keis3456
3 Cadmium

【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

Data Domainのレプリケーション操作として以下がありますが、

break 

resync

disable

enable

既存のレプリケーション転送を一時的に停止し、任意のタイミングで再度同期開始させたい場合は上記

のどの組み合わせを使用するのが妥当なのでしょうか。

 

breakだと一旦レプリケーション構成自体を削除しているような動作に思えたため、確認させてください。

ラベル(1)
返信
1 件の受理された解決策

受理された解決策
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: 【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

keis3456さん 

 

既存のレプリケーション転送を一時的に停止し、任意のタイミングで再度同期開始させたい場合はdisableで可能です。

 

アドミンガイド

 

Page 447

Disabling a replication pair temporarily pauses the active replication of data between asource and a destination. The source stops sending data to the destination, and the destination stops serving as an active connection to the source

 

試しにやってみましたがこちらのメッセージが出ました。

Image

元の投稿で解決策を見る

返信
4件の返信4
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: 【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

keis3456さん 

 

既存のレプリケーション転送を一時的に停止し、任意のタイミングで再度同期開始させたい場合はdisableで可能です。

 

アドミンガイド

 

Page 447

Disabling a replication pair temporarily pauses the active replication of data between asource and a destination. The source stops sending data to the destination, and the destination stops serving as an active connection to the source

 

試しにやってみましたがこちらのメッセージが出ました。

Image

元の投稿で解決策を見る

返信
Highlighted
keis3456
3 Cadmium

Re: 【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

早々のご連絡ありがとうございます。

ちなみにdisable -> enableで再開した場合は差分同期という認識で良かったでしょうか。

※enableにした際に、ディスティネーション側にて重複排除されていないデータのみソースから転送される。

返信
Highlighted
モデレーター
モデレーター

Re: 【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

keis3456さん

disable -> enableで再開した場合は差分同期されます。なおDisableになった時点からの差分がそのまま再開される形になります。

 

参考スレッド

Data-Domain-Mtree-Replicationについて

disable → enableにした際にはスナップショットの差分の再送を1から行うような動きはせず、disableにしたタイミングから再度レプリケーションが始まるという動きをしました。

返信
Highlighted
keis3456
3 Cadmium

Re: 【Data Domain】レプリケーションのbreak,resync,disable,enableについて

解決策を見る

ありがとうございます。差分同期とのこと了解いたしました。

返信