Linux環境
    • scp (Linux/Unixより) コマンドを使用 ※/ddvarのexport設定等は不要です。

コマンド例:

# scp -pw password sysadmin@xxx.xxx.xxx:/ddr/var/support/support-bundle.tar.gz .



元の投稿で解決策を見る

0 件の賞賛